2019年7月・静岡で鉄道と海の幸を楽しむ旅(11)
2019年 10月 09日 (水) 20:55 | 編集
- 四日目(後編)・静岡で美味イタリアンを -

清水での観光を終え、バスで清水の駅に。そして電車で静岡へと向かいます。


さあやって来ました静岡。本日泊まるのはこちら、ホテルアソシア静岡。

201907sizuoka190s

静岡駅の目の前にあるシティホテルですね。

201907sizuoka191s

ワンランク上のシティホテルといった感じでロビーも広々として綺麗。

201907sizuoka192s

でもロビーの一角には何か得体の知れないオブジェがありましたがw


部屋はこんな感じ。

201907sizuoka193s

まあ、シングルルームの普通の部屋ですね。ただやっぱり、一般的なビジネスホテルに比べて綺麗で高級感がありますが。


さて、この日は夕食をホテル最上階のイタリアンレストラン「アルポルト」で予約しています。部屋でしばらくのんびりと過ごし、そして予約時間の18時半が近づいたころ、レストランへ。

201907sizuoka194s

201907sizuoka195s

いかにもホテル内のちょっと小洒落たレストランって感じがして良いですね。窓からの展望も良さげ…といってもこの日は夕方から雨が降り出し、あいにくの空模様ではありますが。


さて、席に座ってまずはワインを注文。イタリアンレストランなのでワインもイタリアのものを多く取り揃えていて、せっかくなのでその中から…ということで選んだのがこちら。

201907sizuoka196s

こちら、なんとイタリアのゲヴェルツトラミネール。イタリアのゲヴェルツは初めてでしたが、これが実に素晴らしかったです。

香りも甘みも実に豊か。アルザスのと比べると少し酸味が強くてスパイシーではありますが、しかしとにかく香りが良い。飲み進めるごとに果実の凝縮感と甘みが増してきます。そして飲み干す時の含み香の素晴らしさ。マスカットの様なライチの様な、甘い芳香に溢れていて…。

ゲヴェルツはアルザスに限ると思っていましたが、他も色々と試してみるもんですね。

しかし外飲みワイン、一時期はモンラッシェとかボトル1万円超えのワインを奮発して頼んだりもしていましたが、3回ほどやってみたらもういいかな…と。それよりも今回のゲヴェルツみたく、お値段そこそこで個性的で美味しいワインを探す方が面白いかな、と。


さあ、料理が運ばれてきます。

201907sizuoka197s

まずは一口前菜。ズッキーニなどを使ったオムレツ。緑と赤の色の対比が綺麗。味もトマトソースでさっぱりと仕上がって、いかにも夏向きの味。食欲をそそられます。


パンとスープ代わりのムース。

201907sizuoka198s

201907sizuoka199s

このムースが焼きナスを使ったムースで、その上にコンソメのジュレ、さらにズワイガニをトッピングしてあるのだけれど、これがびっくりする位に香ばしい。焼きナスの風味がそのままムースになっています。

いやはや…まさかムースでこんなにしっかりと焼いた風味が出せるとは…これは驚きの一品。


さあ、綺麗なのが出てきました!!

201907sizuoka200s

ノルウェー産サーモンのスモークなんだけど、それをフランボワーズとマンゴーのソースで食べさせるってのがお洒落で素敵!! こういうの食べるとやっぱり、洋食っていいなぁと思いますね。サーモンのスモークの加減も最高だし、フルーツのソースがまたよく合っています。


これはちょっと変わった一品。

201907sizuoka201s

山女魚のフリット。カラリと揚がってバリバリとまるごと食べられる、非常に野趣溢れる一品。添えられた生ワサビをつけるとまた風味が変わって面白いです。しかしこれはもう、イタリアンというよりは和食のエッセンスもちょっと入っていますね。


そしてイタリアンと言えばパスタ。

201907sizuoka202s

鮎と万願寺唐辛子のオイルパスタ。スダチが効かせてあってさっぱりした後口で、するするっと食べられてしまいますね。


いよいよメインディッシュ。

201907sizuoka203s

スズキのアクアパッツァ。スズキの皮がパリッと香ばしい、その焼き加減が実に良いです。スズキは西洋料理でよく使われるけど、いかに上手に焼くかが大事な食材だと思いますね。勿論、生息場所等考えて、臭みのないスズキを選ぶというのが大前提ではありますが。


コーヒーとデザート。

201907sizuoka206s

201907sizuoka205s

デザートはカッサータシチリアーナと言う、リコッタチーズにドライフルーツやナッツやら混ぜてアイス状に凍らせたもの。これまで食べたことない感じのデザートで非常に面白いです。デザートにもこういうちょっと変わったもの出してもらえると、とても嬉しくなりますよね。コーヒーも香ばしくて美味。

それにしても今回の食事を通して改めて思ったのですがゲヴェルツトラミネールのワインは凄いなぁと思いました。甘みが強いからデザートに合わせたり食後酒っぽく飲んだりも出来るし、これだけ香りも個性も強いのにきちんと料理に合うし…。

とにかく大満足の夕食イタリアンでした。


さて、食事を終えてそのまま部屋へ戻る…のではなく、レストランにバーが併設されているのでそちらで軽く飲んでいくことにします。

201907sizuoka207s

まずはマンハッタン。ウイスキーにスイートベルモットを混ぜたカクテルで、僕の一番好きなカクテルですね。なのでカクテル飲む機会があるとまずは大体これを頼んでしまいます。こちらのお店のマンハッタンも文句なしに美味しかった…。


続いてマティーニ。

201907sizuoka209s

201907sizuoka208s

マティーニと言えばドライジンにドライベルモットを加えたカクテルですが、好きなジンをベースに選べるとのことで、沖縄のジンをチョイスしてみたらなにやら非常に面白いことになりました。うん、普通のマティーニとは明らかに異質の、何かちょっと違うカクテルになってる…w

締めにアレキサンダー。

201907sizuoka210s

ブランデーベースにクレームドカカオを混ぜたカクテルで、甘いんだけどこれも好き。甘いので一番最後の締め、デザート感覚的に飲みたくなっちゃうカクテルですね。

しかしさすがにワインフルボトル一本開けてから強めのカクテル3杯は相当に効いた様で、この日は部屋に戻った瞬間にぶっ倒れていましたとさ…w

2019年7月・静岡で鉄道と海の幸を楽しむ旅(13)へ→



Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...