「まんがタイムきららMAX8月号」一言感想。
2010年 06月 21日 (月) 23:03 | 編集
ハイ、それでは行ってみましょう。今月号の「きららMAX」感想。


kirara_max201008


・表紙
未影先生新連載の「ホイップノート」。

なんと言うか非常にポップですね。かつストレートに「萌え」。イイ感じです。こういうタッチの絵、個人的には凄く好きだなぁ。ただ買いやすい表紙かどうかと言えば…うん、買いにくいwいやもうこのテの雑誌でそういうの気にしちゃダメなのかそもそも。



・ホイップノート
「イチロー!」の未影先生の新連載ですね。高校生になった主人公の一ノ蔵るいせちゃん、部活をどうしよう…と言うところからスタート。

と言うと、例えば「けいおん!」だったり「落花流水」だったりこのテの高校生が主役の話ではよくあるパターンと言えばそうなんだけれど、でもその部活が…。

ちょwおよめさんクラブってww

しかも部長さんメチャクチャな強さで格闘系クラブの男共なぎ倒してるとか何このカオスww意味分からんwwww

正直「イチロー!」はそんなに何とも思ってなかったんですが、でも僕、「けいおん!」アンソロ2巻での未影先生の作品凄く好きなんですよ。あの変態曽我部先輩が主役の話。

この新連載、今月の一話目を読む限りでは、あのアンソロの話に近い暴走っぷりが期待出来るかも…wと言うワケで来月以降も楽しみです。特に部長さんのキャラがとんでも無い方向へ逝ってくれるんじゃないかな…と。


・落花流水
なんか今月全体的に黒いネタが多くなかったですか…?w「お勤め」とか「臓器売買」とか「手入れの大変な花」とかw

それにしてもバイト制服可愛いなぁ。明治風衣装に大きいリボンがイイよね。


・かなめも
…何があったんですか石見先生!! なんだこの社会風刺漫画は?w

いやホント、いつもとノリが違ってました今月は。新聞とそこに挟まれるチラシとを題材にして繰り広げられる強烈な社会批判。

新聞各社によって思想が違ってうんぬん…とか、これって恐らくメジャーな少年誌とかならアウトなネタだよなぁ。こういうマニアックでマイナー(でも無いか?)な漫画誌だからやれるけれど。

そしてそんな中でもいつもと変わらず百合ップルぶりを見せつけるユメ&ユーキが…w


・くすりのマジョラム
これは…。

まさか本気で小学生男児との恋愛フラグ立てようとしているのだろうか…w
なんと言うショタwww

しかしこの作品も色々とマニアックなネタ多いよなぁ。「ズーノーシス」て言葉は知らなかったよ。まあ勿論、そういう類の病気があると言うことは知ってはいましたけれど。「トキソプラズマ」なんかがそうなんだろうな。


・お願い神サマ!
…なんかもう色々と凄いなこの漫画!!w

いやもう…今月、全話ツボったwおまけに全話ツッコミどころだらけwwもう何をどうすりゃいいのか分かりませんwポッチャリーナ人とかメタボルフォーゼとかもうwww

散々笑わしてもらったのに、最終ページで更に吹いたw柚梨子お嬢様のお姉サマフェイスwww


kirara_max201008_kamisama


何 こ れ 怖 い w

しかしこの作品、本当に凄いよなぁ。徹底して登場人物2人だけで描いているのに、なんでこれだけ色々なネタで色々な魅せ方とか出来ちゃうんだろう。

そして百合だらけのMAXの中にありながらも突き抜けたこの百合っぷりがもうねwそれも百合の描き方に関しても基本、2人の想いのすれ違いとかきちんと丁寧に描きつつ、かと思えば今回の話みたく終始ギャグに落とすとか魅せ方本当に上手いです。

今一番この雑誌で勢いのある作品かもしれません。


・○本の住人
虫の卵ランドセル気持悪過ぎ…w全く、どっからこういう発想が出てくるんでしょうkashmir先生は。


・フィギュ☆モ
「お兄ちゃん専用」とかそれどんだけ腐女子発想www


・ラッキーストライク!
まさかこの漫画でこんなエロネタ来るとは思わんかったわ…w「穴を広げれば」とかww無印の「まーぶるインスパイア」あたりで出てきそうなネタだよなぁw


