「若鶴 純米吟醸 生粋」。
2010年 02月 20日 (土) 23:27 | 編集
今日はやりたいことのたくさんあった一日でした。

(1)ハンズから届く本棚の組み立て・本類その他の整頓
(2)ブログの旅レポを書く
(3)現在打ち込み中の某曲を完成させる
(4)アマゾンから届くコミックスを読書


(1)についてはまあ、無事に終了。組み立ては面倒なところもあったけれど、でもまあきちんと本棚が出来て、今までテーブルの上に積まれていたコミックスも収納出来てまあ良かったかな、と。でももう一つ、フィギュア類の置き方…と言うか見せ方を工夫したいなぁ。
まあ別に誰も見に来ないし僕の自己満足でしかないけれど。

(2)に関しては結局、旅の1日目午後の五箇山見学しか書けなかった…。本当は1日目分は全て書き切りたかったんだけれどなぁ。うーん。まあとりあえず今日書いた分がコチラ↓
・2010年2月・冬の北陸・旧型気動車と食の旅(4)

(3)に関しては一応、ボーカル(ミクちゃん)・オケ共に最後まで打ち込み終わり。だけどもうちょっと微調整あれこれしたいところ。まあオケに関してはどうせいつもの下手っぴこれ以上やりよう無いかもだけれど、ボーカルに関してはもっともっと幸宏唄法マネさせたいなぁ。

(4)に関しては「表色89x系」は読んだ。凄く面白かった。でも「落花流水」は全く手つかず。どうしても自分、本読むのが遅いんだよなぁ。四コマのコミックスですらこの遅さってどうなの俺?w


あとはハルヒの映画観に行きたいんだけれどなぁ…。一応来週の休みに行こうかと思っているんだけれど、事前に原作やらテレビシリーズやらで予習(?)しておいた方が良いのかしらん?


と、まあそんなところで。今日の酒。

今日は日本酒です。先日の北陸旅行で買ってきたもの。でもってイイ日本酒にはイイ杯を。ってコトでこちらもやはり北陸旅行で買ってきたものをね。てワケでまず先に本日の杯のご紹介~。


金沢駅近くにある「黒龍堂」さんって言う九谷焼のお店で買ってきました。

kutani20100220_00

きちんと木箱に入っちゃってますw



では、お披露目~。


kutani20100220_01a

平たい杯で、内側に花と鳥とが描かれています。九谷焼って、この色使いがイイですよね。赤に青、緑に黄…。基本的な色の要素が散りばめられているんだけれど、でも白の地が多く取ってあるおかげでくどさが無く、ただただ美しく愛らしい。

平たい杯と言うのも持っていなかったので僕にとっては新鮮。しかしこの鳥、何の鳥なんだろう? 鮮やかな色からインコ?とか思ったんだけれど、でも純和風の焼き物にそんなモチーフ使うワケねぇよなぁw



で、本日のお酒はこちら。

「若鶴 純米吟醸 生粋」

sake20100220_02

sake20100220_01

富山県は若鶴酒造株式会社さんのお酒です。実を言うと実家に同じお酒を送っておいたのだけれど、両親から「凄く美味かった」と電話があったので、味はきっと間違いないのでしょう。って親に毒見をさせてんのかソレって?w
なんと言う親不孝な俺…orz

さて、まずはこれをワイングラスに入れてテイスティング。グラスに注いでみると、色はほんのーりとごく淡くベージュぽい色がかってるかな。と言ってもほとんど無色透明なんですけどねw

鼻を近づけてみると、きちんと日本酒っぽい香り。「純米吟醸」とあるけれど、フルーツぽい吟醸香とかはそんなに感じなくって、アルコールぽい感じと米の風味が漂ってきます。

グラスの中で回したりしてみると、少ーし甘い香りも上がってくるかな? と言ってもやはり吟醸香と言うほどじゃあなくって、香りの印象からはスッキリとキレのある淡麗日本酒ってイメージ。


さて、飲んでみます。



口に含んでみると、思った通りのスッキリ系な日本酒。キリリと引き締まった辛口。でも辛口ではあるんだけれど、変に痩せてたりいがらっぽい感じとかは全く無く、米由来のふくよかな旨みと甘酸っぱさとがあってとっても飲みやすい。

クセの無い味わいで、スルスルと喉に入ってしまいます。この飲みやすさは新潟あたりのお酒とも共通するものがあるかも。やはり同じ日本海寄りの雪国同士、造るお酒も似た雰囲気が出るのかもしれません。

そして味が透き通っています。澄み切っているんですね。クリアーな味の日本酒。富山の豊富な魚介類と合わせたら、その美味しさを凄く引き立ててくれそうな、そんな日本酒でもあります。


あとはこれを、九谷の杯でゆるりとね。

kutani20100220_03

日本酒用の器って、そのまま置いて眺めても綺麗で楽しいけれど、でもやっぱりお酒を注いだ時に一番美しく見える様に造られているなぁと、そう思います。


富山で買ったお酒を、金沢で買った杯で飲りつつ、北陸旅行の想い出に浸る…。こんな休日の夜もイイかもしれません。

て、想い出に浸ってばかりいないでさっさと旅レポ起こせって気もしますが(苦笑)


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...