「まんがタイムきららキャラット'18年6月号」感想。
2018年 05月 10日 (木) 08:18 | 編集
では、先月28日発売のきららキャラット感想、行ってみましょうか。


kirara_carat201806s


・表紙
今月の表紙はアニメ化も決まった「アニマエール!」。こはね・ひづめ・宇希の3人のチア姿がなんとも眩しいですね。ところでアニマエール!のアニメ、個人的には割と楽しみだったりします。

ちょっとアニメ化には時期尚早は気はしましたが(単行本既刊数などから言って)、しかし画面上でチアで動き回る彼女たちがどんな風になるのか、非常に興味深いものがあります。

なので、キャラをしっかりと動かせる造り手・スタジオに担って欲しいなと思います。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。


・ブレンド・S
童○ネタとかまた際どいネタぶっこんでくるなぁ…wいや実際、きらら的にこういうネタってどうなんでしょう? だってきらら読者なんてその半数以上が○貞な気がしますし。

あと個人的にはひでりきゅんがどうなのか気になるところですね。童貞だけれどア○ル処女は失っていたりとか…(おい)


・キルミーベイベー
今更ですけどこの2人ってホント丈夫ですよね。て言うか不死身ですよね。今月の爆発エンドとかどう考えても普通に死ぬじゃないですか。今までもこういうオチ数えきれない位にありましたし…まあ、本当に今更ですが。


・Aチャンネル
そう言えばるんちゃん達もいつの間にか3年生なんですね。なんだか彼女たちの高校生活はいつまでも終わらない様な気がしていたのですが、そんなことは決して無いんですよね…。

この作品で初めて「作品の終わり」を意識させられた、そんな回でした。


・精霊さまの難儀な日常
とうとう連載来ましたねこの作品。まあこれは納得の連載化です。作者さんは長年フォワードで連載持っているベテランの方ですし、絵柄も可愛ければ内容も面白いですし。

それにしてもともりちゃんは天然腹黒ドSだなぁ…それでいて46度の熱め湯にずっと浸かってたせいでのぼせてしまった辺り、サラちゃんへの気遣いも見られます。全く、良い子なんだか悪い子なんだか…w


・mono
ちょっとちょっと!! 今月からのこの展開ってこれもしかして僕的にめっちゃ好みな展開じゃないんですか!? だって甲州勝沼、そして日本産ワインを巡る旅ですよ!!

とりあえずこれ、絶対僕が行ったことある場所が出てきそうな予感がします。だって勝沼でワイン試飲し放題のワイナリーとかあそこ位しか思いつかないですし…w

そもそも今回出てきた「勝沼ワイングラスミュージアム」も僕、行ったことありますしね。まあ現実では「葡萄工房ワイングラス館」と言う施設なんですけどね。

そう言えばゆるキャン△でも現実にある施設が別の名前で登場したりしてましたけど、そのままの名前で登場させられない理由とかあるんですかね? そのまま出してる作品もあったりするのでその理由というか境界線がよく分からないところだったりします。


・NEW GAME!(1本目)
やっぱりどうも僕、この作品の仕事にシリアスに傾いた時の展開は苦手っぽいです。どうも青葉ちゃんのやる気とか空回りしている様に見えちゃうし、紅葉ちゃんの負けん気の強さとかも読者視点的に嫌な風にしか見えない様な気がするんですよね…。


・アニマエール!
なぜか皆で宇希ちゃん家に集まって宿題したりなんやら…な話。先に集まってた宇希ちゃん達に花和ちゃん達が合流することになったキッカケで大爆笑。花和ちゃんに送ったお昼ご飯の写真の片隅に写っていた手だけでひづめちゃんと特定するとは…花和ちゃんのレズ能力恐ろし過ぎますw

一方の宇希ちゃんも負けていません。72ページの4コマ目「こはねのことで忘れてることなんてない!!」これだけハッキリ言い切ってしまうのが凄すぎます…一体どんだけこはねちゃんのこと大好きなんだよ…。

と言うわけで今月のアニマエール!は二大レズ魔神の対決でした(違


・ネコじまにゃんだフル
残る最後の一人、チワちゃんをお迎えに神社までやってきたわけですが…神社に近付こうとするだけで矢を放ってきたり裏口から行こうとすると落とし穴攻めだったり、これホント作中でも言われてますけど引きこもりじゃなくて立てこもりなのでは…?

