2009年10月・山陰・鉄道郷愁旅(11)
2009年 10月 31日 (土) 19:00 | 編集
- 松江の城下町 -

2009年10月14日(水) 天気は少し曇り気味。天候に恵まれたこの旅行だったけれど、最後の最後でちょっと天気崩れてきたかな…。

そして朝、目が覚めると胃が少々ムカムカ…。やっぱり昨日ちょっと飲み過ぎたかな?w

とりあえず風呂に入って二日酔いを覚まし、そして朝食。和洋折衷のバイキングで、品数も多くってデザートまであったりと、かなり豪勢なバイキングでしたよ。と言うワケで、朝からガッツリ頂きます。って二日酔いはどこへ行ったの俺?w


朝、9時過ぎ。にホテルをチェックアウト。宍道湖温泉の駅で荷物を預け、ここから松江の町へと繰り出します。

松江の町は、静かで落ち着きのある、なかなかにイイ風情。町の真ん中に松江城があって、お城のお堀から続く川(堀川)が町中を通って、それが独特の情緒を造り出しています。

途中、土産物屋をのぞいたりしながら、まず僕が向かったのは「松江堀川遊覧船」。遊覧船に乗って堀川巡りが出来るのです。この遊覧船の乗り場は、町中に幾つかあって、僕は松江城に程近い場所から乗ってみることに。

200910_sanin076

遊覧船はこんな船。10人程度が乗れる位の、小さな船です。船上には屋根が付いているんだけれど、実はこの屋根がなんと可動式。と言うのも、堀川には無数の橋があって、そのうちの幾つかは川面からの高さがかなり低く、そういった橋を通る際には屋根が下へと下がって、橋に衝突しない様になっているんですよ。

これはなかなかに面白い。さあ、とりあえずまずは乗船。乗船券は1200円。なんだけれど、実は一枚買えば一日乗り放題。なので、この遊覧船はただ単に遊覧船として楽しむだけでなく、松江の町巡りの足としても使えちゃうんですね。お城近くの乗船場から乗って、別の、もっと町中の乗船場で降りて散策する、と言った具合に。


さて、僕の乗った船。乗客はなんと僕独りw嬉しい貸切であります。船はまず、お城の周りをゆっくりと一周。

200910_sanin077

お城の石垣を眺めつつ。

200910_sanin078

武家屋敷などがある、昔ながらの町並みを残した通りもあります。

200910_sanin079

木々の間をくぐりぬけて…。


やがて内堀から外堀へと抜けて、町の中を船は行きます。途中幾つもの橋の下をくぐり、何度かは本当に屋根が下がって来ます。この屋根が下がる時は、こちらも合わせて頭を下げなくてはならず、ちょっと体勢が苦しいw

と、曇りがちだった天気から、やがて小雨が…。ああ、とうとう降り出してしまったか。でもまあ、屋根があるので船に乗っている間は幾ら雨が降ろうとまるで問題無し、ってもんですが。

お城の周りを巡って、そこから町へと出て一周し、またお城へ戻って来て…。この堀川遊覧は一周約50分。風情のある町を、自分の足で回るのも勿論イイけれど、こうやって船から眺めると言うのもなかなかにイイもんです。


さて、次は松江城へ。…だけども、雨が…なぁ。

なんて思いつつ、遊覧船の待合室でちょっと雨宿りしていたら、ほんの5分ほどで雨はやんじまったよ!! ああ…やっぱり俺は晴れ男だ。うん。

200910_sanin080

松江城はなかなかに立派なお城。何と言ってもこの城、天守閣が再建じゃあなく、昔に建てられたそのままが残ってるんですね。日本全国各地に城はあれど、そのほとんどが昭和に入ってから鉄筋コンクリートで再建されたもので、戦国時代に造られた木造のままが残っているのって、ほんの数える程しか無いんですよね。

昔のままの造りだから、内部は階段だとかが凄く急。バリアフリーなんてあったもんじゃないwまあそもそも、外敵の侵入を防ぐ造りしなきゃいけないワケだから、階段とか登り難くて当然なんだけれど。

200910_sanin081

天守閣から松江の町、そして宍道湖を望んで…。


堀川遊覧の船に、松江城と観光を済ませ、時間はちょうどお昼時。ここで昼食とします。向かったのは松江の町中にある「季節の風 蔵」。裏通りにあるのでちょっと分かりにくい。…と言うか、迷ってしまって2度ほどお店に電話してようやくたどり着けました…w

お米にこだわった、美味しい丼ものが色々とあるこのお店。僕が頼んだのはそう、松江・宍道湖と言えばもうこれしかない!! しじみ丼のセット。お値段は1300円ほど。

200910_sanin082

しじみ丼に、野菜の炊き出し。漬物に山かけ、しじみの佃煮にそしてしじみ汁。もうね、絶品でありました。しじみ丼はちょっと甘い味付けで、口に含むとご飯の美味しさにしじみの旨みが合わさって口中に広がって…。何と言うか、滋味って言うのか。宍道湖の美味しさがギュウって詰まってます。

この丼の上に、山かけをかけるとまた違った美味しさになって…。湖の豊かさに今度は大地の恵みが加わるって言うのかね。うん、ホント美味しかったです。


…ただね、この旅行中の暴飲暴食が最後になって胃に来ちゃったって言うか、お昼食べ終わったらなんかすげー胃が重くなったwつか、まあ飲み過ぎなんですよね。特に昨日の夜に。


お昼ご飯を食べて、今度は土産を買いに。国暉酒造さんと言う造り酒屋で日本酒を2種、そして島根物産観光館で八雲塗の杯を買って、これで松江の観光は終了。

さあ、午後からは出雲大社へと向かいます!!


2009年10月・山陰・鉄道郷愁旅(12)へ⇒


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...