「酔逸撫子 吟醸」。
2010年 03月 24日 (水) 00:01 | 編集
数日前の「痛いニュース」でネタにされてた、今度東北新幹線で新しく走る車両が初音ミクと似ているから愛称を「はつね」にと言う件

うーん、どうなんでしょう?似てる…かなぁ?


個人的にはむしろ、昨日の水戸帰りに乗ったE653グリーンレイク編成の方がミクちゃんぽい気がしますけどねぇ。こんな車両。

e653

なんと言うか、初音ミクのカラーリングってグリーンが主役なのは勿論なんだけれど、さりげにグレーとブラックが効いているんですよね。

東北新幹線の車両はブラックが無いからなぁ。一方こっちのE653は前面がブラックフェイスなのでその辺りがバッチリとカバー出来ています。まあだからどうだって感じなんですが。


東北新幹線の愛称は別に「はつかり」とか「はくつる」とかでイイんじゃないかって気がしますけどね。「はつね」とか付けちゃうよりも伝統ある東北行き列車の愛称をつけた方が良いと思いますよ?

まあそりゃミクちゃんは大好きですし、自分は鉄も萌えもどっちもイケる口ではありますけれど、でもそれぞれ別モノとして切り離して考えないと、ねぇ?
とか言いつつ鉄道の萌え擬人化は大好きですがw


そんなところで今日の酒。


ええ…昨日の水戸コミケでの戦利品(その1)であります…w


茨城は株式会社武勇さんの「酔逸撫子 吟醸」。

sake20100323_01

sake20100323_01

ええ…萌え日本酒です。萌酒です。調べたら特設サイトまでありやがりますw



なんでもこの酒、昨日販売所にいた方(酒造会社の人?)の話によると、最初にラベルありきなんだとか。

いや、普通こういう萌え系の何かって、あとでラベルとくっつけた的なものが大半だと思うんですが、このお酒は最初にラベルを造ってそのラベルの女のコのイメージに合ったお酒を醸す様にしたのだとか。

あとね、最近の若者にもっと日本酒を知ってもらいたくってこういう「萌え」とコラボレートするスタイルにしたんだとかね。…でもこれだと若者でも多分寄ってくる層が相当に限られちゃうと思うんですがw


そう考えると純粋に酒も萌えも愛せる俺って最強だな。うん。


ちなみにこの萌酒、四種類も売られてたんですが、そのうち一つは醸造アルコールが入っていたので却下。残り三つを試飲して一番美味しかったコレに決めました。そしたら値段もイチバン高かったです…orz 500ミリ瓶で2600円だから相当にイイ値段だよこれ。

ラベルには「吟醸」としか書いていないですが、きちんと「純米吟醸」です。と言うかむしろ造り的には「純米大吟醸」らしいよ。まあこの値段だしねぇw


まあ前置きはそれ位にして…飲んでみましょうか。


まずはこれを、ワイングラスに注いで色と香りを見てみます。色は一見ほとんど透明っぽく見えるんだけれど、でもうっすらと黄みがかっていますね。

鼻を近づけてみるといかにも吟醸酒って感じの香りがふわっと立ち上がります。メロンやイチゴなんかの甘い果実が熟し切った様な、甘ーい、いい香りがします。でもその甘さは濃厚にだらだら甘いんじゃなくって、爽やかさのある透き通った香りなんですね。

グラスを回したりして時間を置いてやると、その甘い香りの中にどこかワインっぽい雰囲気も感じる様になってきました。まあどこがどうって言うのは難しいんですが…。

でもやっぱり、たとえ原料が穀物と果実とで異なるとは言え、同じ醸造酒だから香りにもどこか共通するものが生まれるのかもしれないですね。

あとは何と言うか、いいワインのことをよく「蜂蜜の香り」とかって言ったりしますけど、それに対比させるとこのお酒の場合は「和三盆糖の香り」とでもなるんでしょうか。


いやでもホント、い~い香りがするんですよ、このお酒。
このラベルのおにゃのこの香りだきっと。


口に含んでみると…うん、なんと言うか甘く爽やかで瑞々しい。酸も辛さも控えめで、味の大半は甘味が占めています。でも濃醇で重い甘さじゃあなくってひたすらに爽やか。すがすがしさすら感じます。

そして飲みやすい。たとえば新潟辺りの淡麗辛口なお酒とはまた違うんだけれど、でもスルスルっと飲めちゃいます。これは確かに、日本酒に親しみの無い層に売り出すには良い味わいなのかもしれません。

「華やかな甘い香り」と「爽やかで瑞々しい味わい」。そして「クセの無く人当たりの良い飲み口」。

確かにラベルのおにゃのこのイメージにも合ってるし…w


うん、単なる「萌え」とかじゃあなしに、普通に美味しい日本酒ですよ。「萌え」とお酒のコラボレーション、なかなかにイイかもしれませんねぇ。


ただ…惜しむらくはそのネーミング。

この「酔逸撫子」って「すいーつなでしこ」って読むらしいんですが…なぜに「スイーツ」?w

いや、どっかのサイトだか掲示板でも書かれているの見ましたが、よりによってもスイーツ(笑)ってヲタが最も嫌う人種なのに…。なんでそれを名前に付けちゃったんだろうww


まあ、そのスイーツ(笑)とは関係無しに、「酔う」と「逸」を合わせて、更にこのお酒自体の甘く華やかな味わいから取ったのだとは思いますが。


まあとにかく。今宵はこのお酒をゆるゆる飲りつつ、ラベルのおにゃのこ眺めて癒されつつ(?)のんびり過ごすとしましょうかねぇ。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...