しかし、チワちゃんと対峙した時の寧々子さん。刃物を皆に向ける彼女に対して「こんな物人に向けちゃダメ」と言いながらさっと刃物を握ってしまった辺りは、シロ&クロを守りつつチワちゃんにも正しく諭そうとする教師らしい姿が見られてカッコよかったですね。

もっとも、実は刃物はおもちゃだろうと舐めて握ってた→本物だったのでザシュッと切れて血が出たと言う辺りが寧々子さんらしいダメさ加減ではありますがw

そんなチワちゃん、他の子達よりは登校させるのが少し難航しそうな気はしますが…でも寧々子さんならなんだかんだでなんとかやり遂げそうですね。今はシロ&クロもきちんと味方についてくれていますし。


・恋する小惑星
今月は新キャラ登場な話でした。まあ、新キャラが出て来ること自体は事前情報で知っていたのですが、でも地学部の面々ってあれでもう固まってしまっているのでそこに新しいメンバーが加わってもなぁ…と言う気もしていたのですが、なるほど、こういう形なら納得です。

新キャラのイヴちゃん&宇佐美さん。新聞部の方たちみたいですね。なおかつイヴちゃんはイノちゃんのクラスメートで宇佐美さんはあおちゃんのクラスメート。

地学部の会報が売れる余りに新聞部の新聞の売れ行きが落ちているからイヴちゃんがスパイ活動に…と言う話だったのですが、イヴちゃんがかなりのアホの子過ぎてどう考えてもこの子、諜報活動とかそういうの向いていないですねw

そしてモンロー先輩が地味に怖いことがよく分かりました…何気に新聞部をゆするネタを逆に入手しちゃってたりとか最終的には新聞部から「なんでも依頼券」なるものまで貰ってますし…もしかしてモンローさんって結構黒い人なのでは?

この作品は基本的には地学部のメンバー中心に地質天文あるあるネタを散りばめたうんちく漫画だと思ってますが、でもこうやってたまに別の部活動の面々が絡んできたりするのも新鮮で、それもそれで作品世界が広がって良いかもしれませんね。


・おちこぼれフルーツタルト
もういっそイノちゃんは開き直っておもらし系アイドルとして売り出せばいいんじゃないかな。まあアイドルっつーか完全にR18の世界になっちゃうけどw


・まちカドまぞく
ミカンさんの呪いを解くためにミカンさんの心の中へシャミ子&桃が突入。そしてなんだかんだでミカンさんに憑いている使い魔・うガルルに出会えたのですが、意外にも可愛らしい女の子でした。これなら説得もなんとかなりそうですね。

…と思ったけど、ここでシャミ子が魔法力尽きてダウン→説得役が本来なら拳で説得しか出来ない桃ちゃんだからなぁ。果たして上手く行くのかどうか。

あと、混沌となってたウガルルを固める為にシャミ子が取り出した武器、天の沼矛とか言いながら出てきたのが結局巨大泡立て器だったのがなんともシャミ子らしくて良かったです。まあそれでも結果オーライだったわけなんですが。


・すわっぷ⇔すわっぷ
なんで…なんで今月のこの作品がセンターカラーじゃないんだあああ(血涙)

せっかくの…せっかくのお風呂回だと言うのに…くそおおお!!(涙涙涙)

と言うわけでなぜか春子&夏子が秋穂さん家にお邪魔して皆でお風呂に入って…な回でした。まあ、ことの発端は夏子ちゃんが自分自身の背中にあるホクロを確認してみたかったから、ということなんですけどね。

しかしその為にわざわざ友人宅のお風呂(普通の家の風呂より大きい)まで行くとは…でも何にせよ、美少女4人のお風呂姿がなぜカラー原稿じゃなかったのか、そこを僕はキャラット編集部に問い詰めたい!!

