2019年2月・北関東ヤマノススメ聖地巡礼の旅(9)
2019年 04月 17日 (水) 15:31 | 編集
- 四日目(前編)・ロックハート城で聖地巡礼 -

2月24日(土)、今回の旅もいよいよ四日目となりました。天気も晴れて、そして昨日よりも良い気候となりそうです。

さて、まずは宿で朝食。

201902kitakantou151s

朝食は中華粥にしました。やっぱり飲んだ翌日はこういう、お粥みたいなお腹に優しいものが欲しくなりますよね。まあその前に飲みすぎるなって話なんですがw

しかし朝食のメニューに中華粥があるというのがなんとも変わっています。こちらの「ぴのん」さん、こじんまりとした雰囲気の良いお宿でした。少人数で伊香保温泉へ旅する人にはオススメの宿だと思います。


さて、宿をチェックアウトして、9時過ぎのバスに乗って渋川駅へ。

201902kitakantou152s

渋川駅のホーム、昨日は気づかなかったのですがこんな看板が立っているんですね。高崎駅だけじゃなく上越線や信越本線、群馬県の路線全体でSLを凄く推しているんだなぁ、と。

さて、9時58分に渋川を出る列車に乗車します。車両は昨日乗ったのと同じ211系なので写真は割愛しますw

201902kitakantou153s

しかし思えば上越線のこの辺り、初めて旅するのですが意外と車窓が良い雰囲気ですね。遠くの方に山が見えたりずっと清流沿いに走って行ったり…。


渋川を出て20分程。沼田駅に到着。ここでタクシーに乗車。さあ、今日はこれからロックハート城へと向かいます。

ロックハート城と言えば、アニメ「ヤマノススメ」3期の5話であおいちゃん達が訪れた場所。原作にはない、アニメオリジナルのお話だったのですが、あおい&ひなた、ここな&ほのかのいわばダブルデートな回で放映当時はものすごく大歓喜したのを覚えてますw

あの回は良かった…4人のドレス姿が本当に可愛過ぎた…この作品本来のテーマである登山からは外れてたけど、百合的な意味と女の子の可愛さ的な意味では間違いなくシリーズ中最高の回だったと言えるでしょう。


さて、沼田駅からタクシーで20分程。ロックハート城にやってきました!!

201902kitakantou154s

このロックハート城、いわば「石のテーマパーク」とも呼ぶべき施設で、広い敷地内には様々な建物が建っています。そしてメインとなるロックハート城は実際にイギリスにあった本物のお城を日本のこの地へ移築したというもの。


受付を済ませて敷地内へと入り、歩いていきます。

201902kitakantou155s

こんな立派な石の門があったりします。


こちらは塔の様な建物。

201902kitakantou156s

これが中に入って延々と螺旋階段を上へ登っていくことが出来るのですが、階段を登っていって下を見下ろすとこんな感じ。

201902kitakantou157s

ここ、「ヤマノススメ」劇中に出てきたスポットなんですよね。劇中ではひなたちゃんに「あおいも登っておいでよ~」て言われてあおいちゃんが「ムリ~!」て言ってた場所ですw

一番上まで登りきるとこんなものが建っています。

201902kitakantou158s

この筒みたいなものにコインなんかを入れるとチリンチリンと音が反響しながら下へ落ちていきます。「ヤマノススメ」劇中でもひなたちゃんがコインを落として、階段の下の方にいるあおいちゃんがその音を聴いているシーンがありましたね。

ちなみにこの塔ですが「スプリングベル&恋人の泉」と名付けられていて、本来ならば恋人たちの聖地的なスポットみたいですね。実際、階段を登っていく時に壁一面に結ばれたカップルの名前が書かれていたりするので一人旅の場合はメンタルをやられない様気をつけて下さいw

201902kitakantou159s

まあ、「恋人の聖地」とかしっかり書かれてますし、これもう公式で「ぼっちは氏ね」と言われている様なもんですねwそもそも男一人でこんな場所に来る方がどうかしてるww


さあ、敷地内を奥へと進みます。

201902kitakantou160s

これが目玉のロックハート城です!! それにしても凄い…本当に立派なお城。こんなものをイギリスから日本へ運んで移築したというのはホント凄いなぁと、妙な感心を覚えてしまいますね。

