「まんがタイムきららキャラット'19年8月号」感想。
2019年 06月 30日 (日) 08:38 | 編集
では、一昨日発売のきららキャラット感想、行ってみましょうか。


kirara_carat201908s


・表紙
今月の表紙は「まちカドまぞく」。コミックス最新巻も発売されましたし、なんと言ってもアニメの方もいよいよ来月から放送開始ですからね。となると、今月だけじゃなくこれから数ヶ月間はこの作品が表紙で行くのでしょう。

(アニメ化決定の他二作に何か新情報が来ればまた変わるかもしれませんが)

しかし今月の表紙、シャミ子&ごせんぞの2人と言うのも何気に珍しい組み合わせな気がしますね。いや作中では当たり前な組み合わせなんだけれど、表紙でこの組み合わせは結構レアと言うか…。

ていうかそもそもごせんぞ、キャラット表紙に登場出来るだなんて、キャラクターとして随分出世したなぁと言う気がしますねw


・まちカドまぞくアニメ情報
シャミ子&桃ちゃんの立ち絵が公開されていますね。見た感じなかなか良い雰囲気。原作絵を上手にアニメに落とし込んでいるなぁという気がしますね。

あと、公式サイトにあがってるPVの方も観ましたがかなり出来が良さそうで期待が膨らみますね。制作会社のJ.C.STAFFは当たり外れ大きい印象があるので個人的に心配でしたけど、これは上手いこと「当たり」の方引いたかもしれませんね。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。


・まちカドまぞく
今月の扉絵、4人がきららジャンプしている構図になんだか笑ってしまいました。いや左側3人はまだ良い、良いんですよ。でも一番右の人…絶対そういうことしないでしょうに…w

(いやむしろ逆にノリノリでやっちゃうのだろうか。て言うかそもそも制服!!)

それはそうと本編ですが、今月はふとしたことでシャミ子ちゃんが桃ちゃんと焼き肉に行くというお話でした。でもね、もう読んでる途中でオチが読めましたわ…だって食べ放題とかじゃなく「コース」、それも最上級コースっぽいのが無料とか絶対ありえないじゃん!!

まあでも本来25000円のコースが15000円になる割引券ならめっちゃお得ですけどね…でも普通に考えて女子高生が行ける店じゃないことだけは確か。とりあえず桃ちゃんがカード持ってて良かったねとしか言えないです…w


・Aチャンネル
ここに来てるんちゃんとトオルの出会いの話を持ってきたというのはちょっと意外。しかしまあ、るんちゃんは昔からるんちゃんだなぁ…という感じがしますね。そう考えると逆にトオルは人見知りがかなり改善されたのかな…と。

それにしてもトオル、こんな酷い出会いだったのによくあんなにるんちゃんに懐いたもんだなぁと思いますねw


・RPG不動産
ルフリアちゃんがチョロいのは分かりきっていましたが、それにしてもまさか「夕飯のオムライスをうさぎさんの形にする」のに釣られちゃう程チョロいとは…大丈夫なのかこの子w

あと、屋敷の壁をぶち破ったことでラキラちゃんのレベルがアップしちゃった辺り、この作品って本当にきちんと「RPGの世界」なんだなぁと妙な感心を覚えてしまいました。


・NEW GAME!(一本目)
今月もこの作品は二本立て。一本目の方はコウりん新居探しの話。てか、八神さん突然の帰国からそのまま遠山さんの家に住みついちゃってるのね…w

それにしても同居していてもやっぱり八神さんは八神さん…うん、ホントに鈍感過ぎてさすがにちょっと遠山さんが可哀想になってきます。つーか遠山さんも遠山さんで、せっかくダブルベッドで一緒に寝てるんだからさっさと既成事実作っちゃえばいいのに。

(まあでも遠山さん、そういうところヘタレっぽいから無理そうだけどw)


・ブレンド・S
ひょんなことから夏帆ちゃんが苺香ちゃんの家にお泊り会しちゃう話でした。まあ一緒にお風呂入りながら恋バナとかしちゃう辺り、やっぱりこの作品は恋愛漫画なんだなぁと思うけど個人的に今回、一番盛り上がったポイントはやっぱり54ページのやりとりですかね。

ホラーゲームからのおばけが寄ってこない方法→夏帆ちゃんの「生命力が強いところへは来ないからえっちな事するといい」発言。いやもうこれ、完全に夏帆ちゃんと苺香ちゃんで百合えっちする流れだと思っちゃったじゃないですか!!

