「まんがタイムきららキャラット'19年12月号」感想。
2019年 11月 05日 (火) 09:12 | 編集
では、先月末発売のきららキャラット感想、行ってみましょうか。


kirara_carat201912s


・表紙
今月の表紙は「Aチャンネル」。なのですが…すっごいビビッドでかっこいい!!

きらら系、特にキャラットの表紙はパステルカラーで可愛らしくまとめられていることが大半なので、こういう路線の表紙と言うのはもの凄い意外でした。しかし良い、実に良いですぞ…。

このビビッドさがトオルのキャラクターにも不思議とマッチしていてホント良い感じです。こういうちょっと普段と違った感じの表紙、もっともっと見てみたいですね。


・恋する小惑星アニメ情報
年明け放送予定の「恋する小惑星」アニメ、いよいよキービジュアル、それにキャラデザとキャストも公開されましたね!! キャラデザについては原作よりちょっと大人っぽい雰囲気にも見えますが、非常に良い感じだと思います。

また、公式サイトでPVの方も観たのですが…作画も演出も非常に綺麗、丁寧で物凄く期待感が増してきました!! この作品に関しては人物を可愛く描くだけでなく、風景、特に星空や石など地学に関する描写がキーとなってきますが、その辺りも丁寧に描いてくれそうですね。

それとキャスト。近年のきららアニメは割と無名に近い方をメインにもってくることが多い気がしていましたが今回のキャスト…かなり固い路線でまとめてきたなぁという気がします。

正直言うとイノちゃん役の指出さんだけは知りませんでしたが…(ごめんなさい)

その他は皆分かりますね。きらら的に言えばみらちゃん役の高柳さんはまちカドまぞくのミカンちゃん、あおちゃん役の山口さんはNEW GAME!のひふみん、そして桜先輩役の東山さんはきんいろモザイクのカレンちゃんあるいはゆるキャン△のリンちゃんってところですね。

(上坂さんってきららアニメ何か出てたっけ…?)

しかし、桜先輩がどんな声・演技になるのか全く想像が付きません。そもそも東山さんのツンデレキャラってのがかなりレアな気がしますし…いずれにせよ、放送が楽しみです!!


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。



・Aチャンネル
修学旅行の計画に浮かれる先輩組に対するトオルの態度が色々とわかりやすくも可愛らしかったですね。トオル自身、楽しかった思い出がるんちゃん達との4人での思い出ばかり…と言ってますし、彼女にとって本当に大事な仲間なんだなぁ、と。

そしてそんなトオルを気遣うミポリンとユタカの友情も良かったです。しかし12ページ6コマ目のユタカ、ちょっと美人過ぎやしませんか…? 一瞬「誰だよ!!」て思っちゃったぜ…w


・恋する小惑星
天文台主催の小惑星を探すイベント「きら星チャレンジ」に申し込んだみら&あおだけど、選考に通過出来たのはみらちゃん一人だけだった…今回のこの流れを見ていて思ったのですが、この2人ってくっついては離れて、な運命なのかなぁと。

高校で再会出来て一緒に小惑星を探すという幼い頃の夢を叶えよう、てなった矢先にあおちゃんの両親転勤に伴う転校問題が出てあわや離れ離れ、となるところをみらちゃん家に居候という案で乗り切ったけれど、そこに今回のこの件…。

うん、なかなか2人きちんと一緒に活動出来ないもんですねぇ…このもどかしさ。

しかし、あおちゃんは確かに強くなりましたね。普通に考えたら選考で落ちたあおちゃんの方がより落ち込んでいて当然なのに、みらちゃんを励まし、更には最後にすずちゃんに電話している辺り、何か考えもありそうです。

あと、後輩2人組のキャラがどんどん掘り下げられてきて良い感じですね。チカちゃんはお姉さんの美景ちゃん(桜先輩)と違って落ち着いて冷静、かつミステリアスな雰囲気。

一方のナナちゃんは最初真面目でとっつきにくい印象だったのがいい感じに崩れてきてますねwまあでもそれもきっと、一緒にいるうちにみらちゃん達がどんな人達が分かってきたから、真剣なのは自分だけじゃないということが分かったから、なのでしょう。


・mono
最後の方に出てきた渋いライダーのおじさん、この人ってゆるキャン△のリンちゃんのおじいちゃんですよね? やっぱりこの作品のゆるキャン△は完全に同じ世界線・同じ時空軸の話っぽいですね。


・NEW GAME!
今月も2本立て。2本通して話は紅葉ちゃんのラノベ仕事に関する内容でしたけど、担当編集の川村さん、昔は真面目に作品に対して熱意を持って接していたのが色々あってああなっちゃったんだろうなぁ…社会人になるとホント色々あるからね、だから彼女の気持ちとかは分からなくもないです。

