冬の米坂線・旧型気動車と酒と温泉の旅(10)
2009年 01月 19日 (月) 18:19 | 編集
- 旅の終わりに・三度の米坂線と -

タクシーで駅へと戻り、構内の土産物屋を覗いたりしながら時間をつぶす。


15時半を回った頃、改札を済ませホームへ。

僕が乗るのは、米沢16時08分発の坂町行き。寒い中、ホームで待っていると15時45分頃に入線してきた。

yonesaka200901_52

車両は、青い新潟色のキハ52。


yonesaka200901_53

車内はロングシート部分が少し多めなセミクロスシート仕様。


相方は青いキハ40。ちなみに写真完全に撮り忘れてたww
やっぱりキハ40は注目されないカワイソウなコ。


と言うことで、昨日の朝乗った「べにばな」と同じ車両だ。この坂町行きの普通列車はA2運用で、恐らく昨日のA1がそのままA2に入ったのだろう。

…と思ったのだが、同じ編成な様でいて実は違っていたことに後で気付く。昨日の「べにばな」はキハ52-120で、今日のこのコはキハ52-121なのだ。

う?ん…一体運用がどうなっているのかよく分らなくなってくる。


何はともあれ、坂町行きの普通列車は定刻通りに米沢駅を出発。と、同時に僕は駅の売店で買ったヱビスを開ける。

yonesaka200901_54

基本的には旧型気動車に乗る時は飲まないことにしているのだが、今回は別。旅の最後の打ち上げだ。雪の中頑張って走ってくれている、この老兵への感謝の念も込めての乾杯。


車内は空いていて、人のいないボックス席もある程。真っ白な風景を眺めつつ、いつしか僕はうとうとと居眠り。

ハッと気付くと、もう窓の外は暗い。時間はまだ17時過ぎ位なのだが、雪国の日はすっかり暮れてしまった模様だ。


暗闇の中を走る旧型気動車に揺られていると、色々なことを思い出す。去年の冬に乗った秋田の「よねしろ」。初夏に乗った気仙沼の「南三陸」。どちらも、日の暮れた闇の中を走った車両だった。

更にもっとずっと昔。父親と一緒に高山へ行った時、帰りに乗った急行「のりくら」を思い出す。真っ暗な夜を走りぬける気動車の車内で、駅弁を食べたんだっけなぁ。


旧型気動車は、様々な想い出を抱えて走って行く。


18時13分、終点の坂町へと到着した。

yonesaka200901_55

キハ52の車体にこびりついた雪の量が、冬の米坂線の厳しい自然環境を物語っている。

とにかく、お疲れ様でしたキハ52。…そして、ありがとう。

キミのことは、ずっとずっと忘れないよ…。



さて。米坂線の旅はこれで終わったのだが、しかし今回の旅自体はまだ終わったワケじゃあない。これから新潟へと出て、東京へ戻るまでが旅だ。


…と、ここで異変。


どうやら羽越本線の列車が、大雪と風の影響で上下共に遅れまくっているらしい…。なんと言うコトだ、旅の最後に来てトラブルとは!!


駅の外へと出てみると確かに物凄い吹雪。

yonesaka200901_56

ロクに駅舎も見えやしない。これじゃあ列車も遅れるわw


僕が乗る予定だったのは18時57分坂町発の新潟行普通列車。だが、その前の列車からして遅れまくっているので、いつになったら列車が来るのかが全く分からない。


待つことしばらく。


本来ならもうとっくに行ってしまってるハズ(当然乗れるハズじゃあ無かった)の、17時23分発の特急「いなほ」が70分遅れでもうすぐやって来るとアナウンスが入ったので、そちらに乗ることにする。


やって来た「いなほ」は485系の、しかも国鉄色でテンションあがる!!!

yonesaka200901_57

(「回送」幕になっているのは新潟駅で撮った為w)


本来なら乗る予定じゃ無かった(と言うか乗れるハズも無かった)、特急「いなほ」。それが国鉄色でやって来たと言うのは、この吹雪の列車遅れの影響が良い方向に働いたと言うコトか。

何にせよ、旅のラストに国鉄型特急に乗れたと言うのは、国鉄車両を楽しむのが第一目的の今回の旅にふさわしい締めとなった。


*******************************************************


米坂線の旧型気動車達は今度の3月で姿を消してしまうけれど、でも最後のその時まで、ずっとずっとその素晴らしい雄姿を披露し、堂々と走り続けて欲しい。

最後にもう一度。


ありがとうキハ52!! ありがとうキハ58!!

僕はずっといつまでも、キミ達のことを忘れないだろう。
ずっとずっと…大好きだから。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...