2人とも、この際店長とか秋月くんのことなんて放っておいて女の子同士で楽しんじゃえばいいと思うんですよ。その方がきらら読者の大多数も喜ぶと思うんだ、うん。


・精霊さまの難儀な日常
土の精霊ってなんかマッチョなイメージがあったんですが、今月のノムちゃんの発言で僕のイメージは間違っていなかったんだなぁと思いましたw


・はるみねーしょん
いよいよ今月でこの作品も最終回です。まさかこの作品が終わる時が来るだなんてホント思いもしませんでしたけどね…なんだかこの作品だけはいつまでもいつまでも続くんじゃないかと思っていたけど、やっぱりそんなことは無かった…何事も始まりあれば終わりもあるんです。

さて、最終回ではるみは宇宙に帰って代わりの留学生が新たにやってくる…という話でしたけど、うん、予想通りだったわw新しい留学生としてやって来たのは結局はるみというオチw

まあでもはるみ、留学生選抜の試験にまたトップで受かってしまっている辺り、実は物凄い優等生なんですよね。そして今度の留学は長期留学だから実質いつまでも地球にいられると言うことに…まさに大団円、ハッピーエンドってやつですね。

そして最後、3人でカレー屋さんへ行くことになるのですが…そのカレー屋さんでのカットと思われる最終ページのオチのコマで大爆笑してしまいましたww完全にソリッド・ステイト・サバイバーwww

これはもう完全に油断していました。まさか最後の最後でYMOネタやらかしてくるとはなぁ…でもよくよく考えてみれば最後にこれやらないわけが無かったんですよね。主役3人の名前がYMO元ネタだし、これまでも扉絵その他で音楽ネタ色々やらかしてきてますし…。

(実は単行本1巻でもソリッド・ステイト・サバイバーネタやってますしねw)

いやあでもホント、してやられたなぁと言う感じです。しかしこのネタ、YMO大好きな僕としてはもうこの上なく美味しいネタでしたけど、若い読者とか音楽に興味の無い人にはサッパリ分かんないだろうなぁ。

まあともかく、大沖先生、本当に長い間の連載お疲れ様でした。来月発売の単行本最終巻も楽しみにしております。


・おちこぼれフルーツタルト
冒頭のアレで利音ちゃんまでそっちの人になっちゃったかと思いましたよ…まあ実際はイノちゃんのモノマネ的な一発ギャグだったらしいですが。でもこの漫画ならもう、全員がおもらしキャラになっても不思議じゃない気もしますけどねw


・mono
あー…立山ダムとか行きたいんだよなぁと今月の話を読んで思ったり。そう言えば立山のダムカレーって、昔きららMAXで連載されていた「カレーの王女さま」でもネタにされてませんでしたっけ?(懐)


・正義ノ花道
まつり×さくらと言うこれまでに無かった組み合わせでガールズトークな回でした。しかしこれもう完全にアラタ君巡っての三角関係フラグ立っちゃってますよね。

前作の「ぱわーおぶすまいる。」でもそうでしたけど、ウロ先生、一人の男子を巡っての女の子達の…て展開になると絶対誰かが泣きを見る話になっちゃうからなぁ。たとえ漫画の中とは言え、女の子の涙は見たくないんですよ…。


・異なる次元の管理人さん
いよいよポラリスドア…というかこっちの世界と元の世界とを行き来できる方法も見つかって、フェイエルさんの家族達も生きていることが分かって大団円。そしてラストシーンでは皆が元の世界へ帰る準備…。

てなると、来月で最終回なのかなって展開に思えるのですが、でもそうじゃないんですよね。ということでまだ一波乱あるんじゃないかなと予想。肝心のポラリスドアが見つかった件をあっさり流し過ぎている気もしますし、本当に皆またここに戻ってこられるのかしらと言う疑問があります。

それにスズキ君とケイエスさん(の元の人)との関係とか、謎がまだ残っていますしね。


・古くて新しい思い出
連続ゲスト2話目。前回の話で主役2人の関係については予測がついていましたけど、でもまさかお母さんの方が死んじゃってたというのは予想外でした…まあ逆にその方がドラマ的にしっくり来る気もしますけど。

この作品、ネタ的に連載は難しいと思いますが、ここ最近のキャラットのゲスト作品では一番好みな雰囲気ですね。


・NEW GAME!(二本目)
イーグルジャンプの新作ゲームDDBが本来小学生向けのつもりだったのがなぜか十代後半~三十代女子に大ヒットという、まあオタクあるある話ですねw

これって多分、男女問わずにあるネタですよね…低年齢層向けに作ったハズのコンテンツがなぜか大きいお友達にヒットしてしまうと言うw

あとカップリングの順序ネタとか、何気にこの作品でこういうストレートなオタクネタをぶち込んでくるのは珍しい気がします。

しかしこの即売会でカップリングネタで文句言ってる本人が実はDDBの原作神絵師だとバレたら会場内は色々な意味でめちゃくちゃに荒れるんだろうな…ww


今月は以上で。

今月は「アニマエール!」「恋する小惑星」という、キャラットでは僕の一番好きな作品が2つとも休載だったので読んでてちょっと物足りなかった感は否めませんね…。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...