「ARTE LATINO CAVA BRUT」。
2009年 12月 24日 (木) 23:41 | 編集
「けいおん!」YMOの新作がもう面白過ぎて…。



と言うか、もう「唯ちゃん=moog」で決定なのねw

澪が細野さんで律が幸宏さん、ムギが教授で梓が香津美。と来れば唯ちゃんは松武ポジションかと思いきやmoogって…。メンバーじゃねぇどころか人ですらねぇよソレw
でもあるイミ一番重要なポジションではあるけれど。


しかし観てて思うのはやっぱり、唯ちゃんてホント可愛いですよねぇ。こんな妹が欲しいよマジで。って、MAD観ながら可愛さを再確認してるとか、なんかもう色々なイミで間違ってるよなぁ俺。








ところで。今日はクリスマスイブですね。


と言うワケで、せっかくなんで帰りにヴィノスやまざき寄ってスパークリング買ってきましたよ。やっぱりホラ、クリスマスと来ればシャンパンとかスパークリングとかあると、なんだかそれっぽくなるじゃないですか?





…まあ、もちろん独りで飲むんですけどねw




いやまあ、基本的にはクリスマスだとかのいわゆる「カップル文化」と言うか業界の陰謀的に仕組まれた行事ごととか嫌いなんですがね。でもソレにあえて乗っかってみるのもたまには面白いんじゃないか、と。うーんヒネくれてるなぁ俺。




まああとは、クリスマスと来れば2chのスレだとかでよくやってる様な感じで、モニターの中の彼女と乾杯してる姿とか写真に撮って載せたら面白いんじゃないかとか考えたんですが、さすがにそれはちょっとあまりにも痛過ぎるので自重しますw



買ってきたのはコレ。

「ARTE LATINO CAVA BRUT」
(アルテ・ラティーノ・カヴァ・ブリュット)

WINE_20091224_01

WINE_20091224_02

スペイン産のスパークリング。マカベオと言う、スペインでよく使われる品種主体らしいです。ハーフボトルでお値段は780円と大変にお得。


まあ、本当はもうちょっと値段出しても良かったんですけどね。でもなかなかコレ!!と言うのが無くって…。


と言うのも、正直一人でフルボトル飲み切れる自信も無いので、ハーフボトルがイイなぁと探してみると、意外に泡系のハーフって置いてないんですよね。

まあ別にフルボトルで買ってもイイんですけどね。実際、ワインは基本的にフルで買ってますし。


でも普通のワインならフルで買って、一晩で飲みきれなくっても別に栓して冷蔵庫に入れておけばいいんですよ。数日間位なら別にどうってことないし、むしろワインによっては一晩置くことで味が柔らかくなって美味しくなることすらあったりするし。


でもこれが、スパークリングだとかシャンパンだったりすると、さすがに一度開栓しちゃったものを置いておくワケにはいかないと思うんですよ。泡が抜けちゃったらもうそれ、スパークリングじゃなくなっちゃうし…。

と言うワケでこのチョイスと相成りました。これ以外でハーフで売ってたのとなると、一気にお値段が上がっちゃうんですよ。ハーフのクセに3000円オーバーとかwおまけに冷えたのが置いてなかったし。


さて、それじゃあいよいよ開けてみますか。


ハーフボトルで、おまけにこのお値打ち価格であっても、きちんとコルクの栓がしてありますよ。これをキュッキュって押し上げてやると…ポンッ!! 小気味良い音がして、無事に抜栓完了です。

グラスに注いでみると真っ白な泡がジュワーっと立ちあがります。抜栓時の音だったりこの泡立ちだったり、やっぱりこうスパークリングって、めでたい時の乾杯の飲み物って雰囲気ですね。


色はクリアーでごく薄めのレモンイエロー。香りはイースト香って言うんですかね? 泡系特有の香りがふわっと立ちこめて、その奥には白い花のニュアンス。焼きりんごの様な甘いアロマもかすかに感じます。


口に含んでみると…非常にスッキリ、軽やかな味わい。ボディ感はごく軽くって、キレのある辛口なんだけれど、でもドライ過ぎる感じじゃあなく、適度なフルーティさもあって飲みやすいですなぁ。

甘酸っぱい味わいと炭酸とが織りなす爽やかさ。そして焼きりんごっぽい甘いアロマが口の中に入れるとハッキリと姿を現してきますね。

さすがに複雑さだとか奥行だとかは無いけれど、でもその分逆に親しみやすさに溢れてて万人受けしそうな感じもします。


パーティ向き、と言える程の華やかさは無いけれど、もっとこうカジュアルな会の乾杯にはいいかもしれませんね。あるいはぐっとくだけて、夏の屋外バーベキューとかに持ち込んでガンガンに冷やしたのを飲るのも面白いかもしれないなぁ、なんて思います。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...