・つかえて!コハル
「道路の白線だけを渡る」ああ、子供の頃やったやったw懐かしいネタ持ってくるなぁ。


・ぼくの生徒はヴァンパイア
ちょw待てwwいきなり別れ話とかwwwメイベルさん酷いよ…あんまりだw

先月までの俺のトキメキと萌えを返せ!!w


・R18!
コイツら…メイド喫茶をなんだと思ってやがるw

お さ わ り とかねwww

しかし…ニセ乳見破るとか、里佳子さんムダに凄いスキル持ってるなぁ。でも今回のこの話、二次元でなおかつ女のコだから許されるのであって、現実に男がメイド喫茶行ってやったら間違い無く捕まるからwww


・ヒメとトノ
誤変換紛らわしいっつーのw「H」が最初とかw

しかしこの作品…ホントこう、キュンキュン来るよなぁ。ヒメのことが大好きなのにでも素直になれない、そんなトノが可愛過ぎて読んでると自然と顔がニヤけちゃいますw

それにしても123P3コマ目の王様…エロい…w


・ねこにゆーり
ゆーりの書いてる小説…なにコレ凄え読んでみたいんですけど!!w

主人公がヒロインよりも猫選んじゃうラブストーリーとか、日本をカレーの国にする新興宗教とかもうツッコミどころだらけ過ぎるwいやでもこの設定、上手いこと話書けば本気で面白いんじゃないかと思うんですけど。

そして最後の展開、いいなぁ。幼馴染み2人に対して「いずれ自分の道を見つけて、今みたいに一緒にいられなくなる」と言うゆーりに対し、「それぞれの道に進んでもずっと一緒にいる」と断言するあっちゃんとセラ。

ベタと言えばベタなんだけれど凄くいいです。ああ…友情とか青春とか、そういうテーマに弱いんだろうなぁ、僕。

この作品、来月がラストみたいですね。ここ数回で凄く好きになって来たところだけに残念…。でも、なんだかとても綺麗な形に終わってくれそうなので、きちんと最後まで見届けたいと思います。


・表色89X系
ああ…僕の大好きなこの作品。とうとうラストを迎えてしまいました…。

葵ちゃんが未提出の課題があって(担任の先生と杏ちゃんの伝え漏れw)またもや進級ピンチ?なお話。

一緒にシャワー入れなくっても音だけで満足wとか、「お通夜の案内板」とかこの作品ならではのマニアックで斜め上なネタも幾つかあったけれど、でも全体的に最終回としてはおとなしめな内容でした。この漫画のことだからもっと弾けた終わり方になるのかと思ってたんですが…。


とか思いきや。

ラスト、まさかの紅葉が留年ww

「これで全員同じ学年」って言うアオリがまたw酷えwwwここのところ、ちょっと出番少なめだったかと思いきや、まさか最後の大オチで使われちゃいましたか紅葉さん…。

と、そんな感じで本当に終わってしまいました。まあ結局、この作品をMAX本誌で僕が読んだのはこの半年位の間だけでしたけど、でも最初に読んだ時からなんかこう、ビビッと来るものがあったんですよね。それが確か「正月一週間前パーティ」かなんかの話で、「この作品は何かおかしいなw」と。

とりあえず、7月に単行本出るみたいなのでもう僕は確実に買いますとも。と言うか、敬意を表して3冊買います。読む用、保存用、布教用ですね。それに「とら」「マグマニ」「メロン」とかって別々の場所で買えば特典も…w

とにもかくにも、柴田燕ウ先生、本当にお疲れ様でした。


と、今月はこんな感じでした。

個人的にはやっぱり「表色89X系」が終わってしまったのと、それに来月で「ねこにゆーり」も終わると言うこのダブルパンチがキツいです…。

でもまあ、新連載の「ホイップノート」はなかなかに面白いコトになりそうだし、「お願い神サマ!」あたりは毎月安定した面白さで非常に楽しく読んでいるので、なんだかんだでまあ「きらら」三誌の中ではこの「MAX」が一番と言う僕の中での順位は変わらないのかなぁ、と。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...