「また教室で」1巻。
2018年 03月 02日 (金) 07:37 | 編集
さて、先月末発売のKRコミックスの中から吉北ぽぷり先生「また教室で」1巻の感想記事、行ってみるとしましょうか。


20180228matakyoshitsude01s


この「また教室で」ですが、今は休刊となってしまった「まんがタイムきららミラク」にかつて連載されていた作品となります。

雑誌が休刊になると同時に多くの作品はそのまま最終回となってしまったのですが、中には他のきらら誌だったりWEBだったりに掲載の場を移して継続することが出来た作品もあります。この「また教室で」もそんな作品の一つですね。

個人的にはWEB掲載ではなく、キャラットなり無印なり他誌に移ってもらって紙媒体で読みたかったなぁと言うのが本音ですが、でもWEBでもなんでもとにかく、続いてくれた。それだけでも本当にありがたい、嬉しいことです。


さて、この「また教室で」ですが、表紙には2人の美少女。彼女たちがこの作品の主役ですね。左側の黒髪の少女が天羽きさらちゃん。彼女はモデルや女優などをこなしている人気芸能人で、その多忙さ故になかなか学校に通えないのが悩みだったりします。

右側の、黄色い髪の少女が立花ひなこちゃん。天然だけれど明るく屈託のない性格で、芸能界のこととかまるで疎くて知らないのだけど、それ故になんの先入観も無くきさらちゃんと仲良くなることが出来て…いわば、きさらちゃんにとって初めて出来た友人が彼女ですね。

そんな2人の学校でのやり取りが話の中心になります。


裏表紙はこちら。

20180228matakyoshitsude02s

仲良く過ごす2人の放課後の様子が描かれていますね。その背景にはきさらちゃんが宣伝している化粧品の広告…本当にきさらちゃんが芸能人なんだなぁと、そう実感させられます。

あと、帯の方にはきさらちゃん、ひなこちゃん以外にも気になりそうなキャラクターの紹介が少し描かれていますね。


ところでこの「また教室で」なんですが、きららミラクに最初ゲストで掲載された時から個人的には非常に注目していました。

と言うのもまず、作者の吉北ぽぷり先生が以前にも何度か別名義できららミラクに掲載されたことがあると言うこと。これまた別名義ですが桜Trickのアンソロにも作品寄せられてますし、タチ先生の同人誌にイラスト寄稿をされていたり…。

あと、吉北先生の描かれる艦これ同人誌の天津風ちゃんがめちゃめちゃ可愛いんですよね!! だから吉北ぽぷり先生と言う作家さん自体に非常に注目していましたし、その方の描かれる完全新作オリジナル、一体どんな漫画になるのか…。

そう期待してゲスト一話目を読んでみたら物凄くいい!! 久々にこれは来た…と言う感じでものすごくツボにハマりました。それこそ僕の中では、桜Trick無き後のきららミラクの中で救いの星だと、そう思える程にズキューンとハート撃ち抜かれた作品なわけです。


さて、そんな「また教室で」。話はまず、きさらちゃんの初登校の日から始まります。初登校と言ってももう新学期が始まって一ヶ月も経ってしまった後。

本人的には芸能人とバレない様にと眼鏡で軽く変装なんかしてきたけれどすぐにバレてしまって…だけどそんな中、一人だけ反応が違っていたのがひなこちゃんなんですよね。

芸能界に疎いひなこちゃんはきさらちゃんがそんな凄い有名人だとは全く知らずに、極めて普通に接してきて…お昼ご飯にまで誘ってきて、他に誰もこない屋上で2人だけでお弁当を食べて…そこから2人の友情が始まります。


2人で放課後にクレープを食べに行ったり、あまり学校に来られないきさらちゃんの為にひなこちゃんの家で勉強会をやったり、きさらちゃんの番組の収録現場へ見学に行ったり…。

主な舞台は学校なんだけれど、番組の収録現場の話があったりする辺りが、芸能人の子が主役のお話らしい感じですね。

話の主はきさらちゃんとひなこちゃんの友情物語なんですが、裏表紙にある通り本当にこの作品は「かわいさ&やさしさ満載」なんですよね。

一つはひなこちゃんの性格に起因しているんだと思います。ひなこちゃんって天然で芸能界のこととか全く知らないんだけど、でも本当に明るくて素直でまっすぐな性格で、一言で言えば「良い子」なんですよね。

それでいて、意外に強引にグイグイ行く部分もあるので、それでややもすると「学校に来ても友達出来ないし仕方がない」みたいな後ろ向きな想いもあったきさらちゃんを引っ張っていっている、そんなところがある様に思います。

