桜Trickオールナイト一挙上映とみやびあきの先生サイン会。
2019年 11月 28日 (木) 10:41 | 編集
さて、先週末なんですけど桜Trickオールナイト一挙上映とその翌日のみやびあきの先生サイン会に参加する為に東京まで行ってました。

まず、桜Trickのオールナイト一挙上映なんですが、行われたのは11月22日(金)の深夜。

sakuratrick20191122_01s

会場は新宿にある映画館、バルト9のスクリーン6ですね。

当日、僕は夕方まで仕事があったので18時に仕事を終えてすぐに会社を出て名古屋駅へ直行。そして新幹線に乗って東京へ向かうのだけど、祝前日と言うこともあってか新幹線が結構な混雑でやばかったです。

(普通車指定席の空きがなかったのでグリーン車で行く羽目に…w)

品川で新幹線を降りて山手線に乗り換え。そしてまず、池袋へと向かいます。予約していた池袋のホテルにチェックインし、少し休んでから再び山手線に乗って新宿へ。

そしてたどり着いた会場。

しかし劇場の表にも「桜Trickオールナイト一挙上映」の看板等は出ておらず、スクリーン6のある階まで上がっても特に看板もパネルもなく本当にここが会場であっているのか分からない次第。まあでもそれっぽい人たちがたむろしているから多分ここで合っているのでしょうw

それにしてもせっかくのイベント上映なので、キャラクターのパネルとかポスターとか何か掲示されているのかな…と思ってたのに全く何もなかったのはちょっと残念でしたw


さて、会場内で某フォロワーさんと遭遇。前々からツイッター上では親交のあるフォロワーさんで、住んでる場所も割と近いはずなのになぜかこれまでイベント等で遭遇したことがなく、ようやくお会い出来ましたね…と、お互いに笑いながら挨拶。

そうこうしているうちに時間は22時過ぎ。ここで開場し、場内へと入ります。

入り口でチケットを見せて入ると…こんな素敵なクリアファイルを貰えました!!

sakuratrick20191122_02s

原作者タチ先生による描きおろしのクリアファイル!!

ああ…素晴らしい…これはもう家宝ですよ家宝!!

それにしてもここで主役カップルの春香&優ではなくあえてコトネ&しずくを持ってくると言うのがまた良いですよね。まあ実際、桜Trick原作の中盤においては実質彼女たちの関係性にどう決着を付けるか、そこに焦点が充てられていましたしね。

それにしても普通に考えたら悲劇にしかならなさそうなこの二人の関係、それを全く違和感を感じさせることなくきちんとハッピーエンドに持っていった、タチ先生の手腕には改めて今更ながら本当に凄いと言わざるを得ません。

しかし原作が終了した今になってもこうして原作者さんがイベントの為に描きおろしをして下さって、アニメ公式アカウントも頻繁に呟いて、二年ぶりとは言えオールナイト上映のイベントがこうして行われて…。

改めて本当に愛されている作品なんだなぁ、と。そう感じます。

タチ先生ご自身もこの夏、コミケで桜Trickの続編的な同人誌を頒布されていましたし冬もどうやら出されるみたいですし…ファンからも原作者からも愛されているというのが一ファンとしてもとても嬉しいです。


さて、いよいよ時間は22時半。桜Trickオールナイト一挙上映の始まりです。何気に今回が4回目となるこのイベントなんですが、桜Trick大ファンのくせして僕自身は今回が初参加なんですよね。

いや、やっぱり東京でオールナイトというのは色々ハードル高いですよ…。

それはさておき始まったイベント上映。まず最初はコトネ役の相坂優歌さんとしずく役の五十嵐裕美さんの二人がステージに登場します。

最初の30分はこの二人によるトークショー。このトークが色々ともうぶっちゃけ過ぎててすごく面白かったです。でも色々と危ない内容だった気もしなくもない…w

あと、桜Trick円盤特典に入っている諸々の映像について触れられていたりして、改めてそちらも観直してみたくなっちゃったなあ、なんて思ったり。

そしてこの後、20分の休憩を挟んでからいよいよ上映開始です。今回の上映、4話上映するごとに20分の休憩を挟んで…というスタイルでした。

始まる前は「オールナイトなのに休憩無かったりしたらどうしよう」とか心配もありましたけど、そんなこと無かったので一安心。

それにしても会場となった劇場はバルト9の中でもかなり大きい方の劇場なんですが、それが満席に埋まっていたので改めて本当に凄いなぁ…と。やっぱりファンに愛されている作品なんだなぁとつくづく感じました。


