2018年11月・きらら展と横須賀艦これ聖地巡礼の旅(3)
2018年 12月 06日 (木) 13:25 | 編集
- 二日目(前編)・ヴェルニー公園と軍港めぐり -

きらら展見学、そして横須賀での一夜が開けて11月20日(火)。天気は快晴。この日は横須賀で艦これ聖地巡り的なことをしてから帰ろうと思います。

まずは朝食。会場は昨夜フレンチを頂いたレストラン。

201811kirarakankore47s

昨夜は陽が沈んでいて風景はほとんど何も見えませんでしたけど、今日は天気も晴れていて横須賀の海の風景がバッチリ拝めます。遠くの方には自衛隊の護衛艦の姿も見えますね。

201811kirarakankore46s

朝食はバイキングだったので洋食系を中心に軽めに。なにしろちょっと昨夜飲みすぎた様で若干その気持ちが…悪い…です…w

(まあクレマン飲んでワインフルボトル開けてその後部屋でビール飲んだりしてますからね)


ご飯を食べてちょっとのんびりして…そして出発。まずはホテルから歩いてすぐ近くのヴェルニー公園へ行ってみることにします。

201811kirarakankore48s

海沿いがずっと公園になって整備されています。観光客だけでなく、地元の人たちの憩いの場になっている様で、散歩している人たちの姿をちらほら見かけました。

さて、艦これ的にこの公園の見どころはなんと言ってもこちら。

201811kirarakankore49s

海沿いにずっと公園の奥の方まで歩いていくとそこにはむっちゃん…じゃなかった、戦艦陸奥の大きな主砲が保存展示されています。こちら元々、東京の船の科学館で展示されていたものが横須賀に移設されたみたいですね。

あと、この主砲のある辺りからは護衛艦の姿がよく見えます。

201811kirarakankore50s

先程ホテルのレストランからも遠くに見えた護衛艦、片側に寄った艦橋が実に独特。どうやらヘリコプター搭載護衛艦「いずも」の様ですね。


それと公園の一番奥にはヴェルニー記念館なる建物があります。

201811kirarakankore51s

横須賀製鉄所を造り上げたフランス人技師ヴェルニーの功績を記念して建てられた記念館で入館はなんと無料。

201811kirarakankore52s

中にはでっかいスチームハンマーが展示されています。このスチームハンマー、国指定重要文化財らしいですが、とにかくでかい。建物ぎりぎりに収まっているといった感じでしょうか。

201811kirarakankore53s

あとなぜか館内の一角に「はいふり」がw


さて、それでは次に…本日のメイン、YOKOSUKA軍港めぐりに行ってみることにします。アメリカ海軍施設と日本の海上自衛隊司令部とがほぼ隣接した場所にあるこの横須賀の港を船でクルーズし、様々な艦船を見学するというものですね。

201811kirarakankore54s

こんな船に乗って行きます。軍港めぐりと言えば広島県の呉でも体験しましたが、呉のよりも船のサイズがずっと大きく、またお客さんの数も凄い。10時の便を予約していたのですが、平日なのにかなりの乗客で大盛況、と言った感じでした。


さて、船は桟橋を出発するとずっと横須賀の港の中を進んでいきます。船内では案内人の方による色々な説明が流れるのですが、これが軽妙な話し口調でかなり面白い。

あと、色々とびっくりな事実もあったりしますね。曰く、船から万が一落ちた場合は右側ではなく左側へ泳いでください、とのこと。なぜかと言うと右側はアメリカ軍の施設の為、海外扱い。つまりパスポートがないと入れないのだそうです…まあその前に落ちたくありませんがw


そして色々な艦船達が次々と姿を表します。

201811kirarakankore55s

海上自衛隊の潜水艦。その向こうはアメリカ海軍の施設。つまり…外国ですねw

201811kirarakankore56s

こちらはなんとカナダ海軍の艦船。これが見られるのは非常にレアだと、案内人の方も仰っていました。この軍港めぐり、日本とアメリカの艦船が見られるのは当然ですけど、他国の船が見られることもあるんですね。

201811kirarakankore57s

先程、ヴェルニー公園からもその姿を見た護衛艦いずも。もし彼女が擬人化されたら、艦これの日向師匠の様に「ヘリコプターを放って突撃、これだ!!」とか言い出しそうですw

201811kirarakankore58s

村雨ちゃん…じゃなかった、護衛艦むらさめ。しかし「むらさめ」って名前が付いているだけでこの艦船がなんだかとてもえっちな船に見えてきてしまったぞ…(艦これ脳末期)

201811kirarakankore60s

アメリカ海軍のイージス艦。なんでもイージス艦というのは、とんでもなく高性能な対ミサイル攻撃機能を持った船らしいですね。この船を数隻配備しておくと日本の上空ほぼ全範囲のミサイルを迎撃出来るとかなんとか。

201811kirarakankore61s

カナダの補給艦。これもレアですね。


艦船だけじゃなくって建物も色々と面白いものが見えてきます。

201811kirarakankore59s

対岸に見えるモダンな建物。何か宿泊施設の様にも見えますが、なんとこちら、ゴミ処理場らしいです。なんでこんなかっこいい建物なんだ…?

201811kirarakankore62s

住友重工の横須賀造船所。

201811kirarakankore63s

日産の工場。見ると窓がほとんどない造りですが、案内人の方曰く、産業スパイから秘密を守るためにこんな造りにしているのだそうです。なのに、工場見学ツアーは連日満員だとか…あれ? なんかおかしいなーw


再び船。

201811kirarakankore64s

こちらは海上自衛隊の海洋観測艦の「にちなん」と「わかさ」。

201811kirarakankore65s

潜水艦救難艦の「ちよだ」…なのだけど、実は既に退役済み。その為、船体のナンバー等全て外されています。彼女はこのまま解体待ちなのだそう…なんだかそう聞くと、ちょっと物悲しく切ないですね。役目を終えたものの宿命だから仕方ないのだけど…。


最後は、かつての帝国海軍が切り開いた海路を進みながら港へと戻っていきます。

201811kirarakankore66s

無理矢理に陸を削って海路を造ったことで分断されて島の様になっていますが、この島になっている区域はアメリカ海軍の施設になっている為、地元の人たちもここに何があるのか知らない、そんな場所なんだそう。


こうして約45分に及ぶ軍港めぐりのツアーは終了。色々な艦船が見られて、また案内人の方の説明も分かりやすくて面白く、非常に楽しく有意義なツアーでした。

ただ…めっちゃ寒かったです。写真を撮ったり艦船を眺めるには二階のデッキ席の方が良いのですがとにかく風が強くて寒い…なのでもう、一階と二階を行ったり来たりしていました。

あと…横須賀湾内が微妙に波が高くて揺れるので、二日酔い気味だったこともあってちょっと気持ち悪くなりました…wまあ、これは完全に自業自得ってことでww


さあ、次は戦艦三笠へ行ってみましょう。


きらら展と横須賀艦これ聖地巡礼の旅(4)へ→



Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...