「まんがタイムきらら'18年12月号」感想。
2018年 11月 20日 (火) 17:11 | 編集
昨日・今日と連休を取って、今東京で開催されている「きらら展」観に行ってきました。非常に内容の濃い展覧会で予想以上に素晴らしいものが見られました…。

で、連休取ったついでに横須賀まで足を伸ばして今日は横須賀で艦これ聖地巡礼を楽しんだり…と、なかなかに濃い二日間を過ごしてきました。またその辺りは旅日記に起こすつもりですが、その前に9日発売の無印きららの感想を。


kirara_201812s


・表紙
今月のきらら、なんと創刊15周年記念号ということらしいです!! いやあめでたい!!

というわけで表紙には今の無印きららの看板作品のヒロインが揃い踏みですね。「けいおん!Shuffle」の紫ちゃんを真ん中に、「ゆゆ式」の唯ちゃんに「あっちこっち」のつみきさん、「うらら迷路帖」の千矢ちゃん。「三者三葉」の葉子様に「スロウスタート」の花名ちゃん。

こう、メインヒロイン勢揃いというのはなんとも華やかで特別な表紙って感じで良いですね。

…あれ? でもおかしいな。アニメ化もされた作品のハズなのにここに入っていない作品が一つあるなーおかしいなー(そういうことを言わないw)


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。


・けいおん!Shuffle
表紙に引き続いて巻頭カラーもこの作品。創刊15周年号で巻頭カラー掲載されるだなんて、何気にすごく凄いと思いますよ?

さて今回は自分のベースを決めて買った楓ちゃんに対して、欲しいギターは決まってるんだけれど金銭面で悩む真帆ちゃん、というお話だったのですが…おい、最後のオチ!!

てっきりお金無くて悩んでるのかと思ったら…きちんと貯金はしてあったのかよ。しかも将来的に一人暮らしする時の為の貯金とか…やっぱり真帆ちゃん、かなりしっかりした人だったわ。

最初の印象ではしっかり者かなって感じで、でもやっぱりちょっと抜けてたり面白いところもある子だなぁという感じだったけど、結局のところ3人の中で一番のしっかり者ポジションって感じですね、真帆ちゃん。

そして一方で深まる莉子先輩の謎…いくらなんでも楽器のことに詳しすぎる。果たして彼女は本当に楽器やってないのでしょうか。なにやら深い理由がある様な気もするようなしない様な…。


・こはる日和。
好きな作家さんのサイン会に行くの緊張するというのはすごく分かりますね。まあ、僕自身は作家さんのサイン会自体一度しか行ったことないですが。でもひまりちゃんの気持ちは分かります。

それにしてもサイン会に一緒に行ったは良いけどちょっとジェラシー気味なみさきちゃん…乙女心はフクザツというかなんと言うか、まあこの作品の中で彼女が一番正統派に乙女な気はしますよね。


・ゆゆ式
インコ虐待ネタでSNSはあかん…絶対に炎上するぞ…・。


・スロウスタート
花名ちゃんの部活動うんぬんって話がありましたけど、でも結局何の部活に入ろうとも決まらないままに文化祭の準備期間になってしまったというのがいかにもこの作品らしいですね。タイトルの通りこの作品ってほんと、スロウなスタートなんですよね。何をやるにしても。

あと今月は久々にえーかむの仲良さそうな絡みが見られたので大変に満足であります。やっぱりえーかむは正義である!!

そして何気に色々な意味で優秀なメインヒロイン4人組。ひょんなことから生徒会の仕事を手伝うことになってしまったけど、栄依子ちゃんの並外れたコミュ能力はもはや特殊能力だとしても、花名ちゃんもたまちゃんも優秀ですよね。

そのままどうやら、生徒会のお手伝いが部活動代わりになりそうで、これなら4人一緒というこの作品の軸もブレることなさそうですし、なんだか良い方向にまとまりそうです。


・三者三葉
超長期連載だったこの作品も次号で最終回ということで…しかし今回の話、進路がうんぬんとかそういうネタこそあったものの、双葉ちゃんの大食いに関して言えば全くもっていつものノリでしたね。

とりあえず、グルメ漫画風のカット、すごく美味しそうな表情とは裏腹に全くもって普通な味の表現という、そのギャップに笑わせて頂きました。

次回の最終回、心して見届けたいと思います。


・あっちこっち
ベタなネタで悔しいけど笑ってしまった…でもまあ、いきなり「キス好き?」とか聞かれたらああなりますよね。それも伊御くんとつみきさんなら実質ほぼ付き合ってるみたいなもんだからまだしも、京谷×咲とか唐突すぎて…まあ今までにもフラグは立ちまくってはいますが。