さて、話の内容自体はまあ、本放送でも勿論追いましたしブルーレイも買って何度となく観ていますしそもそも原作からの大ファンなので全部分かっているわけなんですが…それでも改めて劇場で観ると色々な「気付き」がありましたね。

劇場のあの音響のおかげで初めて「ああ、ここのガヤってこんなセリフ喋ってたのか」と気付かされたり…あと、きららアニメでは「あんハピ」や「ゆるキャン△」で主役を勤めている花守ゆみりさんが実は桜Trickのモブ役出演していたことも初めて気付きましたね。

あとはやっぱり、劇場の大きなスクリーンで百合ちゅっちゅを見せつけられると言うのはなんかこう…やっぱり「来る」ものがありますねw

あとは話の内容に少し触れると…改めて観返すと春香ちゃんの面倒くささが想像以上に凄かったのでさすが原作者さんご自身に「明るいヤンデレ」認定されているだけあるなぁと思ったりw

優ちゃんも優ちゃんで、原作の終盤になると春香ちゃんに比べて優ちゃんの方が精神的に成長している様に感じるのだけど、改めてアニメで序盤を観返すと優ちゃんも充分面倒な子だなぁと感じたりしました。

あと、楓ちゃんって実は序盤の頃からゆずちゃんに対して百合的感情があったのでは…と感じたり。

それと桜Trickのアニメ化された部分の話って、下手すりゃ姉妹でヒロイン取り合うドロドロの三角関係になってもおかしくないのに、爽やかにまとめてるのが凄いなぁ、と。まあその反動がフォワードで連載されていた「双角カンケイ。」に出ちゃったのかな…などとも思いましたが。


…と、まあ、そんな感じで観返すことで色々な気付きもありながらも桜Trickオールナイト一挙上映は無事、朝5時に終了しました。

それにしてもこの作品、原作においてはタチ先生が描きたいことはほぼ描ききった上で綺麗に完結したのでその意味でも本当に幸せな作品だと思います。きららにおいてはそういう作品が少ないだけに余計に…。

あと、きららアニメ化作品の例に漏れずこの作品もそうですが、アニメ化以降の部分がドラマ的には非常に面白いので、原作未読の方には是非とも原作も一度読んで頂きたいと思いますね。

序盤(アニメ化されている部分)はそれこそ春香&優に毎回どんなシチュエーションでキスをさせるかと言う、いわば「エクストリーム百合キス」的な要素もありましたけど中盤以降は本当にまっとうな百合漫画になっていくんですよね。

コトネ&しずくの二人の関係をまとめた辺りもそうですけど、楓ちゃんのゆずちゃんに対する気持ちの葛藤、そして最終盤では春香ちゃんがいかに自分の本当の気持ちに気付いて向き合っていくか、それを見事に描ききっていたと思います。


さて、上映終わった後、某フォロワーさんと軽く飲み。まあ反省会というか打ち上げと言うか…軽くビール飲みながらのきららトーク、楽しかったです!!

その後は池袋へと向かいそのままホテルへ。そしてホテルで仮眠。今回、僕が取ったホテルがたまたまチェックアウトが13時と非常に遅いホテルだったのがとても幸いでした。

今回のみやびあきの先生のサイン会、当たったのが第二部の方だったので集合時間が15時45分とちょっと遅めなんですよね…。


しっかりと仮眠を取って13時のチェックアウトにホテルを出ます。途中、喫茶店で軽くお昼を取りつつ時間を潰したりして、15時ちょっと前に会場へと向かいます。

今回、サイン会の会場となっているのは「池袋虜」というギャラリー。しかしここがかなり分かりにくい場所でした。そもそも池袋駅のC3番出口が最寄りとなっているもののまずC3出口にたどり着くまでが大変…。

