「Cono Sur Gewurztraminer RESERVA 2009」。
2010年 05月 12日 (水) 22:22 | 編集
昨日に引き続いて今日もお休み。嬉しい連休です。土日休みじゃない会社に勤めているので、たった二日間と言えども連休って結構貴重なんですよね。…まあ、そうは言っても一ヶ月に二回位は連休取ってますけど。

昨日は天気悪くてどこへも出かけられず…そして今日は午後からは天気回復したけれども結局やっぱりどこへも外出せず…。ああもう最近すっかり引きこもり癖が付いちゃってイケナイですなぁw


まあ、一日部屋に引きこもっていたおかげで、このところずっとちまちまと造っていたボカロ動画完成してニコにうpとか出来たんで、良かったと言えば良かったんですけどね。


先程の日記でも書きましたけど、YMOの「FOCUS」をアペンドなミクさんと一緒に演ってみたもの。あ、もう一回貼っておきますね。大事なことなんでw




と、まあそんなところで本日のワイン。

「Cono Sur Gewurztraminer RESERVA 2009」
(コノスル・ゲヴュルツトラミネール・レゼルバ)

WINE_20100512_01

WINE_20100512_02

昨日のワインと同じく、銀座のBIGで一昨日の夜に買ってきたもの。今や安美味チリワインの代名詞的存在ともなったコノスルのゲヴュルツトラミネールです。

これのワンランク下の「ヴァラエタル」てラインのものは以前に飲んだことがあったんですよ。サッパリしたゲヴュルツって感じで、アルザスのとはまた違った感じで美味しかったんですけどね。


でもコノスルのゲヴュルツで本当に評判が良いのはヴァラエタルじゃなくってレゼルバの方で、だから一度は飲んでみたいとずっと思っていたんですよ。でも普段僕が買いに行く店にはなかなか置いてなくって…。

そしたら銀座BIGにありました、と。思えばここ行ったのも、たまたまヴィノスやまざきが休みだったからと言う偶然があったワケで…。でもそれで念願かなってコノスルのこのワインに出会えたワケだから、うん、何と言うか人生って不思議だなぁと。て言う程大げさなもんじゃねぇかw


ちなみにこのワイン、値段は1000円ちょい。格上のレゼルバだと言ってもヴァラエタルよりもほんの300円か400円高いだけ。これがあちこちで大評判のワインとは…うーん恐るべしコノスル。

お店の人も「これはイイですよ?」とおっしゃってたので、まあ期待してみるとしましょうか。


さて、まずは抜栓。このワイン、栓はスクリューキャップですね。うーん残念だけれどまあ致し方ないところ。

グラスに注いでみると、色はレモンイエローとイエローの中間くらい…いや、やや黄色よりかな。でも同じゲヴュルツでもアルザスのなんかに較べると若干色が薄く見えますね。


グラスに鼻を近づけてみると…おおっ来た来た!! 来ましたよこの香り!!

この品種独特の、バラやライチのむせかえる様な芳香がむんむんっと立ちあがってきます。あとは、微発泡のワインなんかによくある、あのどこかすうっとした感じの匂いも。確かにこのワインもほんのわずかに泡がグラスの底に付いていますね。微発泡と言う程では無いけれど。

奥にはうっすらと蜂蜜っぽい甘やかなニュアンスも感じます。前に飲んだヴァラエタルの方は、バラやライチの後は柑橘系の酸のある香りが漂ってましたけど、こっちはそう言った系統の香りはしないですね。より一層典型的なゲヴュルツに近い雰囲気って感じがします。

グラスの中で回してやったりすると、こってりとしたフルーツジャムの香り。そして時間が経つほどにライチ香と蜂蜜とが更に強まって来ます。


さて、飲んでみましょうか。


口に含むと…ああこれもう、間違いなくゲヴュルツトラミネールですよ!! ゲヴュルツならではのあの甘酸っぱい、フルーツ感たっぷりな味わいが口中を満たしてなんとも幸せな気分になっちゃいますw

粘度はそんなに高く無くって、アルザスのゲヴュルツに較べればかなりサラリとした感じではあるんだけれど、でも舌の上にスパイシーな刺激もきちんと感じますし、黙って飲まされたらアルザスのゲヴュルツと勘違いしちゃいそう。

ヴァラエタルの方はもっとこう、サッパリでドライな感じだったんだけれど、こっちはもっと本格的に本場っぽい雰囲気のゲヴュルツトラミネールって感じですね。うんうん、いい感じ♪


あとは…アルザスのに感じる土臭さとか野性味みたいなのは無くって、でもその代わりにミネラル感があるって言うか。後口にほんのりとしょっぱさが残りますね。


いやでもこれ…これが1000円ちょいで飲めるってのはホント凄いことだなぁと。どうしてもゲヴュルツが飲みたくってたまらない!! でもアルザスを買える程の余裕が無い…てな時に重宝しそうなワイン。ってどんな限定シチュなんだソレw


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...