「まんがタイムきららキャラット'20年6月号」感想。
2020年 05月 05日 (火) 17:23 | 編集
では、先月28日発売のきららキャラット感想、行ってみましょうか。


kirara_carat202006s


・表紙
表紙は「まちカドまぞく」。メインヒロイン達勢揃いで皆でハンバーガー食べてて、ちょっとアメリカンな雰囲気の表紙ですね。ってリリスさん、しれっとメインヒロイン枠扱いになっとるのか…w

(そう言えばきららファンタジアにもリリスさん参戦してましね…)

それにしてもこの作品、キャラットの「顔」としてすっかり定着した感がありますね。キャラットは表紙を飾れる看板的扱いの作品が多いのがホント強いよなぁと思います。


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。


・まちカドまぞく
表紙に引き続き巻頭カラーもこちらの作品。小倉さん救出編(?)もこれでラスト。逃げるのがタイムアタックになると確かに慌てますよね…昔、FFなんかのゲームでダンジョン脱出でタイムアタックあるの苦手だったな…(遠い目)

それにしても桃ちゃんの脱出時のフォーム(ダサい)が小倉さんのツボだった為に2人が仲良くなってしまったと言うオチに草wまあ、シャミ子さんは色々と心穏やかじゃなさそうですが…。


・NEW GAME!
今月も二本立て。キャラットは看板作品多いのにも関わらずちょっとこの作品に頼りすぎなのでは…という気がしなくもないです。

まあそれはそうと確かに、たまこちゃん(外注先社員)から見たらイーグルジャンプの面々は色々と個性強すぎですわね…冷静に考えるとこん中に一人外から放り込まれるとか可哀想過ぎます…。

あ、あと今回のゲーム作成で社員の面々をモデルにキャラ作ったりしてますけど、大和さんモデルにくっころ女騎士とかどうですかね(おい


・Aチャンネル
いよいよるんちゃん達3年生組は受験が近づいてきているんですよね…となるとこの作品も、もう終盤に差し掛かってるってことなんですよね…。

ところでヒラちゃんは進学せずにそのまま就職を選んだんですね。しかしこの子に仕事務まるんだろうか…テーマパークに就職って言ってますけど…いや、意外とああいうところのアテンダントさんとか似合うのかもしれませんが。


・RPG不動産
離島への引っ越し…なんだけど、冒頭の懐かしいアルバムに見入っちゃう、これ引っ越しとか片付けあるあるですよねw

そして離島での新生活開始…となるのですが、やはりファーの正体は魔王の娘ってことだったんですね。となると、何やら呪文を唱えてファーをドラゴン化させたと思しき怪しい影、あれはサトナ様が言うところの魔王軍の残党なんでしょうね。

ところで新生活の舞台となる新しい家にはなにやら部屋が1つ余分にある…これって、新キャラ登場のフラグってことなんですかね? といったところでこの作品、来月からしばらく休載とのこと…うーん、続きが気になります!!


・恋する小惑星
イノちゃんとイヴちゃん、一緒に図書館で受験勉強している辺り、本当に仲が良かったんだな…と。いや別に疑ってたわけではないですが、余りにタイプの違う2人ですし…。

そして今回、イノちゃんに地図の楽しさを教えた本人である、小学生の時の同級生が登場。イノちゃんの人生に影響を与えた重要人物だから、いつか登場するんだろうとは思っていましたが…なるほど、このタイミングでの登場でしたか。

しかしまあ、昔は同じ趣味で仲が良かった相手でも、月日が経って疎遠になってしまっているとなかなか上手くいかなかったりはしますよね。ケイちゃん(イノちゃんの元同級生)、受験でピリピリしているのもあってかすっかり雰囲気変わってしまったみたいで…。

