「けいおん!!」第8話を観て。
2010年 05月 27日 (木) 16:30 | 編集
と言うわけで今週の「けいおん!!」。

進路の話来ましたねー。今週はほぼ原作のエピソードに沿った展開でした。


なんと言うか、先週のみたいな爆発的な破壊力は無かったけれど、でも安定して面白かった回だった気がします。…いや、あるイミでは今週も充分に破壊力あったと言えるのかもしれない…な?w



以下、ネタバレ的(?)な部分ひっくるめての感想とかツッコミとか。



三年生になった唯ちゃん達、いい加減に進路を決めなきゃ…と言うことで冒頭のシーンはひたすらに悩む唯ちゃん。でもこの時の唯ちゃんと和ちゃんのやり取りってこれ…一期の一話目のやり取りそのまんまだよね?w

部活をどうしようか悩む唯ちゃんにそれに対して「まだ決めてないの?」とツッこむ和ちゃん、あのやり取りの再来。ただ部活と違ってこっちは「進路」つまりこれからの将来を決めることだけにあの時とは重みが違う。和ちゃんの「ニート」の一言があまりに重過ぎる…w


一方、軽音部皆の進路希望はと言えば、澪ちゃんは推薦狙い、ムギちゃんは名門の女子大、そして律っちゃんは未定…。このあたり原作と同じですね。



でもここで一つ残念だったのが、ムギちゃんが女子大希望にした理由が語られなかったこと。このシーンね、原作だと非常?にイイ顔してるんだよねムギちゃんw


こんな顔。

ke-on_mugi

もうね、明らかにおかしなコトたくらんでる顔ですよコレ。女子大で何する気だ何を!!w
いやだからナニですね分かります。


思うんだけれど、アニメ版のムギちゃんはもっともっとはっちゃっけちゃってもイイと思うんだ。ムギビジョンもっと発動させちゃってイイと思うんだ。いっそ百合全開な位でお願いします。むしろガチレズだって構わないぜ?ノンケも構わず食っちまう的な。



で、唯ちゃんクラスメイトの皆に進路聞いて回るんだけれど、皆の進路は結構バラバラ。美容師だったり看護学校だったり芸大だったり外語大だったり…と。

でもこれでふと思ったのが、これって「けいおん!!」に限らず高校生活を舞台にしたアニメや漫画ってどれもそうなんだけれど、こんなに進路ってバラけるもんなのかなぁ、と。

いや、高校って基本的には同じ位の学力レベルの人間が集まってくるので、希望進路ってそんなに大きくバラけることは無いと思うんですよ。

まあ勿論、その中でも当然各々の偏差値だったり家庭環境だったりによって志望校が変わってはくるけれど、でも進学校なら皆普通に一般学部の大学進むだろうし、芸大とか行く人が多い学校であれば逆に一般大学へ行く人なんてほとんどいないだろうし…。


まあ、普通に皆が皆同じ様に大学行くんじゃドラマとして成り立たないんで、フィクションの中の高校と言うのは多種多様な進路があると言うことなんでしょうけどね。



そして話は、和ちゃんと律っちゃんの、それぞれ過去の唯ちゃん・澪ちゃんとの思い出話へ。


和ちゃんの話す唯ちゃんの過去。やっぱり唯ちゃんは小さい頃からドジっ子でそれでいてちょっとおかしな(?)コだったwでも、和ちゃんの言った一言。これが凄く納得。

「あの悪気の無い笑顔を見ると、つい許せちゃうのよね…」


これこれ。これなんですよ。唯ちゃんの最大の魅力(そして武器?)はあの笑顔にあるんだと思います。あの「にへら」って感じのしまりの無い笑顔。あれ見てると、細かいこととかどうでも良くなっちゃうんですよね。接しているこっちまで、おおらかな気持ちになれちゃうって言うか。


そして律っちゃん&澪ちゃんの過去回想パート。


これもまた…先週の曽我部先輩エピソードに引き続いて、原作ファン皆が心待ちにしていた話だったんじゃないでしょうか?

原作だと確かこれ、「フォワード」に載ってた話で、だから原作も四コマじゃなくってストーリー形式になってる話だったんですよね。この二人がどうやって親しくなったのかって言うエピソード。

まあ、基本的に律っちゃんが澪ちゃんをからかって遊ぶと言う基本スタンスは今と変わらないってコトなんだけれどwでも、ちょっと強引なんだけれど実は根がいいヤツの典型みたいな律っちゃんに引っ張られることで、澪ちゃんは段々と自分を出していける様になったんじゃないかな、と。


そんなのが分かる良いエピソードだったと思います。


…しかし、律っちゃんがいなかったとしたら澪ちゃんって超が付くほど内向的で根暗な人間になってたって可能性も無くは無い…よな。
まあそんな澪ちゃんもちょっと見てみたい気も…いや、ないかw


それと特筆すべきは、どっちも幼い頃の彼女達が可愛らしいんですよね。個人的にはロリ和ちゃん最高にツボ過ぎる。ょぅι゙ょにはまるで興味の無い僕ですが、でもロリ和には不覚にも本気でときめいた(おい


まあ何にせよ、幼馴染みって良いものですよね。うん。幼馴染みな上に百合とかホント最高過ぎる。とかすぐそっちに持っていこうとする俺の頭ん中が最低過ぎる。




さて、個人的に今週でイチバン萌えたのは冒頭、進路エピソードの中でのワンシーン。

ムギちゃんの志望校の赤本から国語・古文の助動詞だとかの話が出てきて、その流れの中で助動詞を覚えるゴロあわせで「もしもしカメよ」のメロディにあわせて唯ちゃんが歌うシーンなんですけれどね…。

keon20100525


なにこの破壊力。



これ…個人的には一期の「うんたん」越えの破壊力だったと思います。

やっぱり唯ちゃんヤバいわ…このコの攻撃力はホント半端ない。



平沢唯…恐ろしい子!!



******************************************************



ところで今、実家に帰ってきてるんですけどね。

実家の親がちょっと前にデカいテレビ買ったんですよ。サラウンドのなにやら凄いステレオシステム付きのヤツをね。


なので折角…と思い、「けいおん!」一期のブルーレイ持って来て試しに観てみたんですけどね。



ヤバい。ヤバイわ何これ。

もうね、映像も音も半端無い。音はそりゃサラウンド機能が付いているから迫力あるのは当然と言えば当然なんだけれど、画質の奇麗さにもう、言葉を失いましたわ…。人物も背景も。もう全てが奇麗で美麗。唯ちゃん達軽音部の皆の可愛らしさは300%増しですよ!!


ああ、ブルーレイってこういう環境で楽しむもんなのね、とまさに目からウロコ。


うん、今僕が東京のマンションで使ってる、製造されて十数年軽く経っている様な年代モノのテレビなんかじゃブルーレイの本当の魅力なんて何一つ楽しめていなかったんだと言う事実を突きつけられて愕然としましたわ…。

こりゃ一刻も早く、良いテレビセット買うべきかもしれません。

ワンルームの狭いマンションだからデカいテレビ買っても置き場所無いだとか、そんな泣き言言ってる場合じゃないわ。



…場所なんてどうにかなる!!


最悪、ベッド捨ててしまえばイイんだ!!





…って、じゃあ俺はどこで寝るんだ?w
画面の中に入って唯ちゃんと一緒に寝ます。



Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...