新宿駅もそうですけど、なんで東京の大ターミナルってあんな分かりにくい作りしてるんですかね…ありゃもう、駅ってよりも迷宮ですよダンジョン。

そしてたどり着いた会場。

coffee20191123_01s

路地裏の雑居ビルの地下一階が会場となっていて、入り口に「モーニング祭り」の看板があったから分かったものの、この看板が出てなかったらまず気付けない感じの場所でした。

中へ入ると、内部はギャラリーと喫茶店の中間みたいな雰囲気。こじんまりとした空間なんだけどセンスの良い音楽が流れていていい感じです。

奥の方ではモーニング・ツーに連載されている色々な作品の複製原画展が行われていました。もちろん、みやびあきの先生の「珈琲をしづかに」の原画も展示されています。

coffee20191123_02s

coffee20191123_03s

coffee20191123_04s

この手のイベントにしては珍しく写真撮影OKとのこと。主催者の方も、SNSなどで拡散して頂いて結構ですよ~みたいに仰っていました。

サイン会までまだしばし時間があるので、グッズを購入。実はグッズが販売されていると言うのは直前まで知りませんでした…w

coffee20191123_05s

しづかさんのアクリルプレートとクリアファイル。ちなみに「喫茶ユカリ」のコースターはドリンクを頼んだら付いてきました。

あと、受注生産のキャンバスアートも注文してしまいました。みやびあきの先生のサインが付くそうでこちらもとても楽しみです。


そうこうしているうちに昨夜桜Trickオールナイト上映でご一緒したフォロワーさんに再会。この方も僕と同じ様に桜Trick→みやびあきの先生のサイン会とはしごされたんですよね。

あと、大阪のきらら展でお会いした別のフォロワーさんにも再会しました。


そして時間は16時。いよいよみやびあきの先生のサイン会が始まりました。今回のサイン会、事前に届いたメールに書かれていた抽選番号順なのですが、僕は3番目と早い時間だったのがラッキーでした。

それと今回のサイン会ですが、以前に行った徳島マチアソビのサイン会みたく待機列で並んで待つのではなく、ギャラリー内の椅子に座ってゆったりと飲み物でも飲みつつ自分の番を待ち、作家さんがサインをされる場所はギャラリーの一番奥で仕切られた場所。

ということで作家さん側も客側も、ともにゆったりと落ち着ける快適なサイン会だったと思います。


さあ、いよいよ自分の番が来ました。みやびあきの先生とご対面…実は僕自身は夏のコミケで先生のブースに伺っているので初対面ではありませんが(先生は覚えていらっしゃらないと思いますがw)…やはり緊張します!!

ここで何を話したものかなと思いましたが、たまたま自分自身が今、仕事で着物に携わったりもしているのでその辺りで色々お話させて頂いてきました。

先生が「珈琲をしづかに」の中で描かれているしづさんの着物姿、とてもこだわっていて素敵だとかコミケで頒布されたキモノ少女の女の子たちも素敵ですとか…。

「着物を仕事にしている方にそう仰っていただけると嬉しいです」みたいに先生仰っていましたが…あわわわ恐れ多い。たまたま縁があって着物に関わらせてもらっているだけで、全然自分はプロとかじゃないので…(汗

まあでも、「キモノ少女」のギャルな子があえてオーソドックスな着方をしているのが凄く良いですよねという話で先生と盛り上がることが出来たので結果オーライ、かな?w


そんなわけでサイン会で頂いた特製イラストカードと、みやびあきの先生の直筆サイン。

coffee20191123_06s

coffee20191123_07s

ああっもう…一生の家宝にします!! 先生ご自身の着物姿も素敵でした…!!


そんなわけで今回の二日間、色々と濃くて楽しい二日間でした。

相坂優歌さん、五十嵐裕美さん、桜Trick公式さん、タチ先生…ありがとうございました!!

みやびあきの先生、ありがとうございました!!

そしてお会いしたフォロワーさん…楽しい時間をありがとうございました!!


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...