地元・愛知のお酒「蓬莱泉 美」。
2018年 04月 24日 (火) 22:20 | 編集
では、先週末に飲んだお酒の感想日記を。


貰い物のお酒ですが…地元・愛知県奥三河のお酒。

関谷醸造さんの「蓬莱泉 美 純米大吟醸」

SAKE_20180421_01s

SAKE_20180421_02s

蓬莱泉は何種類か飲んだことありますが、この「美」は初めてですね。

ラベルと見るとアルコール度数は15度、原材料は米、米こうじ共に国産、精米歩合は45%とあります。

それにしても淡いピンクのラベルがなんとも綺麗、実に春らしい雰囲気のお酒じゃありませんか。「美」と言うネーミングもシンプルながら実に洒落ています。


さて、酒器に注いでみると色はほぼ無色透明。黄色っぽい感じはまるでありません。

香りはほんのりフルーティ。甘酸っぱい、なんとも良い香りがふわっと盃から漂います。

飲んでみると…口当たりサラリとして、とても甘やか。勿論きちんと辛口のお酒なんだけれど、でも辛味も酸味も極めて抑えめでまるで上質の砂糖水の様。

何のクセも嫌味もなく、するするっと飲めてしまう、とても軽やかで、それでいて香り高いお酒ですね。ハッキリ言って僕のとても好きなタイプの日本酒ですw

もしかすると、これまで飲んだことある蓬莱泉の中でも、もっとも口当たりが軽くて飲みやすいお酒かもしれません。


飲み進めると、辛味が後からじんわりと効いてきます。しかしサラリとした飲み口はそのまま。

また、含み香がとても良いんですよね。飲み干した時に口中に広がる香りが非常に華やかでそれがなんとも心地よいです。なるほど、この香り…確かに大吟醸だなぁと思わされます。


さて、この日は日本酒の前にビールを開けたのですが…これがちょっと変ったビール。

ハワイ「ムーチョ・アロハ」のペールエール。

beer_20180421_01s

KALDIで見かけて買ったもの。KALDIと言うとコーヒーとワインの店と言うイメージが強いですが実はこういう変わり種のビールを結構売っていたりしますよね。

グラスに注ぐと色はかなり濃い目。やや茶色に近いオレンジ色とでも言いましょうか。そして少し濁っているのが分かります。

味は苦味があってどっしりしてるんだけど、鼻に抜ける香りがフルーティでとても美味しいです。

なるほど…同じペールエールってことでよなよなエールなんかにちょっと似てるかもしれないと、そんな印象を抱いたビールでした。


ワインや日本酒が大好きな僕ですが、ビールもこういう変ったビールを見つけるとついついあれこれ買って試してみたくなっちゃいますねw


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...