岐阜かがみがはら航空宇宙博物館。
2020年 01月 07日 (火) 16:40 | 編集
さて、本日、岐阜かがみがはら航空宇宙博物館に行ってきました。もともとこの博物館には行ってみたかったと言うのもありますが、昨日6日から「恋する小惑星×石垣島」の小冊子が配布されているんですよね。

この小冊子自体、日本全国で配布されている場所が10箇所ほど。大半が石垣島と東京だったのが、幸いにも東海地方では岐阜かがみがはら航空宇宙博物館で配布されるということだったので行ってきました。


まずは電車を乗り継いで三柿野の駅へ。そしてバスに乗って博物館へ。

やって来ました岐阜かがみがはら航空宇宙博物館。敷地がめちゃめちゃ広いです!!

20200107kagamihara01s

20200107kagamihara02s

その広大な敷地の中に何体もの航空機が屋外展示されています。

個人的にその中で気になったのがこちら。

20200107kagamihara03s

こちらの海上自衛隊の機体、なんでも元は対潜哨戒挺だったものを水陸両用救難飛行挺にしたもの、なんだそうです。


屋外展示コーナーを抜けると博物館の建物。こちらもでかい。

20200107kagamihara04s

さあ、入場券を買って中へと入ります。


そしてまず…お目当ての品をゲット!!

koias20200107s

これですこれ!! これが「恋する小惑星×石垣島」コラボの小冊子。見開きの小冊子で、中身はみらちゃん達が石垣島の星空観察スポットなど紹介するものとなっています。

しかしさすがに石垣島へはなかなか行けないぞ…もしかして恋する小惑星、歴代のきららアニメの中でも最も聖地巡礼の難易度を上げてしまった作品になるのでは…?w


さて、大目的も果たせたのでここからはゆっくりと館内を見て回ります。岐阜かがみがはら航空宇宙博物館、2階建て構造になっていて、1階が各務原市の航空技術の発展やそれにちなんで様々な航空機の展示、2階が宇宙開発に関する展示となっていますね。

ちなみに「恋する小惑星」の小冊子は中2階にある休憩所みたいな場所に置いてありますが、通常の見学ルートとはちょっと逸れた場所になりますので、欲しい方は要注意。普通に展示物を見学して回っていると気付かずにスルーしてしまう可能性大です。


さて、1階の展示室の中で個人的に一番の目玉はなんと言ってもこれ!!

20200107kagamihara05s

飛燕です飛燕!! 我々艦これ提督の間では「三式戦 飛燕」としてすっかりお馴染みの存在ですよね。その飛燕の現存機体が日本で見られるのはここだけ、なんだとか…。

この機体自体も元々は戦後アメリカ軍に接収され、それが返還されたのち遊園地で展示されたり航空自衛隊岐阜基地で保管されたり鹿児島・知覧の知覧特攻平和会館に貸し出しされたり…それからようやくこの各務原市に戻ってきたものらしいですね。

この博物館で展示される様になったのは2018年3月からとのことなので、まだここで展示されてからは2年も経っていないことになりますね。

20200107kagamihara07s

20200107kagamihara06s

飛燕のエンジンや様々な部品なんかも展示されています。


あとは飛燕の他には、乙式一型偵察機なんかも展示されていました。

20200107kagamihara08s

これらの展示は1階の中でも特別展示室の様に分かれたコーナーの方で展示されていますが、それと別に1階には大きな展示スペースがあって、そこに様々な航空機体がずらりと並べられています。


20200107kagamihara09s

2階から眺めるとまさに圧巻!! 所狭しと並んだ様々な航空機体たち。


20200107kagamihara10s

20200107kagamihara14s

20200107kagamihara13s

自衛隊の練習機や、戦後初めて各務原で設計製造された航空機・川崎KAL-1連絡機など。

ちなみに一番下は大淀さん…ではありませんwでも艦これの大淀さん、こういうレトロな感じの機体を操縦していたらなんかすごく似合いそうな気もする…。


さて、2階の展示は上に記した通り、宇宙開発などに関するコーナー。

20200107kagamihara15s

はやぶさ2の実寸模型。

20200107kagamihara16s

宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」の実寸模型。

20200107kagamihara17s

宇宙服。

他にも様々な種類のロケットの模型があったり…全体として、一昨年訪れたつくばのJAXAでも観た様な展示物が多かったですね。まあ、宇宙開発がテーマとなれば当然、展示物も似通ってきてしまうとは思いますが。

その中で個人的にちょっと目を引いたのがこちら。

20200107kagamihara18s

10センチ角の超小型人工衛星。人工衛星もこんな小型化しているんですね…とただただびっくり。こんな小さなのが宇宙を飛んでいるとか、一体どうやって打ち上げてどうやって制御しているのか…ちょっと想像がつかないです。

20200107kagamihara19s

あとこちら、宇宙ステーションのトイレらしいですw

まあそりゃ人間、宇宙に行こうがどこへ行こうがトイレは必須ですからね…。


と、そんな岐阜かがみがはら航空宇宙博物館、予想通り艦これ的にも恋する小惑星的にも楽しむことが出来たスポットでした。


あと、おまけ。

今回、名鉄の各務原線に乗って行ったのですが、その時になんと、最新車両の9500系に運良く乗ることが出来てしまいました。

20200107kagamihara20s

最近の名鉄の車両らしくステンレス車体ではありますが、前面の赤い部分だとかが増えて、きちんと名鉄らしさをアピールしているのが良いですね。

車内はロングシートではあるものの、これまでの車両に比べて一人分ずつの区画がしっかり分けられている感じで良いなぁと。あと、新車の匂いが凄かったですww


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...