叡山電車のきらら展コラボ電車。
2019年 10月 20日 (日) 07:43 | 編集
さて、昨日の日記でまんがタイムきらら展大阪について書きましたが、その翌日、京都の叡山電車に乗ってきました。今回、きらら展は大阪開催なのにわざわざ京都に宿泊したのは、この為だったりしますw

今回、なぜ叡山電車に乗ったかと言えばそれは勿論、叡山が今、きらら展とコラボした電車を走らせているから、なんですよね。他にも幾つかの駅できらら展とコラボしたポスターの展示を行っていたり…それらを楽しんじゃおう、というわけです。


さて、当日は朝9時半くらいにホテルを出て、叡山電車の起点・出町柳駅には10時過ぎくらいに到着。ここで一日乗車券を買っていざ、ホームへ。

するとなんと…いきなりお目当てのきらら展コラボ電車が停まっているじゃありませんか!!

kirara201911_21s

おおこれこれ…これに乗りたかったのですぞ!!

このきらら展コラボ電車、なんとヘッドマークには桜Trickの春香ちゃん!! これまで数々のきららアニメとコラボをしてきた叡山電車ですが、どういうわけか桜Trickのアニメとはコラボしてくれなかったので、桜Trickのキャラが車体なりヘッドマークなりに描かれたのはこれが初かと。

あとはヘッドマークにはAチャンネルのトオルとあんハピのはなこが描かれていますね。


サイドビュー。

kirara201911_24s

こちらはNEW GAME!の青葉ちゃんとハナヤマタのなるちゃん、スロウスタートの花名ちゃんが描かれています。


車内は一見普通。

kirara201911_22s

kirara201911_23s

ただ、床が木の板張りに改装されていました。


そしてなんと言っても…車内のドア周りにとにかくきららキャラが描かれまくってます!!

kirara201911_28s

kirara201911_27s

kirara201911_26s

kirara201911_25s

車体に全4か所あるドア。そのドア1つ1つ全てに違うイラストが描かれているんですよね。


個人的にはドアのガラスに貼ってあった展示にウケましたw

kirara201911_29s

kirara201911_30s

kirara201911_31s

kirara201911_32s

きらら展に関するセリフをきららキャラに言わせた一コマ漫画だけど、セリフが妙にそれっぽいのできちんと原作者さんが監修されているのかなぁ…と。


勿論、車内天井の吊り広告にもきらら展。

kirara201911_33s

ただ、これはこのきらら展電車だけでなく、この日は叡電の一般形車両も乗ったのですが、その車両にも吊り下げられていたので、どうやら期間中は叡電の全ての車両にきらら展の広告は吊られているっぽいですね。


さて、このきらら展電車は二軒茶屋止まりなので、まずはそのままこれに乗って二軒茶屋まで向かってみることにします。出町柳を出て20分ほどで二軒茶屋に到着。

kirara201911_34s

降りて改めてサイドビューを確認すると、出町柳で見たのとは逆側の方にはひだまりスケッチのゆのっち、うらら迷路帖の千矢ちゃん、けいおん!の唯ちゃんが描かれています。あと何気にドアの窓ガラスにあずにゃん…w


ヘッドマークのアップ。

kirara201911_35s

改めて、桜Trickの春香ちゃんがヘッドマークを飾っていることに感激…!!

ちなみに逆側のヘッドマークがこちら。

kirara201911_36s

キルミーベイベーのソーニャちゃん、GAのキサラギ、三者三葉の葉子様が描かれています。


さて、きらら展コラボ電車での旅はひとまずここまで。ここからはもう一つの目的、きらら展コラボポスターをめぐる旅へと出かけます。コラボポスターが展示されているのは出町柳、修学院、八瀬比叡山口、宝ヶ池、市原、鞍馬の6駅。

と言うわけでまず、次の電車で終点の鞍馬まで向かい、そこから戻ってくる形で各駅のポスターを見ていく形としましょう。


まず、次の電車に乗って向かった鞍馬駅。

kirara201911_37s

kirara201911_38s

kirara201911_39s

風情ある木造駅舎が印象的で、鞍馬寺・鞍馬山の玄関口。叡電の中でも最も観光客が多く訪れる駅ではないでしょうか。駅の近くには天狗のオブジェや、かつて叡電を走っていた旧型車両の前頭部なども置かれてあります。

さて、そんな鞍馬駅のきらら展コラボポスターがこちら。

kirara201911_40s

「きらら展 in 大阪の意気込みをどうぞ!」というお題に対して他の皆はきちんと答えているのに、緊張のあまりか「あばばばばば」としか言えなくなってるかおす先生がいかにもらしいですねw


さあ、ここからは出町柳の方へ戻りつつ、きらら展コラボポスターのある駅で途中下車して見ていきます。戻りの列車に乗ってまず、市原駅で下車。

kirara201911_41s

市原駅のコラボポスターお題は「今回のコラボを記念して特別メニューを作ってください!」

なるほど…ここに集められた面々は何らかの形で料理に所縁のありそうな子達が多いですね。しかし苺香ちゃん…京都というこの場所で「ぶぶ漬け」ってどうなんだそれは…意味分かってる?

