「KMV CATHEDRAL CELLAR SAUVIGNON BLANC 2008」。
2010年 04月 14日 (水) 22:51 | 編集
昨日の夜は「けいおん!!」観てたワケなんですが、と言うか観終わって早々昨晩のうちに感想っぽいこと(大したこと書いてはいないですが)も書いたりしちゃってたんですが、それでふと思ったのが、一期の時に劇中に出てきた小道具とかがやたら売れまくったと言う件。


メンバーの使ってる楽器類は言うに及ばず、律っちゃんのシャープペンだとか澪ちゃんのヘッドフォンだとかの小道具の一つ一つが特定されて売れまくったと言う例の現象ですね。

恐らくまあ、二期でも同様の現象が起きるんでしょうけど…そうなると昨日の放送、カメ出てきてましたよね。スッポンモドキって言うカメ。



…まさか、売れまくっちゃうんですかねぇ?



いや…さすがにこれは生き物なんでちょっと自重して欲しいかな、とは思いますが。


それよりどうせなら、ムギちゃんの持ち込んでる高級食器類-マイセンとかエルメスとかが売れまくったら面白いんですけどね。普段アキバにいる様な人達が、銀座のエルメスに押し掛けて次々とティーカップ買って行くと言う光景。想像しただけで凄いカオスだわw



まあ、そんな僕の妄想(?)はさておき、本日のワイン行ってみましょうか。


「KMV CATHEDRAL CELLAR SAUVIGNON BLANC 2008」
(KMVカセドラル・セラー・ソーヴィニヨンブラン2008)

WINE_20100414_01

WINE_20100414_00

銀座の松屋で買ってきました。南アフリカのソーヴィニヨンブラン。お値段は1800円ほど。

南アフリカのワインは、ちょっと前に同じく松屋で買ってみたものが美味しかった記憶があるので、今日ちょっと出かけたついでに買ってきた次第であります。


ソーヴィニヨンブランって言えば有名なのはフランスのロワールとかあの辺り、あるいはボルドーのセミヨンとブレンドしたもの、あるいはニュージーランドのガツンとパンチの効いたヤツとか、そんなイメージなんですが、南アフリカのは一体どんな感じなんでしょうね?

しかもこれ、店内POPには「長期樽熟成」とか書いてあったんですよ。樽を効かせたソーヴィニヨンブラン、うん、ますます想像つかないですね。

と言うワケでこりゃもう、買って飲んでみるしかない、と。


まずはソムリエナイフでキコキコ抜栓…っと。栓はきちんとしたコルク栓で感じ良いです。最近のニューワールドはスクリューキャップばっかりだから、なぁ…。

グラスに注いでみると、色は透明度の高いレモンイエロー。そこにほんのり、ごく薄らと緑みを感じる様な、いかにもソーヴィニヨンブランっぽい感じの色合いです。


鼻を近づけてみると、ああソーヴィニヨンブランだなあって香り。グレープフルーツの様なパッションフルーツの様な、酸っぱさとほろ苦さとが混じり合った、そしてどこか青っぽさのある、それでいて胸のすぅっとする香りが立ちあがります。樽の風味はあまり感じないかな?

グラスの中で転がしてやったりしてなじませてやると、果実でももっと甘いニュアンスの香りがふわっと漂ってきます。その奥にほんのわずかにバニラの風味も…ある様な…無い様な?


さて、飲んでみます。


口に入れた瞬間、まずはちょっと驚き。と言うのも舌の上にハッキリと甘いものを感じるんですよ。ソーヴィニヨンブランって言うと、爽やかな味わいが身上で、軽やかで飲みやすいワインかあるいはキリリと引き締まったシャープな印象があるんですが、それとはまるで違った雰囲気。

舌触りもトロリとして、蜂蜜の様な甘さを感じるのです。


とは言え、それは口に入れて最初、ほんの一瞬のこと。すぐ続けざまに鋭い酸がやってきます。舌をピリリと刺すほどに刺激的な、キリッと引き締まった酸。それが最初の甘さなんて全て洗い流してしまいます。

飲み干した時には、「ああ…やはりソーヴィニヨンブランだなぁ」と言う感じ。


だけど、最初の甘い感じがワインにコクとボディ感とを与えているんですね。だからこのワイン、飲み口に非常に強いものを感じます。パンチが効いています。

同じソーヴィニヨンブランでも、ロワール辺りの複雑で繊細な感じではなく、どちらかと言えばニュージーランドのものなんかに近い雰囲気かな。非常に凝縮感が強いです。ギュッギュと味の密度が詰まった、濃い感じがあります。


飲み進めて行くと、鼻から抜けて行く後口にほんのりと樽っぽい雰囲気を感じるかも。ソーヴィニヨンブランらしからぬ、香ばしく甘いニュアンスがわずかに感じられます。

いや…これはまたなかなかに面白いワイン。品種問わず力強いワインが好きな僕にとっては、これは好みど真ん中の当たりワインです。


それにしても…南アフリカ侮れないなぁ。これはもっと色々と買って試してみる価値大アリかもしれません。お値段も割とお手頃ですし、ねぇ。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...