冬の米坂線・旧型気動車と酒と温泉の旅(8)
2009年 01月 19日 (月) 02:17 | 編集
- 再びの米坂線 -

10時21分荒砥発の山形鉄道の列車に乗って折り返す。

本来なら、このまま赤湯まで戻り、奥羽本線で米沢へ出るつもりだったのだが、急遽予定変更。途中の今泉で降り、米坂線に乗り換えて米沢へ出ることにする。

今回の旅、せっかくなら少しでも米坂線の旧型気動車に触れる時間を増やしたい。


今泉に10時53分に到着。ここで11時04分発の快速「べにばな」に乗り換えるのだが、ここで異変発生。

風雪の影響で、「べにばな」がどうやら遅れている模様。


待つことしばらく。

11時過ぎに、反対側の坂町方面の列車は定刻通りにやって来た。





…って、お前かよキハE120!!

yonesaka200901_41


そう。そうだ…コイツのせいで米坂線の旧型車達は…。

旧型気動車好きにとっては非常に憎ったらしい存在だw
でも実はキハ110よりも好きだったりするけど。





しかし坂町行きのキハE120は今泉の駅に停まったっきり出発しようとしない。


対向列車の「べにばな」が遅れているから発車したくとも出来ないのだ。
そうだそうやって待ちぼうけをくらってるがイイさ、ああ旧型車の呪いなのさ!!





待つことしばらく。


11時を15分ほど回って、ようやく「べにばな」がやって来た。


果たして…今日の「べにばな」は…??




車両は米沢寄りにキハ52、色は新潟色。

yonesaka200901_42

(米沢駅にて撮影)



昨日乗った車両と同じコ…では無い。

新潟色のキハ52と言う点では同じだが、しかし別個体。よくよく見ると、今日のコは前面強化タイプ。フロントガラスの下部が鉄板でちょっと膨れているのが分かる。

つまり、昨日のコの方が顔立ち整ったカワイ子ちゃん(死語)ってコト。


でも車内は今日のコの方が良かったり。

yonesaka200901_44

ロングシートが戸袋部分のみで、ほとんどオールクロスシートとなっているのだ。「べにばな」みたいな長距離を走る列車にはこちらの方がふさわしいか?


ちなみにペアを組んでいるのはキハ40。タラコ。

yonesaka200901_43

やっぱりタラコ色のキハ40かっこいいよ。

でもこのコ、中はオールロングシートだったり…当たり車なのかハズレ車なのかサッパリ分からんwww



さて。

僕の予想では、今日の「べにばな」は国鉄色のキハ58が来るハズだったのだが…見事に予想はハズレてしまった模様。


これは僕も直前に某所で勉強して知ったことだが、米坂線は毎日7本の編成が運用に入っていて、それぞれA1、A2、A3、A4、A5、A6、A56となっている。

このうちA56だけが新型(キハE120+キハ110)。

他の6本はすべて旧型気動車となっていて、毎日日替わりで運用しているのだが、基本的にはA1に入った編成が翌日A2、A2は翌日A3、A3は翌日A4…と言う形になっている模様。

ちなみにA1と言うのが快速「べにばな」に入る運用。


今回の旅行の出発前日はA6がキハ52+キハ40の新潟色コンビ、そしてA5がキハ58の国鉄色と言う情報を某所から得ていた。

つまり、出発当日は前日のA6→A1で青いコが僕の乗る「べにばな」に入るだろうと言うのは既に知っていたし、順当に行けば旅行2日目はA5→A6→A1と来た国鉄色が「べにばな」に入るのではないか、と予想をしていたのだ。


が、実は昨日。A6とA56の運用が逆転と言う事態が起きていたらしく、その為か運用が乱れてしまっている様な…。ああ、国鉄色キハ58乗りたかったよ。


「べにばな」は定刻より遅れたまま走り、米沢に着いたのは11時45分頃。



さて。昨日は国鉄色キハ52+タラコのキハ40を見て興奮したこの米沢駅。今日はなんと大好きなキハ58が停まってたよ!! 新潟色のキハ58、間近で見るのは初めて!!

yonesaka200901_45


車内はセミクロスに改造されてしまっているのが少し残念。

yonesaka200901_46

それでもデッキ付きの客室内はやっぱりキハ52やキハ40よりもワンランク上の車両、て感じがするよなぁ。


このキハ58、米沢駅12時16分発の列車に充当されると言うことで、乗って行きたいけど…でも後のスケジュールに響くから…と今日もやっぱり泣く泣く諦めorz


…しかしやっぱり、キハ58かわいいなぁ。大好き。


冬の米坂線・旧型気動車と酒と温泉の旅(9)へ⇒




Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...