また、きさらちゃんのことを名前呼びだと周りに注目されちゃうだろうから「きーちゃん」と呼んでいたりと、そんなさりげない心遣いが出来る子だったりもします。

吉北先生の描かれる女の子たちは本当に皆可愛らしくて生き生きしていますし、そんな彼女たちの優しいやり取りに読んでてほっこり癒やされること間違い無し、です。


さて、主役は間違いなくきさら&ひなこの2人なんですが、他にもユニークで刺激的な(?)キャラクター達が何人も登場します。

まず、話の初期の頃から登場していたアイドルユニットBKA24の前園あすかちゃん。登場する度にユニット名を「BAKA」とか「BBQ」とかネタにされてしまう可哀想な子ですが、彼女のきさらちゃんに対する感情がこれまたテンプレなツンデレそのもの。

きさらちゃんのことを自身のライバルだなんて言ってますけど、実は仲良くなりたいだけなんじゃないかって言うのが読んでてもう見え見えでこっちが恥ずかしくなってくる位w

ツンデレもすっかり定着…と言うかもはや使い古された感すらありますけど、でも逆にここまでテンプレだと清々しさすら感じます。でもツンデレなんだけれど本当は良い子なんですよね。ただ素直になれないってだけで。


次に、途中の話から出て来る転校生の斎藤るなちゃん。ぶっちゃけ彼女はやばいです。何がどうやばいって、きさらちゃんの大ファン故に彼女のいる学校へ転入してきたという、言ってみればストーカーですw

それも父親の力で学校に圧力かけて転校してきたとか一体何者なんだよって言う…でも、そんな彼女なんだけれどきさらちゃんのことが好き過ぎて眩しすぎて直視できなかったりもします。

だからいざ、きさらちゃんが目の前に現れると逃げ出してしまったり…そのせいでむしろ逆にきさらちゃんには「私嫌われてる?」とあらぬ誤解を受けてしまっている、ある意味で不憫な子だったりもしますw

そんな彼女は転入初日に自己紹介でいきなり「私はあなた達と仲良くなるつもりはない」なんて全員の前で言ったりしちゃってますが、そんな彼女に対してもひるまずにぐいぐい行って、なんとなく友達みたいになっちゃっているのがひなこちゃんなんですよね。

ある意味でひなこちゃん、究極のリア充体質なんじゃないかと思います。あすかちゃんともなんだか打ち解けちゃったりしていますし…それを全て天然でやってのけてしまうのだから凄いんですよね。


それからひなこちゃんの妹のはやてちゃん。彼女は姉と違ってきちんときさらちゃんが芸能人であることを知っていましたし、この1巻後半の話では自身がモデルに…と言う話も出てきます。

果たして彼女がきさらちゃんみたくモデル、そして女優への道を歩んでいくのかどうか、それは今後の展開次第と言うところで、それもまたこの作品の楽しみの一つかもしれませんね。

あとははやてちゃんの友人の新田葉月ちゃんにひなこちゃんの友人のゆーみちゃん、大体こんなところが主要登場人物でしょうか。

ところでなぜか、ゆーみちゃんだけ巻頭の人物紹介見ても名字が無いんですよね…w


さて、この作品は基本的には女の子同士の可愛い友情物語なんですが、百合的な要素も勿論あったりします。ひなこちゃんがきさらちゃんにクレープ食べさせたり、ひょんなことからおでこに軽いキスをしたり…そんな可愛らしい百合が随所に見られるのがたまりません!!

あすか→きさらとかるな→きさらとか、この辺りの感情も間違いなく百合ですしね…カップリング的にも色々と美味しいです。

鉄板のひなこ×きさらは勿論、きさら×あすかとかはやて×葉月とか、意外なところであすか×るなとか…ひなこ×はやての姉妹百合も美味しいです。


そんな「また教室で」ですが、個人的には非常に正しくきららミラクの系譜を受け継ぐ作品だと、そう感じています。

きららミラクと言えばどうしてもファンタジー作品のイメージが強いですが、でも実は良質の学園モノもたくさん生み出した、そんな雑誌なんですよね。

有名どころの「桜Trick」は勿論のこと、「ハルソラ行進曲」とか「箱庭ひなたぼっこ」とか、一風変ったテーマのちょっと一筋縄ではいかない、でも良質な学園モノ。そんな作品がきららミラクには数多くあったと思います。

