「まんがタイムきらら'20年6月号」感想。
2020年 05月 17日 (日) 17:26 | 編集
では、今月9日発売の無印きらら感想、行ってみましょうか。


kirara_202006s


・表紙
今月の表紙は「奥さまは新妻ちゃん」。この作品もすっかり、無印きららの看板作品の一つとなりましたね。それにしてもでかい…(何がとは言いませんw)


では以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。


・奥さまは新妻ちゃん
ひかりちゃんのパンチラがやたら多かったのはサービスってことなんですかね? まあ逆にその代わり、新妻ちゃんのサービスカットが全く無い回でしたが。


・スロウスタート
先月の展開から花名ちゃん、とうとう皆に自分が浪人だったことを告白してしまいましたね。いやもうあの流れだと本当のことを言わざるを得ないと言いますか…。

それに対して3人の受け止め方がそれぞれ三者三様なのが面白いです。

栄依子ちゃんはある意味で薄々気付いていたみたい…ただ、花名ちゃんが自分らより年上と言うのは合ってたけど、なぜか浪人ではなく留年だと思ってたみたいで。だけど留年の原因が病気という辺り、良いところ突いています。

冠ちゃんは逆に自分たちよりも年下、飛び級で進級してきたのだと思っていた様で…いやでもしかし、冠ちゃんよりも年下に思われていたとか、これは花名ちゃんならずともショックでしょうw

対してたまちゃん。他の2人とは違って普通に同級生だと思っていたというのが、ある意味この3人の中でも最も素直なたまちゃんらしいです。

まあでも、受け止め方はそれぞれ違っていたけど、でも皆花名ちゃんが浪人していたからといってそれでどうと言うことはなく、彼女のことを認めて受け入れてこれまで通りと変わらない態度、というのは3人とも一緒。

栄依子ちゃんの「全部足したらプラマイゼロ」というフォローも良いですね。

花名ちゃんも笑顔になったし、彼女の中の色々もやもやしていた部分がこれですっきり解消されたんだなぁ…と。まずはめでたしと言ったところですね。

ただ後は、億さんの引きの微妙な表情が気になるところではありますが…。


・ぎんしお少々
第二話にして、人物関係がちょっと見えてきました。銀ちゃんの双子の姉妹が鈴ちゃんで、銀ちゃんは鈴ちゃんのこと大好きなんだけど全然タイプが真逆で、そんな鈴ちゃんは高校進学時に父親の異動先の方の学校へ行ってしまった、と。

で、写真大好きなもゆるちゃんはどうやら鈴ちゃんと知り合いらしく、それで銀ちゃんも、もゆるちゃんに対して少しだけ打ち解けることが出来そう…て感じですね。

でも鈴ちゃんともゆるちゃんの関係とか、どこでどう知り合ったのかとか色々と気になることはまだまだ多いです。


・むすんで、つないで。
やっぱりつなぐちゃん、本人が意識してないだけでハイスペック人間じゃないですか…まあ、元々美少女なのでコミュ力無くて黙っているだけなのもクールに見えたりとか、プラスに作用しちゃってるんだろうなぁ。

あとやっぱり薗部さん怖い…荒井先生の作品はどの作品でも薗部さん怖いですw


・トールさんの通り道
スライムってRPGだと大体一番弱い敵として出てきますけど、本来はこうやって相手を自分の体内に入れて消化しちゃうような恐ろしい魔物なんですよね…それにしてもトールさんがこういうの駄目だったのは僕もちょっと意外。

いや今までの彼女の行動とか見ていると、普通のきららヒロインには無い、他人をバッサリ切り捨てる様な部分とかあったし、そもそもこれだけ魔族がうろついている様な場所で商売やってる位だから免疫あるのかと思ってたんですけどね。


・きゃすとおふ!
前回のあまりにも潔すぎるメタネタに驚かされましたけど今回もかっ飛ばすなぁ。天使さんの言うサンクチュアリ、「日常の中で笑い泣き同じ時間を共にした少女たちが少しずつ仲を深めていく」とか完全にこれ、きらら系のことじゃないですかw

それにしてもリリーちゃん可愛いですね。でも彼女のきゃすとおふ能力、今回みたく彼女自身に跳ね返ってくるというパターンが今後増えていきそうw


・下を向いて歩こう
今回出てきた「ナミマガシワ」、気になってちょっとググったらメル○リがヒットして唖然…ホント何でも出品されまくってやがりますねあのサイト。

あと「銀化ガラス」、これも気になってググってみたら、作中に出てきた様な海底に埋まってたものではなく、古代の遺跡から発掘された何千年モノというのがお高い値段で取引されているんだなぁ…と。

それはそうと硝子ちゃんとシエルちゃん、急な雨のおかげでちょっと良い雰囲気ぽかったですけど、でも多分これ意識してるのシエルちゃんだけだな…硝子ちゃんは残念ながら浜辺に落ちているものにしか興味ないですよねw


・海色マーチ
今更ながら欄外のあらすじに主役2人のことが「あんまり仲良くない」と書かれているのに気付いて吹き出しましたwいやでも、主役コンビがこれだけ仲良くないきらら作品もなかなかに珍しいですよね。

それはそうと今回皆が向った久高島、調べたら本当にガチで神の島なんですね…景色すごく綺麗そうだし、いつか行ってみたいと思いました。


・みらいちゃんねる
加子さんの言う「桜のイメージ」にすごく納得してしまいました。確かに卒業式の桜って舞い散っているけど入学式は満開のイメージ…だけど時間軸で考えたらそんなことあるはずないんですよね…。

それはそうと加子さん、妹にデートのおねだりとか本当に駄目なお姉さんっぽいけど、だけどこれも多分、初ライブを前に緊張している未来ちゃんの緊張をほぐすためなんですよね。そう考えると良いお姉ちゃん…かもしれない…?


今月は以上で。

うーん無印きらら…ちょっと休載多過ぎますね。来月の表紙もこれ…本当に大丈夫なのかなぁ…。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...