たまには渋く(?)ウイスキー「ボウモア12年」。
2010年 02月 05日 (金) 00:39 | 編集
いつもなら休みの日の夜はのんびりゆったりとワインを開けて、この時間にはもう大抵かなりぐでんぐでんに酔っぱらっていたりするんですがw、今日はまだシラフでございます。まだ一滴たりとも飲んでいません。


…と言うのも今日は大事なミッションがあったので。日付が4日→5日に変わると同時に発生する大事な大事なミッションが。




そして今しがたそのミッションを終えてきました。


結果から言ってしまえば…まあ、その…。




負けたんですけどねorz



詳しくは先程の日記に。ああ…雪ミクさん冬の間に会いたかったなぁ…(涙






さて、そんなワケで今日の酒。

今日はもう、ミッションに備えて(?)夕食も早々と取ってしまったので、食後酒なものをちびりちびりと飲るとしましょう。日中、新宿まで行く用事があったのでついでに伊勢丹に寄ってウイスキー買ってきちゃいました。


「ボウモア」の12年。

ブレンドではなく、シングルモルトのウイスキーです。お値段は4000円ほど。

何やら小洒落た円筒形のケースに入っています。

WHISKY20100204_01


WHISKY20100204_02

WHISKY20100204_00

僕は普段、ウイスキーなんてほとんど飲まないのですが、実家の両親が好きみたいで、実家に帰るといっつも置いてあるんですね。ジョニーウォーカーの黒とか緑とかが。そんなワケで、帰省した際は食後にちびちびと飲んだりすることはあるんですけどね。

でも自分用に買ってみたのは初めてかな?



…でもそう言えば昔、一度だけ買ったことあったなぁ。


いや、もう何年も前なんですけどね。昔、まだ景気が良かった頃に勤め先の社員旅行で海外へ連れて行ってもらったことがあったんですよ。で、海外行くとなれば当然家にも土産がいるだろうと思ってウチの両親に何が欲しいか聞いてみたら「ウイスキーがイイ」と。

まあ僕は「ああ、酒飲みのウチの親らしいな」と思っただけだったんですね。ところがウチの親、何が欲しいかその銘柄まで指定してきたんですね。曰く、「ジョニーウォーカーの青がイイ」と。


で、僕。


旅先で免税店入ってビックリしました。



だって、ジョニーの青って…。



めちゃ高いんですけど。



うん、確か当時、免税店で軽く1万は超えてたよ? なにぶん、その頃の僕はまだ会社勤め始めて数年の若僧でしたから、1万なんて大金なワケですよ。それも酒に1万とかマジありえないと。つか、それを平気で息子に要求するウチの親マジでありえないとw

まあ、きちんと買って帰ったんですけどね…。


で、それはまだイイんですが。


そしたらウチの親。

買って帰ったジョニーの青を、その日のうちに全部飲みきりやがりましたw


いやそもそもウイスキーって、そんなガブガブ飲むもんじゃないじゃないですか。普通はこう、ちびりちびりと味わって楽しむものでしょう。それもそんな高級なものとなれば尚更ですよ!! それを一晩で飲み干すとか本当にあり得ねぇです。

…まあ、正確には親だけじゃなくて僕も加わって3人で飲み干したんですけどねw


さて、そんなワケで前置きが長くなってしまいましたが。

今日の「ボウモア」は、上にも書いたとおりシングルモルト。普通、日本でウイスキーと言えばブレンドの方が主流みたいなんですけどね、でも敢えてシングルモルトのものに挑戦してみました。


さて、ウイスキーと言えばまあ普通はロックで飲むんでしょうが、まずはこれをグラスに入れて同量のミネラルウォータで割ってやります。いや昔「美味しんぼ」で読んだんだけれどね、なんでもこうするのが一番ウイスキーの本来の味と香りを味わえるんだとか。

で、グラスもロックグラスじゃなくってテイスティンググラスみたいのがイイとか。

ちょうどイイことに、小さめのワイングラスが部屋にあったので(昔、勝沼のメルシャンで貰ったもの)それに注いでみることに。色は琥珀色に輝いて実に綺麗。ウイスキーってイイ色ですよねえ。


香りを嗅ぐと、樽の甘ーい香りがふわっと漂います。実に魅惑的。口に含むとトロリとしてまろやかで、実に円熟していてうん…まあなんと言いますか…。





ごめん。


ウイスキーなんて普段飲みつけてないから味の表現とかどうやったらイイのか分からんわw


なんかね、ネットだとかあちこちで見るとこの「ボウモア」はほんのり潮の香りがしてとか書いてあるんだけれど…うーん、そうかぁ?w


よく分からんのでもうロックで飲んじゃいますw

実家で何度かロックで飲んだ「ジョニ緑」なんかに比べるとどこかこう、荒々しいと言うか「漢」ぽい印象を受けるかな? 荒々しいと言っても勿論、洗練されてないとか下品とかそういうマイナスの意味じゃあないです。良い意味での荒々しさと言いますか。「洗練」の対称としての「野卑」と言うのか。


しかし…ウイスキーはやっぱり度数高いだけあって…来ますなぁ…。ちょっと飲んだだけなのにふらふらっとしますwまあもう今日はヤケ酒モードなんでイイんですがねwww

悔しいから雪ミク受注生産分3体オーダーしてやるっ!!


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...