「まんがタイムきらら'19年12月号」感想。
2019年 11月 09日 (土) 14:51 | 編集
では、本日発売のまんがタイムきらら感想、行ってみましょうか。

発売日当日に感想アップとか物凄く久々な気がするぞ…w


kirara_201912s


・表紙
今月の表紙は「あっちこっち」。なんかこの昨日が無印の表紙飾る機会もかなり少なくなって存在感薄くなってきた気もしますが、まあ、あれだけ頻繁に休載してたんじゃしょうがないですよねー(辛辣)


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。


・あっちこっち
あれ…今月の「あっちこっち」面白いぞ…? おかしい、この作品の癖に面白いだなんて(酷)

いやでも咲ちゃんと京谷くんのズレたやり取りは普通に面白かったです。まあせっかくのパンチラを見逃しているどころか色々なフラグを自らへし折りに行っているところがいかにも京谷くんって感じがしますねw

しかし今回思ったけどこの作品、もしかして主役カップルが出てこない方が面白いんじゃ…?


・けいおん!Shuffle
なるほどね…先輩たちが急に対バンしようなんて持ちかけてきたのは「皆で音楽をやる楽しさ」に気付いてもらいたかった、ということなんですよね。

それにしてもこの作品、「皆で音楽をやる楽しさ」というテーマもそうですけどリズムキープの為にクリック音だとかBメロが云々とか、皆がやった曲を先輩たちが全く異なった形でアレンジとか、オリジナルの「けいおん!」に比べてきちんと音楽していますよね?

そう言えばむしろ、部室でお茶飲んでるシーンなんて全く無いですし…。

思うにこれがきっと、かきふらい先生が本当に描きたかった音楽漫画、なんだろうなぁと。そして最後に出てきた謎の人影。去っていった先輩なんじゃないかなぁ…なんて思うのですが果たして真相はいかに。

あと、来月から単行本作業で休載だそうで…この作品、面白いんだけど休載が多いのだけが本当に気がかりなところです。


・奥さまは新妻ちゃん
最後のお風呂シーン見て思ったけど、新妻ちゃん、確実に垂れるよね(最低な感想)


・スロウスタート
今月は二本立て。そして今回は二本とも、つづっくんカップルにスポットを当てたお話でしたけど、そこに絡むいつもの4人組が、一本目では主に栄依子&たまて、二本目では冠&花名という組み合わせがユニークでした。

それにしてもたまちゃんの妄想力にはホント脱帽…同級生とのメイド喫茶というシチュエーションでここまであれこれ妄想できるのはある意味凄い才能だと思います。

あと、今回の話で思いましたけどつづさんは予想以上に面倒な子ですね…まあ、面倒な子であることは分かっていましたけどここまでこじらせているとは…。

でもそこに花名ちゃんの優しい言葉が響いたんだろうなぁ、と。一方、そんな花名ちゃん自身にはつっくん先輩の何気無い一言が心にズキッと刺さったり。思えばこの作品の最大のテーマである「花名ちゃんの浪人」。これ未だ友人たちの誰にも明かされていないんですよね…。

まあここまで引っ張ったら逆に、それを明かす時はこの作品が終わる時、なんだろうなぁ…。


・海色マーチ
ハリセンボンが可愛らしかった…この作品、海の生物をきちんとリアルかつ可愛らしく描いているところが凄いと思います。あと、「ハリセンボンの口に触ったら指千切られる」とかその辺りも非常にリアルでグッド。

しかしあまねの猫マネ、途中までは上手く誤魔化したままいくのかなと思ったのですが、ハリセンボンの声マネし出した辺りで「これあかんフラグだ」と思ったらやっぱり駄目でしたw


・むすんでつないで
つなぐちゃんは自身を「クズ」と認識している時点で本当のクズではないと思うの。


・みらいちゃんねる
皆で宿題をやるシーンの咲ちゃん、いくらなんでもミライくんにくっつき過ぎだと思うんですよね。完全におっぱい当たってるし…これ、ミライくんが実は女の子の未来ちゃんだから良いものの、リアルに小学生男子にこんなことしたら確実に変な性癖目覚めちゃいますよ…。

あと、まさかのタピオカチャレンジならぬ消しゴムチャレンジ!! 明日香ちゃんの悲しい努力にはもう涙を禁じ得ない…(号泣)


・トールさんの通り道
ピー太に飲まれているサラさんがパンチラしててえっちだ…とか思ったら、その後にもっととんでも無いことになってしまった件。勇者一行の魔法使いさんが下着一枚のあられもない姿とか完全にあかんでしょ…。

それにしても完全に修羅場展開ですねこれ。まあ実際、完全に三角関係なわけですしね…しかしもうこれ、仮に勇者の記憶が戻ったとしてもどうにもならん気がしますね。


・下を向いて歩こう
ガラス瓶ポイ捨てシーンの妙な回想と言うか妄想が嫌すぎますwいやこれもう完全に漫画を間違えていますww

ところで串本って、名古屋方面から向かうにも大阪方面から向かうにも、どっちから行っても微妙に遠い場所にあるんですよね。だからまあ、寝過ごしてしまうのも止むなしかと。


・佐藤さんはPJK
さらりと佐藤さんの過去、そして佐藤さんがPJKになった成り行きとかが明かされたわけですが、なんか予想以上に重たい話だった…次号が最終回となるわけですが、果たして佐藤さんの友人・光さんは復帰するのでしょうか。

そして佐藤さん自身がこれからをどう歩んでいくのか…気になるところです。


・My Private D☆V
今月は卯花つかさ先生。って言うか卯花先生、このコーナーまだ出られてなかったんですね。なんか凄く意外すぎる…!!

そんな卯花先生のDV、好きな属性全部乗せと言う欲張りモードでしたけど、でもさすがは卯花先生。いかがわしい要素とか全くなく、ただただ純粋に可愛らしかったです。


今月は以上で。

やはりどうも今の無印きらら、全般的に自分の好みにあまり合わないなぁというのが正直なところ。まあその中でも好きな作品、応援したい作品は幾つかあるんですけどね…。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...