いっそ来月のセンターカラーと今月のセンターカラーを入れ替えるべきだったのではないか…それとも来月は来月でこれを超えるネタをやってくれると言うことかもしれませんね。期待してますよとめきち先生!!(ハードルを上げる)

あと、お風呂展開になる前の春子&夏子が部屋で2人揃って脱ごうとする辺りも良かったですね。こういう時、春子ちゃんは堂々としているのに夏子ちゃんはすごく恥ずかしそう…これ、2人が万が一付き合ったら確実に夏子ちゃんがネコですね。

夢芽&五月の「私たち帰った方がいいね」と言うフォロー(?)もナイス。でも2人が帰ってしまったら本当に何やってるの状態に…いやどう考えても百合えっちしようとしている様にしか見えない状況になりますね。


・はるみねーしょん
今月の透明板に色々吹き出し風のものを書くネタ、なかなかに面白いアイデアだなぁと思いました。それにしてもはるみに「やべぇ」の吹き出しはホントしっくり来過ぎですねw


・正義ノ花道
なんだか一気に物語の核心に触れる何かっぽいものが出てきましたね…しかしホントどういう世界観なんだこの作品は。というかこの学校は。

それにしてもアラタ×まつりにフラグが立ちまくってますね…これもう、アラタ君はさくらちゃんルートへ戻るのは無理なんじゃないかな…。


・はやしたてまつり♪
文化祭でのお囃子本番。皆のお囃子にかける思いや楽しさ、そして皆の仲間たちそれぞれに対する想い…そんなのが読んでて伝わってくる回でした。

皆のそれぞれ担当楽器を演奏している絵を中心にしながら、それぞれの想いを描いてそれをリレー風につないでいく、この辺りの描き方は非常に上手いなぁ…と。

恐らく次回がラストになるかと思いますが、一体どんな感じで締めてくれるのか。楽しみに期待したいと思います。


・異なる次元の管理人さん
思ったとおり、乙姫様はポラリスさん達を逃がそうとしただけだったみたいですね。皆に任せるとかそれっぽいことを言って…。

だけど、それでそのまますんなり逃げる様なポラリスさん達じゃないんですよね。と言うわけで再び乙姫様の元へワープするポラリス&スズキ。そしてなんと、竜宮ごと地上へワープさせると言う荒業に出ました。もはやポラリスさん何でもアリだな…。

更に、迫り来る次元の歪みに対してもゲートオブバ○ロン的な大技でなんなく勝利をおさめたポラリスさん。前回は相手が何者だったか分からなかったから、に対して今回は相手が次元の歪みと最初から分かっていたと言う違いはあれど、ポラリスさんめっちゃ強いな…。

それにしてもこのポラリスさんの色々な意味での尋常ならざる力、そして乙姫様達はアンドロイドだったと言う事実も手伝ってますますポラリスさんが何者なのか分からなくなった気はします。


・NEW GAME!(2本目)
とりあえず青葉ちゃんも紅葉ちゃんも1本目のマイナスイメージはなんとか払拭出来た感はありますが、ゆんちゃんが可哀想でどうもなぁ…まあ、才能のある人達に囲まれた凡人の辛さと言うか悲しみと言うか…。

彼女はむしろ人間的にはこの作品内ではかなりの常識枠ですし、だから仕事に関しても焦らず、自分の良さをじっくり出していければ良いな…と、そう思います。


今月のキャラットも全体的にレベルが高く、非常に楽しく読めました。それだけに、一部の作品に頼って二本立てとかやるのは本当にやめて欲しいんですけどね…。

そこに誌面を割く位ならそれこそミラクの実力派作家さんを一人連れてくるとか、今更だけれど「また教室で」をWEBからこっちに逆移籍させたって良いのよ?


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...