2020年2月・関西で歴史に触れる旅(5)
2020年 03月 13日 (金) 22:17 | 編集
- 二日目(中編)・飛鳥を巡る -

キトラ古墳とそれに関する博物館の見学を終え、再び自転車を走らせます。

今来た道をずっと戻り、そして今度は東の方角へと向かっていきます。

まず、その道中で一箇所立ち寄って見学したのがこちらの亀石。

202002kansai065s

202002kansai066s

キトラ古墳から自転車で20分か30分ほど。唐突に巨大な石がごろんと転がっています。

そばに「亀石」と説明文の書かれた石標もありますが、正直何の為の石なのかよく分かりません。実際、いつの時期にどういった目的でここに建造されたものなのか、幾つかの説はあるものの結論は出ていないのだそうです。


さあ、ここから更に自転車を走らせます。


亀石から自転車で20分ほど、東南の方向へ走っていきます。

そしてやって来ました…有名な、石舞台古墳です!!

202002kansai067s

ああ、これこれ…昔、学生の頃教科書で見ましたよ。そのままの風景が目の前に実際に広がっている、なんとも言えない不思議な感覚に襲われます。

ちなみにこの石舞台古墳ですが、現地に来て説明を読んで初めて知ったのですが、本来はこの巨石の上に盛り土がしてあって、他のよくある古墳と同じ様な形だったみたいですね。

でもなぜか、その盛り土が無くなってしまって、石がむき出しのまま現代に残っている…なんとも不思議な遺跡です。

この石舞台古墳、その石の下に入ることが出来ます。

202002kansai068s

202002kansai069s

元々はこの石室内に埋葬された人物がいて、色々な副葬品があったりしたのでしょうか…?

これまたなんとも、見ているとはるか昔に想いを馳せる、そんな遺跡ですね。


さあ、石舞台古墳を後にして再び自転車を走らせます。

今度はずっと北上していく形に。途中、昔の町並みがそのまま残っている様な場所を走ったりもします。そして石舞台古墳から約10分程、万葉文化館に到着です。

202002kansai071s

万葉集とその時代をテーマにした美術館・博物館で、とても綺麗で大きな、近代的な建物です。

早速中へ入って見学…の前に、ちょっと小腹が空いたのと自転車をずっと漕いでて疲れたので館内のカフェで休憩を取ることにします。

こちらのカフェ、どうやらカレーが自慢の様で、メニューを見ても野菜たっぷりのカレーとかがとても美味しそうだったのですが…何分時間は昼をとっくに過ぎてますし、この時間からカレーはちょっと重たい…。

そんなわけで結局、こちらのピザセットを注文。

202002kansai072s

でも結果的にはピザもカレー風味で野菜たっぷりだったのでこれで良かったかな、と。

食後にはコーヒー。

202002kansai073s

これまたお洒落なコーヒーカップで出てきて、ああ…いかにも美術館の中のカフェだなぁといった感じがしますね。ピザもコーヒーも美味しくて、とても満足な昼食(と言うには遅い時間ですが)を取ることが出来ました。

さて、そして館内を見学。

この万葉文化館、1階と地下に見学室があって、1階は万葉集をテーマにした絵画が展示されている美術館となっていました。万葉集をテーマ…と言ってもその解釈は作家さんによって様々。

なので中には、非常に現代的な絵画もあったりして、それが非常に興味深かったです。

地下の方は万葉集の時代の文化等についての博物館。ジオラマによる展示などの他、柿本人麻呂を題材にしたやたら壮大なアニメーション人形劇(?)なんかもやっていて、これも非常に興味深く楽しんで観ることが出来ました。

そして見学を終えて外に出て気付いたのですが…。

202002kansai074s

せんとくんいやがったwww

そう言えば奈良と言えばせんとくんでしたね…すっかり忘れてたよ!!w


さて、万葉文化館を後にして、本日の飛鳥巡り最後の目的地へと向かいます。万葉文化館からは自転車で3分ほどと、近い場所にあります。

飛鳥寺に到着!!

202002kansai075s

202002kansai076s

この飛鳥寺、なんと日本最古の大仏様が祀られているお寺なんです。

と言うわけで中へ入ると、早速ご住職が大仏や寺に関する説明など色々して下さいます。どうやらこのお寺、元々大昔はもっと大きなお寺だったらしいんですよね。

だけどそれが火事で燃えてしまって…そんな中、大仏様は奇跡的に残ったので、その大仏様のある場所に現在の本堂を再建したのだとか。

逆に言うと、もし大仏様が消失してしまっていたら、このお寺自体現代には無かったかもしれない…とのことでした。


そしてこのお寺、なんと大仏様が撮影可能!!

202002kansai077s

仏像が撮影可能と言うのは、非常に珍しいかと。実際、今回の旅でも吉野、高野山と色々な寺院を巡って来ましたが、他は全て仏像の類は撮影不可でしたからね…。

ちなみにこの大仏様、実は左右で微妙に表情が異なっています。

202002kansai078s

202002kansai079s

右から眺めると少し険しく、左から眺めると柔和な表情になっているんですよね。

他にもこの飛鳥寺、大仏様の両隣にある仏像様なども写真オッケーでした。

202002kansai080s

202002kansai081s

これだけ色々撮らせてくれるお寺も珍しいと思います。住職さんの説明も分かりやすく面白かったですし、飛鳥へ行くのなら是非訪れておきたいお寺ですね。


さあ、これでだいたい、飛鳥で観たかった場所は観終わって時間は16時過ぎ。急いで自転車で駅へと戻ることにします。駅まではなんだかんだで自転車で、30分もかからずに戻ることが出来ました。

レンタサイクル屋さんに自転車を返して…さあ、吉野と飛鳥、奈良を回る旅はこれで終了。これより大阪阿倍野橋へと戻ります。

2020年2月・関西で歴史に触れる旅(6)へ→


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...