2019年2月・北関東ヤマノススメ聖地巡礼の旅(12)
2019年 05月 09日 (木) 20:51 | 編集
- 五日目・旅の最後は榛名神社で -

2月25日(月)、天気は晴れ。いよいよ今回の旅行も本日が最終日となりました。

さて、本日は旅の最後に榛名神社へ向かってみることとします。高崎周辺の有名なスポットとしてはやはりここは外せないでしょう。今回の旅のコンセプトは「ヤマノススメ聖地巡礼」ですが、アニメ3期であおい&ほのかが榛名神社訪れているんですよね。

あと、榛名神社と言えば榛名山…つまり戦艦「榛名」の名の由来にも関係しているわけで、そうなるとすなわちこれ、艦これの聖地巡礼とも言えるのかもしれません(ややこじつけ)


さて、まずはホテルで朝食をいただきます。

201902kitakantou209s

バイキング形式だったのだけどあまりたくさん食べられる気がしなかったので、野菜多めで軽い感じのチョイスで。まあ基本、朝はいつもあまり食べられないんですよね(と言うか普段は食べないことが多い)。


朝食を取って、ホテルをチェックアウトして出発。高崎駅を8時半に出発する、榛名湖行きのバスに乗って向かいます。当初はもう1時間遅く出る予定でしたが、いつまでもホテルに居ても仕方がないので早々に出かけることに。

高崎駅を出てしばらくはずっと、バスは街の中を走っていきます。榛名神社は山の中にあるはずですが、とてもそんな場所へ向かうとは思えない程に街の中をひた走ります。

そうこうしているうちにいつしかバスの車内でうとうと…そしてハッと目を覚ますと、辺りの風景が街からは完全に離れて山間のそれへと変わっていました。

そして高崎駅を出て1時間10分程で榛名神社のバス停に到着です。

201902kitakantou210s

201902kitakantou211s

バス停を降りてすぐのところに大きな赤い鳥居が建っています。

さあ、鳥居を抜けて先へと進みます。


赤い鳥居をくぐってから少し歩いたところに、榛名神社の石碑と立派な鳥居。

201902kitakantou212s

更にその先にはこれまた立派な山門。

201902kitakantou213s

ここを抜けるともうそこは榛名神社の敷地内。外界とはまるで別物の風景が広がっています。


201902kitakantou214s

石畳の山道がどこまでもずっとまっすぐに続いています。道自体は決して険しい山道などではなくなだらかではあるのですが、しかし辺り一面にうっそうと木々が生い茂り、ここが山の中、大自然の中なのだとハッキリ認識させられます。

道の右側には一本の清流が流れていて、カワガラスか何かの小鳥が飛んでいました。

あとはこの道をひたすらに歩いて行きます。本殿を目指して…。


201902kitakantou215s

201902kitakantou216s

201902kitakantou219s

本殿までの道中は結構な距離があるのですが、いたる所にこんな感じで七福神の銅像が建っていたりするので、それらを眺めながら歩いていくと全然退屈しません。


立派な三重塔も建っています。

201902kitakantou217s

201902kitakantou218s

道中にはこんな、屋根の付いた道がありました。落石避け、でしょうか?


鳥居をくぐってから大体40分かそこら歩いたでしょうか。いよいよ本殿にやって来ました。

201902kitakantou220s

立派な本殿です。榛名神社は「パワースポット」だとしばしば言われますし、実際ここまで歩いてくる間にも未知のパワーが辺り一面に湧いている、そんな感覚はありました。

そしてそのパワーの源がこの本殿なのだろうと、そんな風に感じたりもしました。

ところで、冒頭に書いた様にこの榛名神社、「ヤマノススメ」「艦これ」2作品の聖地巡礼のつもりで訪れたのですが、さすがに辺り一面に漂っている厳かな雰囲気に圧倒されてか、そういう意味での聖地巡礼をしていると言う気分には全くなれなかったですね。

まあ、むしろ本当の意味での「聖地」ですしね、ここは。


さて、本殿までやってきたのですが、実は更にこの先へ行くことが出来るんですよね。本殿の横に小道があって抜けられる様になっていたので向かってみることにします。

小道を抜けて少し歩くと、そこには小さな門が。

201902kitakantou221s

榛名神社入り口の山門などとは違い、本当に簡素で質素な造りの門です。

その門を抜けてふと脇に目をやると…。

201902kitakantou222s

木製の椅子の上に積み上げられた小石達。その小石の積み方がまるで、賽の河原を連想させる積み方でちょっと不気味。

この場所の一番奥には堰堤があり、水が流れています。

201902kitakantou225s

先程の小石が賽の河原を連想させたものだから、こっちはこっちで実は三途の川の水が流れているのでは…などと考えてしまったり。

榛名神社の本殿辺りと違って、ここまで来る人はほとんどいませんし、辺りの寂しさ静けさも相まって、まるでここは現世とあの世との間にある場所の様な…そんな不思議な感覚に陥る場所でした。

パワースポットとして名高い榛名神社、その少し先にこんな場所があるとは…なんとも奥深いものを感じます。


201902kitakantou224s

あと、「クマ出没注意」の立て看板があったのがリアルに怖かったです。まあそりゃ、榛名神社くらいに山深い場所ならばクマ位いるよなぁ…。


*************************************************************


榛名神社を後にして、高崎から東京へ。

そして東京駅から新幹線「のぞみ」に乗って…。

201902kitakantou226s

こうして今回の旅も無事に終わりました。「ヤマノススメ」聖地巡礼を主目的とした旅でしたけど、他にもSLや旧型客車に乗ったり美味しいワインに舌鼓を打ったり…と、なかなかに濃い旅が出来ました。

ここ数年の僕の旅の形として、何かの聖地巡礼を主目的にしつつ、そこに鉄道要素をくっつけるというスタイルが出来上がりつつありますね。

(終わり)


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...