「まんがタイムきらら'20年1月号」感想。
2020年 01月 21日 (火) 22:51 | 編集
では…物凄く今更感ありますが、「先月の」まんがタイムきらら感想行ってみましょう。

先月は艦これイベントやらリアルの予定やら色々あり過ぎて読んで感想書くまで至らなかった(言い訳)


kirara202001s


・表紙
表紙は「ゆゆ式」。スノーボードというのがまた、いかにも冬らしくて良いですね。しかしきらら系の表紙絵でスノーボードってこれまであまり見かけなかった気がしますね。

冬っぽいイラストとなるとどうしてもサンタクロースのコスプレとかそういう系が多かった様な…。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。


・下を向いて歩こう
泣き顔すさみん可愛い。ツンデレギャルなすさみん可愛い。すさみん可愛いよすさみん。

しかしオゴクダ浜ってガチでビーチコーミングの聖地らしいですね。検索かけてみたら貝拾いのブログとかが幾つもヒットしました…。


・むすんでつないで
やっぱりこの作品の薗部さんも色々とおかしいですね…荒井先生の作品に出てくる薗部さんは基本、変人揃いだと思っておいた方が良さそう。


・スロウスタート
66ページの欄外でくるくる回ってる榎並先生、面白い表現だなぁと思いました。

あと、大谷さんがやばい。ヤバ過ぎる。この作品で椿森さんがヤバい存在なのは重々知っておりましたけど、今回の話読むとこれ、大谷さんも負けず劣らずにやばいですね。

真秀ちゃんの反応じゃないけど、ホント心底気持ち悪いですよ大谷さんw


・海色マーチ
すごいなこの作品…オニヒトデが出てくるきらら作品自体これまでに無かったと思いますし、更にその天敵のホラガイまで登場させて、ホラガイがオニヒトデを捕食するシーンを描くとか…ある意味できららの限界に挑戦している様にも思えます。

だってこれ「萌え」とかとは対極だよなホント…。


・みらいちゃんねる
加子さん、皆に子供が何人欲しいか聞いて「私頑張るね!」なんて言ってるけど一体何を頑張るつもりなんだこの人は…て言うかこの場合、この人はタチをやりたいのかネコをやりたいのか。いや、どう考えてもタチだろうなこの人…。

それにしても今回の加子さんはいつも以上にアレでしたね。5才児になりきって咲ちゃんに甘える姿とか、これホント見ていられないわ…これが自分の姉だとか、ミライくんが可哀想過ぎるwww


今月は以上で。

ちょっと後半のゲスト連発がかなり酷かったなぁ…と言う印象。いやホントこの雑誌大丈夫なんですかね? 書店で置かれている数もキャラットやMAXに比べて明らかに少ないですし…。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...