2019年2月・北関東ヤマノススメ聖地巡礼の旅(4)
2019年 03月 20日 (水) 11:15 | 編集
- 二日目(前編)・高崎へ、そして上信電鉄乗り鉄 -

2月22日(金)。今回の旅行2日目、天気は今日も良さそうです。

さて、元々の予定では飯能でのヤマノススメ聖地巡礼が1日で終わるかどうか分からないので、この2日目を予備日にして、午前中は飯能で過ごして午後から列車で高崎へ向かうつもりでした。

しかし、昨日だけであらかた、観たかった場所は全て回ることが出来てしまったのでこの日は早々に高崎へと移動することにします。

その前に、とりあえず朝食。

201902kitakantou059s

朝食は和朝食とお粥の2つからチョイス出来ましたけど、まよわずにお粥をチョイス。やっぱり飲んだ翌日はお粥みたいにお腹に優しいものを食べたくなりますよねw


さて、ご飯を食べて準備をして、そして部屋でちょっとのんびりしてから出発。

まずは東飯能の駅まで歩き、そこから八高線に乗車します。

201902kitakantou060s

東飯能9時54分発の列車。この通勤形に乗るのは一駅だけ。次の高麗川で下車します。


高麗川で10時17分発の高崎行きに乗り換えます。

201902kitakantou061s

201902kitakantou062s

ここからは非電化区間、車両も気動車のキハ110で車内もクロスシートなので、ぐっと旅情が湧いてきます。ようやくきちんと列車旅をしている、そんな気分になりますね。

…もっともまあ、そうは言ってもこの区間も昔乗ったことあるので、車内ではほとんど寝て過ごしてしまいましたがw


そして高崎駅に11時45分に到着。まずはここで駅構内のお土産屋に向かい、自宅へのお酒など色々とお土産品を購入。

その後何をするか…色々考えましたけど、結局上信電鉄に乗り鉄することにしました。

上信電鉄も昔、東京に住んでいた時に乗りに行ったことはあるのですが、ただその時は末端区間の南蛇井~下仁田が事故か何かで列車不通のバス代行になってたんですよね。なので今回はその時のリベンジを兼ねて、本当に「列車で」下仁田まで行ってみようと、そういうわけです。

高崎駅の上信電鉄乗り場に行ってみると、そこに何かいた!!

201902kitakantou063s

鉄道むすめの「富岡しるく」ちゃん。なんか最近、どこのローカル私鉄に乗りに行っても鉄道むすめの子を見かける気がしますねw


そして下仁田行きの列車に乗車。

201902kitakantou064s

201902kitakantou065s

車両は元西武鉄道の新101系ですね。上信電鉄では500形を名乗ってる様です。そして今回乗車したこの列車、なにやら「ぐんまちゃん列車」のヘッドマークを付けていますね。

車内はごくオーソドックスにロングシートの通勤車両、なのですが…。

201902kitakantou066s

201902kitakantou067s

201902kitakantou068s

天井とかつり革とかあちこちにぐんまちゃんが描かれています。おまけに運転室後ろのスペースにはぐんまちゃんのぬいぐるみまで…w


201902kitakantou069s

上信電鉄の車窓はひたすらに田園が広がっている感じ。のどかです…。


そして高崎を出て約1時間程で終点の下仁田に到着。これで約10年以上越しに、上信電鉄をきちんと全線乗車したことになりました。リベンジ完了!!

下仁田駅のホームでここまで乗ってきた「ぐんまちゃん列車」の全景を改めて見てみると…。

201902kitakantou070s

201902kitakantou071s

色々なぐんまちゃんが車体に描かれているのが分かりますが、それだけじゃなく、なぜか富岡しるくちゃんまで描かれていたりします。いやだったらいっそ、富岡しるくちゃんオンリーのラッピング電車とか走らせれば良いのに…オタクがいっぱい乗りに来るぞ?

(でも一般客が乗りにくくなるから駄目かなw)


下仁田駅の外へと出てみます。

201902kitakantou072s

とても味のある駅舎。田舎の終着駅といった雰囲気満点。

駅を出てちょっと歩くと何やら風情のある小道があります。

201902kitakantou073s

こういうところ歩くと、なんだか面白い店とかありそうな気がしますよね。

それと下仁田駅、実は駅のすぐ前に大きな川が流れています。

201902kitakantou074s

駅を出て2、3分も歩けば、こんな風に川と山の雄大な風景が広がっています。夏ならば山遊びや川遊びに訪れてみるのも良さそうですね。


さて、少し散策して高崎へと戻ることにします。

201902kitakantou075s

この時、駅の自動券売機が故障していたので有人窓口で帰りの切符を買ったところ、なんと昔懐かしの硬券だったのでビックリ。記念切符とかじゃなく、未だに普通に硬券を売っていたりするんですね…。

そして戻りの列車は行きと同じ500形ですが、こちらはマンナンライフラッピング電車。

201902kitakantou076s

どうせなら西武鉄道からの譲渡車両じゃなく上信電鉄のオリジナル車、それも出来れば最新型の車両かあるいはこの500形の隣にいる古めかしい電車に乗ってみたかったですが…まあ、仕方ありません。

201902kitakantou077s

ちなみにこのマンナンライフラッピング電車、行きの「ぐんまちゃん列車」とは違って車内は至ってオーソドックスでしたけど、でもなぜかつり革の一部分だけがこんなハートマークになっていました。これは何…?


こうして下仁田から再び1時間ほどかけて高崎へと戻り、上信電鉄の乗り鉄旅は終了。

201902kitakantou078s

そうそう、高崎駅に戻ってきてからしっかりゲットしましたよ。富岡しるくちゃんのクリアファイル!!

鉄道むすめ、特にファンというわけでも無いのですが、でも旅先でグッズとか見つけるとついつい買いたくなってしまいます…w

さあ、この時点で時間は15時過ぎ。まだちょっと早いですがホテルへと向かうことにします。

北関東ヤマノススメ聖地巡礼の旅(5)へ→


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...