いや、彼女のことだから意味分からずに言ってそうだな…なにしろ天然ドSだからw

ちなみに市原駅はこんな駅。

kirara201911_42s

ホーム一面のみ、駅舎も何もない小さな無人駅です。今回のコラボポスター展示駅、他は結構大きな駅ばかりなのに、なぜこんな無人駅にポスター展示したんだ…w


さあ、ポスター巡りの旅を続けます。次は宝ヶ池。

kirara201911_43s

お題は「あなたにとっての輝かしいものはなんですか?」。これに対して何のためらいもなく「るんちゃん」と言い切ってしまうトオル、本当にブレないとしか言いようがありませんw


さて、この宝ヶ池駅は八瀬比叡山口方面への分岐駅になっているので、まずはここから八瀬比叡山口のポスターを見に行くことにします。

すると、なんとやってきた車両が…。

kirara201911_44s

観光列車ひえい来ました!!

この「ひえい」、叡電の最新鋭観光列車ですね。まあ、最新鋭と言っても完全な新造ではなく、元々あった既存の車両を大改造して作ったものですが…しかしその改造度合いが半端無い!!

まずこの前面の独特過ぎるフォルム!! このデザイン、最初に発表されたデザイン画を見たときは本当に大丈夫なの?と思ったものですが、でもこうして見ると、元のデザイン画からきちんと実車にしてカッコよくなる様にブラッシュアップして製造したんだなぁというのが分かります。

外観も独特なら内装も独特。

kirara201911_45s

メタリック調かつ落ち着いた雰囲気にまとめられていて、天井照明にはダウンライトが使われていたりととにかくオシャレ。元車の要素はほぼどこにも残っていません。

座席形状に窓の形状も非常に独特。

kirara201911_47s

kirara201911_46s

この細長い楕円形の窓とか、本当に思い切ったことをしたなぁと思います。観光列車ということを考えれば本来は展望重視で窓を大きくすべきなのでしょうが、あえてそうしなかった辺り、完全にデザイン重視に振り切ったんだなぁ、と。

座席はオールロングシートなのですが、これがロングシートとは言え横幅も広いし縦方向にも大きく、きちんと枕部分まであるので座ってみるとかなり快適。実質これ、ロングシートと言うよりはほぼソファーです。

kirara201911_48s

ちなみに「ひえい」車内にもきらら展の広告っぽいのが置かれていました…w


さて、そうしてやってきた八瀬比叡山口のきらら展コラボポスター。

kirara201911_49s

お題は「あなたにとってのきららな一品はなんですか?」

シノの「金髪以外ありえません!!」と言うブレない回答が目を引きますが、でもよく見るとこのポスター他の連中の答えも大概酷いです。「ドーナツ」とか「マヨネーズ」とかそれもうお前らの好物なだけだろって感じですし、ソーニャちゃんに至っては「銃」とか物騒過ぎる!!

他のポスターはオチ要員が1人いても他の子はまともに答えているパターンばかりだったのに、どうしてここだけこうなった…w


さあ、八瀬比叡山口から戻りの列車で、今度は修学院駅へ。

この駅はきらら展コラボポスターもですが、まずは何と言ってもこれ。

kirara201911_50s

圧巻のきらら五連ポスター!!

まんがタイムきらら展のキービジュアルに乗っている子達勢ぞろいの五連ポスター。これはインパクトありますね!!

ところでこのポスター、なんとなく髪色で分かれている様にも見えますね。右から順にピンク、黒、茶色…といったところでしょうか。まあ左2つがどういう基準なのかが分かりませんが。


さて、修学院駅のコラボポスターはこちら。

kirara201911_51s

「ずばり、大阪と言えば?」

最初なんで京都なのにこの質問…なんて思ってしまいましたが、確かにこの場所は京都ですがきらら展自体は大阪でしたね…w


さあ、それでは最後。起点の出町柳のポスターへ向かうこととします。

…と、この時ラッキーにもやってきた電車がきらら展コラボ電車。最後の最後でまた、きらら展コラボ電車に乗ることが出来たので実に最高でした。

kirara201911_52s

そうして戻ってきた出町柳駅。朝、来た時には気付かなかったのですが、この駅には青葉ちゃんの等身大パネルがあったんですね。しかも駅員姿。

kirara201911_53s


さて…出町柳駅のきらら展コラボポスターなんですが…ラスボスがここにいた!!

kirara201911_55s

お題「きらら展 in 大阪の見どころを教えてください!」

それに対して高山春香ちゃん「優ちゃんとならどこでも行くよ!」

「優ちゃ~ん!!!」


駄目だこいつ早くなんとかしないと…。


他の駅のポスターでも大概なことを言っているきららヒロインはいましたが、ここまでアレな人はいなかったハズ…もうここまで来るとブレてないとかそういうレベルじゃありません。完全に頭おかしい。

特にこのポスター、他の子達がきちんと「見どころ」について答えているだけに余計に春香ちゃんのクレイジーっぷりが目立ちます。やばいこの子…さすがに公式で「明るいヤンデレ」認定されているだけあるわ…。

(ガイドブックにてタチ先生がそう発言されていらっしゃいます)


こうして、春香ちゃんのクレイジーサイコレズっぷりに頭クラクラしながら、叡電のきらら展コラボ電車の旅を終えたのでありました。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...