水戸コミケとメイド列車と社長を囲む会と…とてもカオスな一日のこと(後編)
2010年 03月 23日 (火) 15:15 | 編集
鹿島臨海鉄道のメイドトレインも体験し、さあ今度はいよいよ本日のメインイベント!!

そう…「ひたちなか海浜鉄道社長を囲む会」であります。


水戸からJRで勝田へ。勝田に着いたのは15時半くらい。今日のイベントは17時からの受付開始と言うことなのでまだまだ時間があります…。

と言うことで、フリー切符買って勝田⇔阿字ヶ浦往復して遊ぶことにwいやだってこれが「鉄」にとって最もいい時間つぶしだからねぇ。

ちなみに湊線のフリー切符までもが今日は「萌え」一色。

20100322moetetsu_17

ど う し て こ う な っ た w
でもこのおにゃのこかわいい。ぼくに下さい。


湊線のホームに行くともう列車が停まっていたんだけれど、なんとこれが旧型車三連だったもんだからもう俺大興奮。一両だけでも充分な存在感を誇る旧型キハを三両もくっつけちゃうってどんだけ贅沢なんだ!! たぶん今となってはもう、こんな豪勢なことやれるのは日本全国でここだけだろうなぁ。

ちなみに編成は、勝田寄りから順にキハ2005、キハ205、キハ222。

そして実は、キハ2005を一般向けに開放し、あとの二両をメイドトレインとして運行中だったみたいですね。

この湊線のメイドトレインは勝田からの乗車不可と言うことだったので、僕は勝田寄りの一般向け車両キハ2005に乗りこむことにします。



…でもね、全然問題ナッシィング。




なぜなら…この三両のうち、キハ2005が最も乗りたい車両だったから!!




20100322moetetsu_10




見よ、国鉄急行色をまとったこの雄姿を!!




このキハ2005、前は通称「茨交色」に塗装されていたのが、最近になってこの塗装へと生まれ変わったんですよ。僕も初めて見たんだけれどこれ、想像以上にかっこいいです。

同じ国鉄急行色でも、やっぱりキハ20系列の顔立ちだとキハ58なんかとはまた全然趣きが違いますね。なんと言うか往年のキハ55なんかを彷彿とさせます。
と言ってもさすがにリアルでこの形式知ってる程歳じゃあないですがw
…あ、でも一度だけ子供の頃に乗ったことあったか?




それとね、各駅の駅名看板。これが前に訪れた時とは様子が変わっていてビックリ。

20100322moetetsu_11

20100322moetetsu_12

こんな感じでちょっとアートっぽくなってました。

さて、こうして旧型気動車に揺られつつ、湊線を行ったり来たりで時間をつぶし、再び勝田に戻ってきたのは17時頃。改札付近に何人もの人が集まっています。恐らく皆さん、今日のイベントに参加される方達。


そして時刻は17時40分を回った頃。本日のイベントに使用される車両が勝田駅のホームへとやってまいりました。列車は二両編成。

と言うか、先程のメイドトレインの旧型キハ三連のうち、阿字ヶ浦寄りのキハ222一両だけを切り離した感じっぽいですね。


今回のこのイベント、参加者は総勢20名くらい。僕は独りで来ていたんだけれど、ボックス席を独りで占有出来てしまいました…w
でも飲みのイベントで独りと言うのもそれはそれでちと寂しい。


そしていよいよ始まった「ひたちなか海浜鉄道社長を囲む会」。

勝田⇔阿字ヶ浦を二往復し、その約二時間もの間食べ物と飲み物フリーで、実に楽しいイベントでしたよ。いやしかしこれ、間違いなく日本の鉄道史上初めての試みだよねぇ。鉄道会社の社長を囲んでの飲み会なんて。


それとこの列車、何気にメイドさんも乗ってました。あ、いや正確にはメイドさんじゃあない。メイド列車は夕方で終わったので、この列車に乗っているのはウエイトレスさんらしいです。
でもどこがどう違うのか分かりません。


20100322moetetsu_13

ひたちなか海浜鉄道の吉田社長とメイドウエイトレスさん。
…って勝手に写真あげて良かったのかしらん(汗


社長さんとも、他の方何人かともお話させて頂いたんだけれど、やっぱりこんな会に参加するだけあって皆さんかなり濃い「鉄」なんですよね。なので色々と面白かった。


なかでも印象的だったのが、今回のイベント主催会社さんの方のおっしゃってた「鉄道の『鉄』と言う字は『金を失う』と書くんですよ」と言う一言。つまり、鉄道って儲けだけを追求していたら出来ない事業だって言うこと。

本当にその通りなんだと思います。

そりゃあ確かに鉄道会社だって「企業」である以上、利益の追求を行っていかなくちゃいけないのは当然のこと。でも鉄道には公共事業・公共施設としての側面もあるんですよね。

時には目前の利益を犠牲にしてでも、もっと長期的な視点での「本当に大切な」何かを見据えていかなくちゃいけない場合もあるんだと思います。それがひいては、地域の過疎化を防いだり、もっと積極的に人を呼び込んで発展を手助けすることにも繋がって行くのかもしれません。


ひたちなか海浜鉄道さんも本当に大変だと思いますが、これからもずっと頑張って頂きたいなぁと思います。まあ、僕に出来ることと言ったらたまに乗りに行く位なんですが…。
せめて…もっと近くに住んでいれば頻繁に行けるんだけれど…なぁ。


********************************************


とまあ、こんな感じで色々あった本当にカオスで濃くも楽しい一日でありました。しかしアレだな、鉄と萌えのハイブリッドヲタな俺にとっちゃ本当に願ったりかなったりな一日だったワケだなこれってw


Comment
この記事へのコメント
こんばんわ
さて、あのアートな駅名看板。
2009年に行われた「みなとメディアミュージアム」の一環で作られたもので、駅最寄りにあるものをおりまぜたものになっているんですよね。

それにしても「ひたちなか海浜鉄道社長を囲む会」に参加されていたとはw
しかもメイドさん・・・、じゃなかったウェイトレスさんとも一緒w
参加申請しておけばよかったかな~。
でも翌日仕事だったから・・・。
2010/ 03/ 23 (火) 23: 12: 51 | URL | ひろっぴ # vv0LKm8o[ 編集 ]
>ひろっぴさん
なるほど…駅名看板ですが確かに駅のある土地にちなんだ何かがモチーフになっていますね。
阿字ヶ浦のはアンコウですよね?

この会は、開催を知った時からこれはもう何がなんでも参加せねば!!と思ってました。
そしてその日と翌日と、偶然にも仕事を休みのシフトで入れていたので…。

今後どこかでこういう機会があった際は、是非参加されてみて下さい。
きっと面白いと思います。かなり「濃い」時間が過ごせるかと。
2010/ 03/ 23 (火) 23: 46: 06 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...