ちなみにこのロックハート城の向かって左側にはこんな車が。

201902kitakantou161s

どうやらこの車、故ダイアナ妃の御料車らしいですね。


中へと入ってみます。

201902kitakantou162s

201902kitakantou163s

201902kitakantou164s

城内は幾つかの部屋に分かれていますが、その中の一室には玉座や王冠、それに高そうな食器類を収めた棚など、いかにも王侯貴族の調度品と言った感じのものが展示されています。

その一方、他の部屋を覗いてみるとなぜかこんなサンタクロースだらけの部屋があったり。

201902kitakantou166s

201902kitakantou165s

スポーツに興じているサンタの人形がなんともユーモラス。一方、等身大のサンタ人形とかはさすがにちょっと怖いですw

ところでこの辺り、お城の中身・展示物については「ヤマノススメ」では触れられていませんでしたね。まあそれもそのはず。このお城では「プリンセス体験」なるものがあって、劇中でもそっちをメインに描いていましたからね。

実際、このプリンセス体験はかなり人気がある様で、僕が訪れたこの日もドレス姿になって城内で、あるいはお城を背景に撮影している若い女性のお客さんがたくさんいました。


さて、せっかくなので敷地内を他にもあれこれ観てみます。

201902kitakantou167s

こちらは「石ころミュージアム」なのですが、建物の前になにやら気になるものが…。

201902kitakantou168s

そうです!!

こちらも「ヤマノススメ」劇中に出てきました。ひなたちゃんが「助けてあおい~!!」とか言いながら挟まってあおいちゃんに呆れられてたアレですねw

ちなみにこれ、僕は最初ギロチン的な何かかと思っていたのですが、どうやらそうではなく晒し台みたいなものらしいですね。罪人の両手と首を穴に通して動けなくして晒すというもの。

あと、こんな石もありました。

201902kitakantou169s

この丸い石も「ヤマノススメ」に出てきましたね。4人皆で撫でていたシーンがありました。

せっかくなので石ころミュージアムの展示も覗いてみます。片岡朱央さんと言う作家さんの作品が展示されていて、それらは全て、拾った石ころの形を活かしながらペインティングを施したもの。なのだけど…。

201902kitakantou170s

201902kitakantou171s

この辺りのパンだとか和菓子だとか食材系の作品、これもうパッと見では石ころとは思えません!! 元の形を活かしながらきちんとそれっぽくしてしまうセンスとペイントの技術にただただ脱帽です。


こちらは「ストーンアカデミー」。

201902kitakantou172s

201902kitakantou173s

中に入るときちんと石に関する真面目な博物館になっていて、なるほど、このロックハート城という施設は確かに「石のテーマパーク」なんだなぁと言うのが頷けます。

その一方、広い敷地内にはブライダルドレスギャラリーなんかもあったりして、その辺りが先程述べたプリンセス体験と合わせてどちらかと言うと女性の方が楽しめるスポットと言われる所以なのでしょう。

確かにネット上の評価だったり個人ブログなんかを見ると「男独りでは楽しめなかった」と言う意見もちらほら見かけますが、個人的には全く問題無く楽しめてしまいましたけどね。

石に関する施設だけじゃなく、ブライダル関連の施設だとかもきっちり全部回ってきてしまいました。

まあ、さすがに新作ブライダルドレスの展示場なんかは見ても何も面白くは無かったですがwでも、世界の結婚衣装を展示してあるコーナーなんかは国ごとの文化の違いを感じられて興味深かったです。


さて、広い敷地内を全て観て回って時間もお昼時、小腹も空いたので軽くお昼にします。

201902kitakantou176s

敷地内のレストランでアップルパイとコーヒー。どうせ今日もまた夜はたくさん食べて飲むでしょうから、お昼はこういう感じでいいんですよw

ところでこの時、入ったレストランの入り口にはこんな看板が…。

201902kitakantou175s


なぜに萌え系…?


「恋人の聖地」を謳っている様な、いわば「萌え」とは最も縁遠いハズのこんな場所でこんな看板を見かけるとは思いませんでしたよ全く。どうやら「萌え」は僕の想像以上に日本全国のあちこちを侵食してしまっている様ですね…。


北関東ヤマノススメ聖地巡礼の旅(10)へ→


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...