2019年7月・静岡で鉄道と海の幸を楽しむ旅(1)
2019年 07月 25日 (木) 07:43 | 編集
- 一日目(前編)・旅の初っ端からとんでもない大どんでん返し -

2019年7月19日(金)~23日(火)の5日間、静岡県を旅してきました。今回の旅、第一目的はまずなんと言っても大井川鐵道に乗ること。

大井川鐵道、蒸気機関車を走らせているだけでなく全国の他の私鉄から古い車両を集めて走らせていたりと鉄道好きの間では今更言うまでもなく非常に有名な存在ですが、僕は今まで乗ったことなかったんですよね。

静岡県という微妙に近い距離だからこそ、なかなか乗りに行く機会がなかったと言う…なので今回の夏の連休で思い切って乗りに行くことに決定。更に大井川鐵道だけじゃ連休を潰し切れないので船で伊豆半島に渡ってみたりと、結構盛りだくさんな旅となりました。

それではこれより、その旅の日記を綴っていこうと思います。


出発の7月19日(金)。今年は梅雨がなかなか明けず、全くもって夏らしくない日が続いています。この日も出発時点では曇り空でした。

今回はJRの安城駅から、のんびりと東海道線に乗ってまずは大井川鐵道の起点駅・金谷へと向かいます。豊橋までは新快速なので転換クロスシートに座って快適でしたが、豊橋から浜松、そして浜松から金谷はずっとロングシート…まあ、仕方ありませんね。

ともかく、金谷には10時過ぎに到着。

JRの改札口を出ると、すぐ隣に大井川鐵道の金谷駅があります。

201907sizuoka001s

こじんまりとした駅舎。さあ、ここからがいよいよ今回の旅、本当のスタートです。

駅舎に入り、まずは切符を買います。本日乗車する「SLかわね路」号はあらかじめインターネットで予約済みですので、まずはその予約番号を伝えて切符の買うのですが、その時に駅員さんから信じられない言葉が!!


「本日、SLが故障で修繕中のため、電気機関車牽引となります」


Oh…なんてこった!!


今回の旅最大の目的、いわばメインディッシュがいきなり消し飛んでしまいました…どうやら「かわね路」号に使用するSLが故障で、25日までは電気機関車牽引だそう…。

駅員さん曰く、事前に一度電話もして頂けたとのことで確かにそういえば全く知らない電話番号の着信が一度ありましたが、でも今は詐欺電話とかも多いですから知らない番号だとこちらからかけ直しとかしないですしね…。

なのでせめて大井川鐵道さんには、もう数回電話して頂くなり、あるいはそもそもインターネットで申し込んでいるのだからメールで知らせるなりして貰いたかったというのが本音のところ。

駅員さんには「どうされますか?」と聞かれますがこちらとしてはもうどうするもこうするもありません。大目的の蒸気機関車が走っていないとは言えここまで来ちゃったんだし、宿とかも全日程予約してあるんだから行くしかないでしょ!!


仕方なく、2日間のフリーきっぷを買って急行券も貰います。ただ、SLじゃないということで急行料金が不要になったのが不幸中の幸いというかなんと言うか…まあでもこの時はホント、全部の予定を投げ出して帰ろうかと思っちゃいましたけどねw


とりあえず愚痴ってても仕方ないので、金谷駅からまず、次の新金谷駅へと向かいます。新金谷駅が「かわね路」号の出発駅なんですよね。

201907sizuoka002s

新金谷行きの普通電車は東急のステンレスカー。大井川鐵道、譲り受けた他社の車両もこれまではクロスシートの車両ばかりでしたけど、とうとうここにも東急のロングシート通勤車両が入り込んでしまいましたね…。

まあ、がっかり感が凄いですが乗るのは一駅だけなので構いません。


そしてやってきました新金谷駅。

201907sizuoka003s

起点の金谷駅よりも、こちらの新金谷駅の方がずっと大きな駅です。SL列車の出発駅ということもあってか駅構内には売店もありますし、また車両整備工場なんかも併設されていて、実質大井川鐵道のターミナル駅といった感じです。

時間はまだ10時半前。僕が乗る「かわね路」号の出発まで1時間半ほどあるので、駅をゆっくり観てみることにします。実はこの新金谷駅、日にち限定ですが車両整備工場を見学出来たりします。せっかくなのでそちらを見学に行ってみました。

整備工場の方へ来るとまず、SLの乗ったターンテーブルが目に飛び込んできます。

201907sizuoka004s

201907sizuoka005s

ああ、SLカッコいいなぁ…乗りたかったなぁ…(涙)

あと、石炭置き場や給水塔などSLを走らせるのに必要な諸々の設備が。

201907sizuoka006s

201907sizuoka007s

考えてみたらSLを走らせるのって、現代の車両以上に整備や運転が大変なのは勿論、ターンテーブル初めとしたこういう諸々の設備が必要なんですよね。うーん、そう考えると大変だよなぁ…。


こちらが整備工場。

201907sizuoka008s

201907sizuoka009s

内部の作業風景が見られる位に近くまで行くことが出来ます。


201907sizuoka010s

また、整備工場の近くに資料館の様なものがあって、そこにはSLなど大井川鐵道の車両に関する様々な展示がなされていました。


あと、一角にはこんな風に魔改造(笑)された作業用車両が。

201907sizuoka011s

なんでも「機関車トーマス」に出てくるキャラクターを模したものらしいですね。そう言えば大井川鐵道ではSLを魔改造(笑)して機関車トーマス号走らせていますが、この日もトーマス号はちびっ子達に大人気だった模様で…。

しかしトーマスがなんでそんなに人気あるのか、おじさんにはちょっと理解出来ません。だって機関車に顔付いてるとか、ちょっと怖いと思うんだけどな…w


ところで地元を出発した時には曇だった天候も、新金谷駅までやって来て整備工場見学とかしていたらすっかり晴れ上がって…また、SL運休で沈んでいた気持ちも整備工場を見たりしているうちに段々とテンションが上がってきました。

201907sizuoka012s

201907sizuoka013s

そして気付けば、グッズまで大量に購入しちゃっていたり…w

まあ、もうここまで来たら楽しんじゃうしかありません!!

2019年7月・静岡で鉄道と海の幸を楽しむ旅(2)へ→


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...