久々に旅。
2009年 09月 14日 (月) 11:28 | 編集
来月、久々にちょっと大きな旅を計画中だったりします。と言うか、たった今さっき旅行会社から電話入って、チケット無事に全て取れたとのコトで、一安心。


今回、目指すは山陰・鳥取と島根。日本全国結構あっちこっち行ってる僕なんですが、山陰はまだ全然行ったことなかったりします。日程は5泊4日と言うちょっとおかしな日程。

どういうコトかって言うと、前日に東京を出て途中で一泊、あと最後は寝台列車に乗って帰って来るので、だから泊数の方が日数より多くなっちゃうんですね。


で、目的地は山陰なんだけれど、でも途中で寄り道しながら行こうと思ってます。

具体的には、東京を前日の夕方に出発して、大阪経由でまずは和歌山へ。和歌山で一泊して、翌日。一日目はまず、和歌山県の御坊を走る紀州鉄道に乗ろうと思ってます。

日本でもっとも短い私鉄(正確には芝山鉄道の方が短いですが)としても知られるこの鉄道、今や日本で一番古い気動車となったキハ600が走ってるんですよね。それも、どうやら今年度一杯で引退とのことで…もう、乗るんなら今しかないんです。

で、紀州鉄道だけじゃなく、ついでに和歌山電鉄の「いちご電車」だとかにも乗ってしまおうか。と。そのまま一日目は大阪へ戻って、大阪に宿泊。

二日目は特急「はまかぜ」に乗って播但線経由で山陰へ。この「はまかぜ」に使われているキハ181も、もう来年とかには引退と言う話らしくって、こっちもやはり残された時間は無く…。

更に更に、山陰へ出たらあの餘部鉄橋も観に行っちゃおうかと。この餘部鉄橋も数年内に掛け替え予定…と言うかもう既に工事が進んでいて、これももう見られなくなっちゃうんですよね…。と言うワケでここまでは、鉄道ノスタルジーに浸る旅だったりもします。


そしてその後、鳥取へと進み、この日は鳥取砂丘の宿に宿泊。砂丘の夕日とか眺められたらイイなぁ。翌日は砂丘で目いっぱい遊び、昼下がりの列車で島根へ。

島根は宍道湖温泉の宿に泊るんですが、ちょうど時刻的に着いてちょっとした頃に宍道湖の綺麗な夕日が観られそうで…。で、翌日は午前中は松江の町、午後からは出雲大社を観光して、最後はサンライズエクスプレスに乗って帰って来る。

と、まあこんな感じのプランです。


しかし、久々の旅行だからと奮発して、乗る特急列車(行きの新幹線・和歌山へ向かう「スーパーくろしお」、山陰への「はまかぜ」、帰りの「サンライズ」)どれもこれもグリーン車やら個室A寝台にしちゃったもんだから、チケットが想像以上にお高くなっちゃった…w

こりゃもう当分、買い物したり遊びに行ったり控えないとなぁ…。





しかしどうでもイイけど、なんか凄く久し振りに鉄道やら旅のネタ書いた気がします。一応、鉄道旅中心のブログっぽいハズだったんだけど…おかしいなぁww


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...