仕事としてやってたらある種の割り切りも必要になってくるし、全部の事案に対して真摯に接していたら身体が幾つあっても足りないですからね…。

まあ今回の件に関しては、紅葉ちゃんが川村さんに対して感じた「本物の熱意」、それにほたるちゃんが過去に川村さんと関わりがあったことが解決のキーになっていくんじゃないかなと、そう思います。


・RPG不動産
まあ、薄々そうだろうなぁとは思ってましたがやっぱりファーは魔王と何か関係のある人物っぽいですね。魔王の特徴とファーの特徴が一致することから言っても間違いないでしょう。

ファーは魔王の子供か生まれ変わりか…あるいは勇者たちの手によって無力化され、子供の姿にされた魔王本人とかって線もありそう。

ところでエルフのお客さん、年齢が840歳だけど見た目が少女というよりほぼ幼女ですが、彼女らみたいな種族の場合、下のおけけがどうなっているのか非常に興味ありますね(最低


・ブレンド・S
美少女二人とお散歩出来るとか考えたら本当に役得以外の何者でもないじゃないですか店長…もっとも彼の場合、苺香ちゃん以外は二次元にしか興味なさそうなのでどうでも良いのかもしれませんが。

しかし夏帆ちゃんが腕組んで店長と歩いたら…それ別のお散歩になっちゃうから!! 一時期流行ったなんちゃらお散歩とかそっちになっちゃうから!! うん…アウトだこれw


・ひだまりスケッチ
「近くで見ても間違い」の4コマ、実は何も間違っていない件。いやだってヒロさんは沙英さんの彼女であることに間違いはないでしょう?


・アニマエール!
てっきり後輩の入部は無い流れかと思っていましたが、なんだか入ってきそうな雰囲気ですね。しかしどうやらチア経験者っぽくってチア部の活動をこっそり覗いて色々メモったり…なんか謎の多い子ですね。

それはそうと、虎徹ちゃんのツッコミがいつにも増してキレがあった気がしますね今回…いや、この子連載が進むごとに天然辛辣キャラっぷりが強くなっていってませんか?


・異なる次元の管理人さん
ノナさん、スズキくんのところに同居しているばかりか朝食まで作っちゃって…ああ、これもう完全に新婚生活じゃないですか!!

これはもう、完全にノナさんルート入っちゃってますね…しかしこの作品の登場人物で誰か一人自分が選ぶとしたらやっぱりノナさんだなぁと思ってしまった辺り僕はロリコンなのかもしれません(涙

それはそうとノナさん、これ自ら知らないうちにスズキくんに対する恋心が芽生えちゃってますね。まあ彼女は元々は人造人間みたいな存在、恋なんて知らなくて当たり前なのですが、そんな彼女がスズキくんと一緒に居ることで得た新たな感情。これ間違いなく恋ですよ…。

この作品、どう考えても正ヒロインはポラリスさんだし、そうなるとノナさんの初恋は切ないことで終わっちゃうんだろうなぁ…なんとかその辺りにもフォローがあると良いなぁと思います。


・紡ぐ乙女と大正の月
唯月ちゃんのセーラー服姿が非常に良かったです。大正乙女は袴姿に限ると思っていましたが、むしろ大正乙女にセーラー服…アリだな!!


・正義ノ花道
最終回。アラタ君が消滅してから3ヶ月後の世界、攻め入るオクシャと皆が戦う日々…まあこの辺り、カエデきゅんとかひまわりちゃんにも天賦を与えて活躍の場を与えているのは面白かったですが、でもやっぱり打ち切り感が…(涙

特に最後、アラタ君の再登場シーンとか、彼の天賦が「正義」というのは分かりますが、でもそれがどうやって復活につながったのかとか、その辺りが完全に丸投げ過ぎて正直ちょっと残念だったなぁ…と。

まあでもその辺り、単行本で何かしら補足があるんじゃないかと期待しています。ともあれ、ウロ先生連載お疲れさまでした!!


・精霊さまの難儀な日常
浴衣の着付けシーンのきちんとした描き方になんか妙なコダワリを感じました。いや「おはしょり」とか言ってもきらら読者の大半は知らんだろうに…w

それはそうと最後のシーン、花火の色の炎色反応について、赤はストロンチウムというサラちゃんのセリフに対してともりちゃんがそっと心の中で「優しい精霊さんの色だよ」と呟くの、ともりちゃんの本心とか優しさとか、そういうのが表れていてとても良かったです。

なんだかんだでこの2人、もうすっかり本当の仲良しだなぁ、と。


今月は以上で。

相変わらず内容濃くて面白かったですが、ただ今月、ちょっとゲストが多かったのと正直イマイチなゲストだったなぁと言う感が否めませんでした。



Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...