「まんがタイムきららキャラット'20年1月号」感想。
2019年 12月 17日 (火) 16:20 | 編集
では…ものすごく遅くなってしまいましたが、先月末発売のきららキャラット感想、行ってみましょうか。


kirara_carat202001s


今月の表紙は「おちこぼれフルーツタルト」。こちらの方もようやく、アニメに関する情報が色々と出始めてきていますね。

しかし今月の表紙…おかしい、おかしいぞ。なんだか凄くまっとうなアイドルものみたいに可愛らしいじゃないですか…この表紙だけ見た人はまさかこの漫画があんなにアレで変態な作品だなんてきっと夢にも思わないハズ。

そして表紙をめくって数ページ後にある、「おちフル」アニメのディザービジュアルを見てますます、非常にまっとうなアイドルものに見えるなぁと思うのでした。

いや…このディザービジュアルだけ見たらホント、ラブ○イブ!とかアイ○スみたいなまっとうなアイドルアニメにしか見えんわ…w


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。


・精霊さまの難儀な日常
初巻頭カラー。しかしまさか、アニメ化決定作品以外の作品をこのタイミングで巻頭カラーに持ってくるというのはちょっと意外でしたね。まあそれだけこの作品も推されているということなんでしょうけど。

それにしても冒頭のシーン、サラちゃんて意外と可愛い下着身につけているんだなぁとか、そんな感想しか浮かびませんでした(最低)

しかし封印布を無くすってホント一大事だなぁ…特にサラちゃんの場合、「炎」を司る精霊だけにより影響が怖いですよね。これが土とか水ならまだなんとか…いや、それもそれでやっぱ怖いか。


・おちこぼれフルーツタルト
せっかく表紙は可愛らしく誤魔化したのにやっぱり本編はいつも通りにアレでした。


・NEW GAME!(一本目)
これ、美ら海水族館ですよね。そう言えば昔、弟が結婚式を沖縄であげた関係で沖縄へ行ったことがあるのですが、この水族館は行かなかったなぁ…と。

両親達は行ったみたいですが、僕は一人別行動で、ゆいレール乗りつぶしとかやってたので水族館は行かず終いでした…w

まあそれはどうでもいいとして、確かに紅葉ちゃん、入社当初よりも色々と随分丸くなった様な気がしますね。おっぱいは最初から丸いですが。


・恋する小惑星
前回の話できら星チャレンジにまさかのみらちゃんだけが選考通って…という流れでしたけど、今月は前回の展開をひっくり返す衝撃が待ってました。

まさかのあおちゃん…「来ちゃった」って!!

すずちゃんにバイト代前借りしたり先輩たちに飛行機の手配手伝ってもらったりしながら、石垣島までみらちゃんを追いかけて、そしてきら星チャレンジ見学をさせてもらう為にやって来ちゃうとは…あおちゃんってこんなにアクティブな子でしたっけ?

いや、きっと「変わった」あるいは「成長した」んだろうなぁと。本人自身、お父さんの転勤の時は自分から動けなくて後悔したと言ってますし、だからきっと、同じ後悔を二度したくないと、そう思ったんでしょうね。

そして始まったきら星チャレンジ、当然他所から来た参加者の子たちもいるわけなんですが、ここで濃いゲストキャラ達をぶっ込んできましたね。

アイドル志望で脳筋の友利ちゃんに人間観察が趣味で電波系な蒔田ちゃん。うん…確かにこのメンツで並ぶとあおちゃんの言う通り、みらちゃんが全然普通の人に見えてきますね…w

で、きら星チャレンジの現場ではメーザー天体とかむりかぶし望遠鏡とかまたこの作品らしい用語が色々と。しかしVERA石垣島観測局とか石垣島天文台とかまた聖地が増えましたね…もっともさすがに石垣島まで聖地巡礼に行くファンもそうそういないとは思いますが。


・Aチャンネル
修学旅行で大阪に来ている上級生組だけど、何かと常にトオルのことを気にしちゃってる辺り、トオル本当に愛されているんだなぁ…と、微笑ましい気持ちになりました。


・菓子工房メイモトとふたごのイモウト
ゲスト読み切り。個性の違う双子姉妹の2人がどちらも可愛らしくて非常に良かったです。個人的に妹という属性が大好物なのもあり、非常に楽しく読ませて頂きました。今月のゲストではピカイチだったかと。

(まあ他のゲストが個人的にちょっとあまりにも…というのもありますが)


・アニマエール!
部室を覗いていた謎の新入生、チア経験者というわけではなく漫画家志望で、その漫画のモチーフとしてチアを参考にしたくて覗いていたと、そういうことみたいですね。

しかしチアの漫画を描こうとしているだなんて…あれもしかしてこの新キャラの稲葉さん、ひょっとして卯花先生ご自身がモデルなのでは…?

それにしても自身はチア経験者でなく、ただ母親がチアをやっていてそれを見ていただけでチアの動きを身に付けちゃうとか、何気に物凄い才能ありますよね。

そしてなんだかんだで結局、マネージャーとして入部することに…まあでも実際、こはねちゃんよりも上手い位なのでマネージャーと言いつつそのうち結局皆に混ざってチアやっていそうな気もしますw

あと彼女の入部を決意させたのはやっぱり、こはねちゃんの誰でも、何でも応援しようというひたすらにポジティブなチア精神なんですよね。やっぱりこの作品はこはねちゃんの明るさに引っ張られている作品だなぁと、つくづくそう思います。


・異なる次元の管理人さん
話がすごくSFじみてきましたね…それにしてもノナさん色々な意味でスペック高すぎじゃあありませんか? まさか坂城さんの研究施設として使える船まで用意出来ちゃうとか。

そして坂城さんもナルギードスの名前を知っていたと言う事実。ナルギードスさんが何者なのかが非常に気になりますね。


・ブレンド・S
てっきり美雨さんはひでりきゅんといい感じにくっつくもんだと思ってましたけど、まさか隼人くん(彩人さん弟)とフラグ立つとは…これはひでりきゅんもうかうかしていられないのでは…?

なんて思いましたが当のひでりきゅん自体は自分自身以外興味なさそうな気もするしなぁ。まあでもこの作品、主役カップル周りでは三角関係とかやれそうにないのでここでそういう流れを入れちゃうのはアリな気もします。


・RPG不動産
とりあえず街を襲ったドラゴンがファーではなさそうで一安心…と思いたいですが、街を襲ったドラゴンじゃないにしてもやっぱりファーには何かしら恐ろしい秘密がありそうな気はするんですよね…。


・紡ぐ乙女と大正の月
今回は万里小路さんの色々な表情が楽しめた回でした。しかし彼女、こじらせた百合っ子でギャグキャラだとばかり思っていましたけど、今回の男子生徒の不埒な行いに対する毅然とした態度はめちゃめちゃかっこ良かったです。


・NEW GAME!(二本目)
沖縄…と来れば海。海と来れば当然…水着回!!

まあしかしそれにしても今回の葉月さんはさすがにちょっと擁護出来ないレベルでアレでしたね…いや実際、仮にも会社の中ではかなり上の立場なのにこの行動、これは完全に懲戒モノですわw

そして公式に「児ポ認定」されてしまった青葉ちゃん哀れ…。


今回は以上で。

いや…やっぱり艦これのイベントとかあるとどうしてもきらら読んで感想書くのが遅れてしまっていけないですね…(完全に言い訳I)


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...