だけど今回、イヴちゃんが上手に間を取り持ちましたね。2人を駅に呼び寄せて(というかケイちゃんに関しては強制ですが)、2人の想い出の場所へ。

その場所が三県境というのがまた、この作品らしいマニアックさで良いですね。調べたらこの群馬・栃木・埼玉の三県境、作中にある通り本当に東武日光線の柳生駅の近辺にあるみたいで。

これは関東に住んでいる恋アスファンの人なら是非行ってみたいスポットになるのではないでしょうか。まあ、今はまだそれどころでは無いですが…。

僕も世の中が戻って、いつか機会があればここ、訪れてみたいですね。

それはさておき、イノちゃんとケイちゃんの関係、結局元には戻らなかったけれどでも、今回の件でケイちゃんの心境にも少し変化が生まれたみたいですし、今回のイヴちゃんはホント良い仕事したと思います。


・ブレンド・S
自らのアイドルとしての方向性に悩んで迷走するひでりきゅんの話でしたけど、男の娘ならぬ男の子接客のひでりきゅん、普通に可愛かったですね…いや実際、髪型変えてスカートをショートパンツに変えたところで、それでもやっぱり女の子にしか見えない…w


・紡ぐ乙女と大正の月
前回の引きから予感はしていましたが…いきなりラスボス来ちゃったよ!!

はい、唯月ちゃんのお父さん登場。まあこの時代の名家の父親ともなれば実際この位に厳しい、それこそ絶対的な存在だったんだろうな…そして末延家を追い出される紡ちゃん。

だけどそこに助け舟を出したのが旭ちゃん…紡ちゃんのことを一方的にライバル視している彼女ですが、なんだかんだで色々助けてくれる良い人なんですよね。

旭ちゃんの激励もあって紡ちゃん、末延家に戻りますが果たしてここからどうするのか。お父さんに一言物申しちゃうのか…まあでもこのまま唯月ちゃん連れて駆け落ちしちゃうのが一番楽な気がしますけどね(おい


・アニマエール!
以前に登場した小学生チアっ子ありすちゃんの友人が入院していると聞いて、皆でお見舞いに訪れる話。しかし入院の部屋に訪れた時のあこちゃん(ありすちゃん友人)母の反応、まあこはねちゃんは確かに小学生に見えなくもないかもしれませんね…w

あと今回の話も宇希ちゃんと花和ちゃんは相変わらずだなぁと思いました。2人とも常に自身の推しのことしか考えていない。そしてその都度ツッコミを入れる虎徹ちゃん…w

しかし最後の急展開。あこちゃん、手術が不安だから皆に手術の日に来てほしいと言うのだけれど、なんとその日はチアの大会当日。果たしてこはねちゃん達はどう決断するのか…気になるところですが来月はこの作品、休載とのことで…うーん、2ヶ月もやもやしながら待つしかないですね。


・魔王の娘からは逃れられない
すっかり「やばくない人」扱いされている四天王に草ww


・精霊さまの難儀な日常
今回、いろはちゃんの編み物(菜幹さんへのプレゼント)をシィルちゃん達が影で色々手伝うという話でしたけど、ところどころで思わせぶりな描写があった回でした。

シィルちゃんの言う「大切な人」とか、なぜ彼女が持ってきた編み物の本がエストニア語だったのかとか、なにより最後のシィルちゃん…何か、話が大きく動きそうですね。


・異なる次元の管理人さん
仲間との再会編、最後のフェイエルさんはある意味重たいものを背負っているからすんなり行くのかなぁ…と心配していたのですが、予想外にすんなりと行ってしまいましたね。

まあ、作中でノナさん達も言ってますが、確かにフェイエルさんてそういう人ですわw

そして全員揃ったところでPolarisへ突入…いよいよ話はクライマックスへ、って感じですね。


今月は以上で。

連載陣はどれも安定していて面白いのですが、ただ今月は休載が多くてその分ゲスト掲載が多く、そのゲストが個人的にはあまりピンと来なかったのが…。

来月も休載が決まっている作品が既に2つありますし…うーん…。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...