2009年を振り返って。
2009年 12月 31日 (木) 13:41 | 編集
と言うわけで、2009年も今日一日で終わっちゃうワケであります。なのでまあ、最後に今年一年を振り返ってみましょうかと。


(1)酒
今年はもうすっかりワイン熱が復活した年でした。何年か前にワインは凄く好きでハマってたことがあって、でもそこからはちょっと離れて日本酒や焼酎の方へ行ってたんだけれど、でもまたワインに戻ってきちゃった感じです。

このブログ見返してみると、1年の間に70種類ほど飲んでレビューした模様で。我ながらよく飲んだもんですねぇw


(2)鉄
年明け早々に米坂線二連発で始まった、今年の鉄旅でした。でもそれ以外は秋に山陰の方へ行った位か。以前はもっとこう、日帰りであちこち乗りに行ってたもんですけどねぇ。どうもそこまでの気力が無かった一年だったと言うか。

まあでも来年はまた、年明け早々に大糸線のキハ52と高山本線富山口のキハ58とに会いに行く予定ですし。旧型気動車の最後をあれこれ見送る年になるんだろうな。


(3)音
ハイ、相変わらず幸宏さんとボカロしか聴いてませんw 幸宏さんは春の再発ラッシュ祭りからライブ行ったりと今年は本当によく聴いたなぁ。てか、ライブとかイベント3つ行ったけど、そのどれもが幸宏さん目当てって…一体どんだけ幸宏さん好きなんだよ俺。

ボカロなんですが、以前は週間ボカランとか観て新着チェックとかしてたけど、最近はもうそこまでしなくなったなぁ。と言うか、正直「HMOタグ」やお知り合いさんの曲しか聴いてないですw

でもその分逆に(?)造る方にハマりだした…のかなぁ? でも昨年はたった2作しか出来なかったけれど今年はなんだかんだで5月に1つニコに上げてからはほぼ毎月ペースで何かしら造ることが出来ました。

そのうち、「精一杯の微笑み」なんかは(再生数は低いですが)気に入って頂けた方がいらっしゃった様で宣伝とかして頂いてしまったり、「ふわふわ時間」はニコ生のボカロアニメソング特集で取り上げて頂いたりと、なんだか色々とありがたい経験をさせてもらえました。

極めつけは今月に上げた「スカボローフェア」。ニコ生の「世界の新着動画」で取り上げて頂いておまけに無事に完走した模様で…おかげで再生数やマイリスも凄く伸びて…。本当に本当に嬉しかったです。

…まあ、「世界の新着動画」の存在知らなかったんで最初は本気で焦りましたがw
ニコ動のバグかとマジで思った。俺の動画がこんなに伸びるハズ無いと。

来年ものんびり、自分のペースで打ち込み取り組んで、あれこれウチのコ達に歌ってもらいたいなぁと思ってます。選曲はきっと今年同様に、無節操極まりない感じになると思いますが…w


(4)その他
いや…今年はもう「けいおん!」これに尽きるでしょう。今年がどんな一年だったかを四文字で表すのならもう「けいおん!」で決まりです。あ、「!」入れたら五文字かw

軽い気持ちで観始めたアニメだったんだけどねぇ…あんなにハマるとは自分でもビックリだ。

・BD全巻揃える
・BDで揃えたいが為にBDプレーヤを購入
・DTA(デスクトップアクセサリー)を購入
・コミックス揃える
聖地巡礼しちゃったw
・キャラソン全員分揃える
・「放課後ティータイム」名義のCDやサントラももちろん購入
・挙句の果てには楽譜買ってウチのコに「ふわふわ時間」とか歌わせる

うん。我ながら尋常じゃないハマりっぷりだよもう。数年前に「らき☆すた」観てた時もかなりハマってたけど、でもあの時はDVD揃える程度だったのに。キャラソンまでは手出さなかったのに…。

おまけにこの「けいおん!」ハマったせいで、原作載ってる「まんがタイムきらら」買い始める⇒萌え四コマそのものにハマると言う何この負のスパイラル。

ふと気づけば「けいおん!」以外にも

・うぃずりず1~3巻
・Sweet Home1巻
・ダブルナイト1巻
・あっちこっち1~2巻
・アットホームロマンス1~3巻
・ゆゆ式1巻
・チェルシー1巻

芳文社のコミックスこんだけ買ってたwでも多分まだまだ増えると思う。て言うか既に通販注文で取り寄せ待ち中なのが一つあるし。しかしアレだな、気に入った漫画の方向性がバラバラだなぁ俺。まあどれもに共通しているのは「かわいい」ってとこなんだけれど。

うん、可愛いものが好きなんですよ僕。そう。別に「萌え」とかじゃあない。単に「可愛いものを愛でているだけ」なんです。うん、そうだそうに違いない。ペットの犬や猫を愛でるのと同じだよ同じ。


ところで「まんがタイムきらら」なんだけれど、「無印」「キャラット」「MAX」と三つ読んでみて、イチバン最後に買い始めた「MAX」が実は一番僕の好みに合ってたかもしれないことに気づいたり。

なんと言うか、「MAX」は他二誌に比べてよりマニアックな感じがするんですよね。まあ全体的に百合度が高めってのもありますがwでもそれだけじゃあなくって、個性の強い作風のものが多い気がします。

「無印」「キャラット」のノリが少年誌のそれだとするんなら、「MAX」にはどこか青年誌っぽいノリを感じるんですよね。まあ「萌え四コマ」に少年誌も青年誌も無いだろって気もしますがw

とりあえず「MAX」はコミックス買おうかなと考え中の作品が既にもう4つもあるんだがwああ、一体どこまで増殖するんだろう萌えコミック。て言うか一体どこへ行こうとしているんだろう俺。


まあ、そんな感じで迷走を果てなく続ける僕とこのブログですが(苦笑)、本年一年間ありがとうございました。ではまた来年も宜しくお願い致します。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...