さあ、米坂線へ。
2009年 01月 09日 (金) 00:06 | 編集
来週、米坂線へ乗りに行く。

と言うか、乗りに行くことに急遽決めた。





今月、連休が結構多めに取れていたことをふと思い出し、どこか旅へ→じゃあ米坂だ!!と思い立ち、ほんのここ数日で切符と宿の手配、それにどの時刻にどの列車に乗ってどこを観光で回るかだとかのおおよそのスケジュールまで決定。

あとはもう、決行あるのみと言うところ。


…何と言うか、こういう時の自分の決断力・行動力と言うのには我ながら感心する。思い立ってから動くまでの早いこと早いこと。
この決断力・行動力が仕事だったり恋愛だったりに活かされてりゃもう少しは人並みな人生歩めたのにねぇwww





しかし、なぜ米坂なのか。



答えは一つしか無い。決まってる。

そこに旧型気動車達が待ってるから。それだけだ。


キハ58やキハ52と言った国鉄型の古い気動車達が全国各地でだんだんと姿を消していくその中にあって、米坂線では彼らがずっと主役の座を務め、長らく「聖地」と呼ばれ続けてきた。

(勾配の激しい先駆の特性上、1エンジンのキハ40だけでは走れず、2エンジンのキハ58・52を編成中に入れる必要があった)


だが、そんな「聖地」にもとうとう変化の時が来てしまった。



昨秋から米坂線を走り始めた新型のキハE120。今までは試験的に一部の列車を置き換えていただけだったのが、今度の春から遂に全面投入されてしまうらしい。



「聖地」に残された時間は、もう少ないのだ。

そう思うともう、居ても立ってもいられなかった。



キハ58に、キハ52に会いたい。ただその想いだけが僕をつき動かしている。



どうして、僕は彼らを好きになってしまったのだろう。

元々、電車よりも少しだけ気動車の方が好きだ、と言うのはあったけれど、それでも以前は彼ら旧型気動車達に対して、さほど特別な想いは抱いていなかった。


意識してしまったのは、確か3年前の夏。東北・岩手へと旅した時だ。

そこで出会ってしまった山田線のキハ52。山深い路線を単行の古いディーゼルが重々しく走る、その姿にすっかり僕は心を奪われてしまった。


そこからだ。


それから僕は、小湊鉄道や今はもう無くなってしまった鹿島鉄道、そして茨城交通(現:ひたちなか海浜鉄道)と言った関東周辺の非電化ローカル私鉄を巡った。

そして大糸線のキハ52、仙台の快速「南三陸」、同じく仙台の「おもいで号」、秋田の「よねしろ」、高山線富山口の高岡色キハ58、果ては九州・熊本の「あそ1962」と、旧型気動車の姿を追う旅を繰り返した。

実を言うと、米坂にも一昨年の夏に訪れている。あの時乗った快速「べにばな」は国鉄色をまとったキハ52だった。



彼ら旧型気動車には、今の新しい車両には無い、「鉄道臭さ」と「生命の鼓動」が感じられる。キハ52など、決してハンサムとは言えないのだが、味のある、実にいい顔をしていると思う。


そして彼らに出会う度、なんとも言えない懐かしい郷愁が僕の心にこみあげてくる。

思えば一昔前まで、彼らは珍しくも何とも無かった。僕自身も、幼い子供の頃に何回も乗った記憶がある。


子供の頃、毎年母親の実家のある九州へと家族で遊びに行っていた。その頃の九州は非電化路線が多く、そこでは、今では考えられない様な旧型気動車の混結編成がよく走っていた。

そんな列車に揺られた時のことを思い出し、とても懐かしくなる。


と同時に。少し悲しく、そして悔しくなる。

子供の頃の僕は、何も分っちゃいなかった。

新型の電車や、かっこいい特急車両に夢中で、古いディーゼルカーが来てもまるで興味をしめさず、むしろ「どうしてこんなボロに乗らなきゃ…」などと思ったものだ。



僕がその素晴らしさに気づいた時。

もう彼らの数は少なく、「最後の時」へと歩み始めてしまっていた。

気付くのが遅過ぎた。どうしてもう少し早く、彼らの素晴らしさに気付いてやれなかったのか。


そんな自分が悔しい。

だから、これ以上悔しい思いをしたくないから。


僕は「その時」が来るまで、彼らの姿をしっかりとこの目におさめておきたい。


Comment
この記事へのコメント
維持が大変
 旧車両は、お年を召しているだけあって、あっちが痛いこっちがつらい、と結構手間がかかります。
 なるべく持たせたいのですが、未来永劫というわけにはいきません。
 ぜひ、お越しいただいてご堪能いただければ。
(吉田)
2009/ 01/ 10 (土) 10: 19: 21 | URL | ひたちなか海浜鉄道 # tJ8bLkYs[ 編集 ]
訪問ありがとうございます。
ひたちなか海浜鉄道様、コメントありがとうございます。
実を言うと湊線は2回ほど訪ねています。
秋頃にも行きました。青いキハ222を堪能させて頂きましたよ。

…と言うか、実を言うと私の以前のブログの方にもコメント頂いていたりします(笑)
http://ameblo.jp/oging/
こちらの旅ブログです。
2009/ 01/ 11 (日) 00: 11: 35 | URL | オウジー # u1hpm03g[ 編集 ]
そうでしたか
ご愛顧ありがとうございます。
ブログ、ゆっくり読ませてください。
(吉田)
2009/ 01/ 15 (木) 08: 25: 09 | URL | ひたちなか海浜鉄道 # tJ8bLkYs[ 編集 ]
いえいえ。
ブログ、読んで頂けると嬉しいです。

湊線はいい路線だと思いますよ。
後はもう一つ何か、沿線に人を引き付ける観光地の様なものがあれば…。
もう少し暖かくなったらまた行きたいな、と考えています。

2009/ 01/ 19 (月) 16: 43: 50 | URL | オウジー # kpjYxc8I[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...