そんなきららミラク特有のちょっと変った学園モノ。その系譜を正しく受け継いだのがまさにこの作品だと、僕はそう思います。


さて、今回もあちこちで特典集めをしてきましたので以下に。


まず、アニメイト特典のイラストカード。

20180228matakyoshitsude08s

絵柄はきさらちゃん&ひなこちゃんの主役コンビ。いつもの制服姿で、2人とも笑顔で仲良さそうな雰囲気が良いですよね。

そしてきさらちゃんが持ってるのは…作中で度々登場する、変装用(?)の段ボール箱ですね。いや実際はこんなの被ってたら余計に目立って怪しいだけなんですがw


次に、COMIC ZIN特典のイラストカード。

20180228matakyoshitsude09s

絵柄は、教室の机で一人たたずむきさらちゃん。思えば彼女、仕事が忙しくてなかなか学校に行けないし、行ったら行ったでファンに囲まれちゃったりするしで、こんな風に一人机でぼんやりする時間なんてほとんど無いんでしょうね…。

それにしてもこの微笑みの表情…こういう一見なんでもない表情にもさすが芸能人ってオーラが漂っているなぁと、そう感じさせられますね。


続いて、ゲーマーズ特典のブロマイド。

20180228matakyoshitsude03s

ゲーマーズでは特典でイラストカードではなくブロマイドを付けてくることが多いですが、そのブロマイドにチョイスされたのがアイドルの前園あすかちゃんと言うのがなんともらしくて良いですね。

それにしてもこのきゃぴきゃぴのポーズと表情…まあ、素の彼女は違うんですけどね。どうやらきさらちゃん達の前で見せるツンデレな彼女が素の姿みたいですねw


今度はWonderGOO特典のポストカード。

20180228matakyoshitsude04s

絵柄ははやてちゃん。ひなこちゃんの妹ですが、背丈含め色々な発育は姉のひなこちゃんよりもずっと良い感じですね。なるほど、だからモデルにスカウトされたのかな。

ところでそう言えば彼女は髪色がピンク…二次元、特に萌え系やきららならば髪の色は色々あって不思議じゃないですが、でも姉妹で髪色がこれだけ違うのはなんだかちょっと不思議な気もします。

でも、一見あまり似てない姉妹だけど太眉(三角眉)なのが共通してるんですよね。更に言うと彼女たちのお母さんもそうなのでこれは完全に遺伝…?


それからとらのあなのイラストカード。

20180228matakyoshitsude05s

絵柄は斎藤るなちゃん。またマニアック…と言うか危ういところをチョイスしてきましたね!!

しかし彼女、この作品中最も危ない人であることは間違いないのですが、でもストーカー気質でありながらもその相手のことが神々し過ぎて直視できないので何も出来ない、挨拶することすらままならない状態なので結局何の被害(?)も起きないと言う。

この辺りのキャラ立ては見事だなぁと思います。危ないキャラはやり過ぎると読者の反感を買ってしまいがちですが、これ位ならバランス取れていてむしろ読者の共感も得られるでしょうしね。

あと、この作品中一番のおっぱいキャラだったりしますね、彼女。


そして文教堂のイラストカード。

20180228matakyoshitsude07s

絵柄はあすかちゃん&るなちゃん。この2人、何気にいいコンビになりそうな気がしますよ?

この1巻の最終話においては、あすかちゃんのおかげでるなちゃん、ようやく初めてきさらちゃんと話をすることが出来たんですよね。大ファンですと言う思いを伝えて…もっとも、結局面と向かって話すことは無理だったみたいですがw


最後に、メロンブックスの小冊子。

20180228matakyoshitsude06s

表に描かれているのは仲良さそうなきさら&ひなこ。やっぱりこの2人の組み合わせ良いですよね。見てるとなんだかホッとして癒やされます。

しかしこの冊子…中身の方はるなちゃんが主だったりします。そしてやっぱりるなちゃんは色々とアブナイ人だと再確認させられる内容になってますww


特典は以上で。カラー特典については全て集めました!!

イラストカード類は全て、吉北ぽぷり先生のサインが載っているのもいいですよね。サイン自体もすごく凄く可愛らしくて素敵!!

しかしカラー特典集めて思ったのですが、今回ひなこちゃん一人と言う特典絵は無いんですね。仮にもきさらちゃんと並んでこの物語の主役なのに…ww


さて、そんな「また教室で」。最初に書いた様に紙の雑誌誌面ではなくWEB媒体と言うちょっと変則的な連載になってはいますけど、この先も長く続いて2巻、願わくば3巻と出て欲しいですね。これからもずっと、応援してます!!


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...