でもこういうネタぶっこんできたってことは、そろそろ本格的にカップル達をくっつけてまとめに入ろうとしているのかなぁ。まあこの作品の場合、これ以上晩節を汚す前に締めてしまった方が良い気はしますね。


・うらら迷路帖
なるほどそうか…他の皆には呪いの痣が出来たけど、千矢ちゃんだけは「占い」の力で神様の正体を視たわけじゃないから痣が出来てないんですね。

あれ? そうなると…千矢ちゃんのお母さん・矢見さんは千里眼的な能力で神様の正体を視たわけではなく、なんらしかの占いを使ったということになるのでしょうか。うーん…ちょっとよく分からなくなってきたぞ…。


・甘えたい日はそばにいて。
花凜さんが処分されてしまった一方でひなげしさんは楓くんの元に戻り、そして楓くんの前で自分の気持ちを素直にぶつけながらも、楓くん自身のひなげしさんに対する気持ちが「恋」だと伝え、後押しをするあずきちゃん。

なんだか一気に話が色々と動き出しましたけど…そんなところでまた物凄く不穏な引き。なんだかなぁ、あずきちゃんが楓くんの気持ちを押したことも結果的に悪い方向につながってしまうような、そんな気がしてならないんですよね…この作品の場合。

登場人物の行動が全て、本人的には良い方向へ動こうとしたのにそれが結果的には悪い方向にばかり行ってしまう、そんな話に思えてくるんですよね…。


・みゃーこせんせぇ
また妙な薬を作り出したみゃーこさんですが、その味がオタマジャクシ味とか…一体どんな味なんだよそれってつっこみたくなりますが、まあこの作品なら何でもアリな気はしますw


・がんくつ荘の不夜城さん
また今月もホントやりたい放題やってますねこの作品(注:褒めてます)

不夜城さんを皆で覗き見と言うネタ自体もアレですが、覗かれてる側の不夜城さんも自分の掲載誌の人気作のえろえろファンアート描いてSNSに上げてるとかもう本当にアレ。そりゃ羊ケ丘さんも「コンプライアンスぅぅ!!」なんて言ってぶっ倒れたりもしますわw

まあ実際、えろファンアートとかじゃないにしろちょっと前にきらら絡みで炎上事件とかありましたし、コンプライアンスネタはその辺りを皮肉ったり弄ったりしてるのかな…なんて考えたり。

(あれは完全に炎上した側に問題があったけど)

それはさておき、やっぱり白仙ちゃんってヤンデレ入ってますよね…それもかなりの度合いで。145ページの視線とか、絶対監視カメラの存在に気づいてますよ。マジで怖い。


・下を向いて歩こう
湖西晶先生の新作連載開始ですね。湖西先生と言えば無印きららにおいて、かなり長い間に渡って何作も全くタイプの異なる作品を連載しているので凄いスタミナというか、本当の意味で息が長い作家さんだなぁと思います。

今作はなんだかちょっと綺麗な雰囲気の話っぽいですね。前作が正直あまり好みではなかったので(ごめんなさい)、今作は期待しています!!


・15周年記念小冊子
kirara_201812omake_s


なんと今月は特別に、こんな小冊子が付いてきちゃいました!!

内容的には15周年ということで「15」にちなんだネタを各作家さんに描いてもらって…という感じなのですが、ラインナップの作家さん・作品がもう完全に古参狙いじゃないですか!!

実際、ここ最近の作品で載ってるのって「きらきら☆スタディー」くらいであとはちょっと前~かなり以前の作品ばかり。「うぃずりず」とか「境界線上のリンボ」とかもう名前見ただけで懐かしさがこみあげてきましたわ…。

個人的には一番笑ったのはざら先生の作品でしょうか。「ハレルヤな2をやるぜボーイ!」でもう爆笑を堪えきれませんでした。あと、筋肉☆太郎先生の「スマイル・スタイル」が完全に連載当時のノリでこれも大爆笑。

しかし15周年記念冊子で新しめの作品をほとんど載せずにむしろ古い作品、作家さんばかり引っ張ってくるって、これ勿論古くからの読者へ対するファンサービスってのもあるんでしょうけど、それだけ今のきららにもう力が無い証拠なんじゃないかなぁ…なんて思ったり。


今月は以上で。

15周年記念号ということで、特別小冊子が付いてきたりと豪華な号でしたけど、でもそれを除けば内容的にはいつもの無印だなぁという感じでした。

つまり、看板や一部の中堅どころは面白いんだけど、下位打線があまりにあまり…と言いますか。いつまでこの低調な感じが続くんだろうなぁ…。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...