「WESTERN RANGE LOT88 CHENIN VERDELHO 2005」。
2010年 07月 08日 (木) 23:24 | 編集
今日、アマゾン様に頼んでた本が一冊届いたんですね。


こんな本。

MOETETSU

その名も「萌え鉄!」。うん、いわゆる鉄道萌え擬人化の本ですねw

しかし…最近の風潮だと「萌え」系のものってなんでもかんでも「!」つけるよね。「きらら」系の四コマでもタイトルに「!」ついてる漫画の多いこと多いことw


ぱらぱらっと中身読んでみたんですけどね…うん、これ間違いなくバカ本だわwとりあえずE5系新幹線の初音ミクネタは自重しろと思ったww

あと、キハ40系気動車の擬人化がおっとり天然系むちむちなおにゃのこなのは凄く納得。キハ40ってマイペースでおっとりしてる感じだもんね。もっともリアルに擬人化したらおっとりなんて可愛らしいもんじゃなくって鈍くさいだけのただのおデブと言う気も。


まあ、ヒマ潰し&萌え分注入として気楽に読むのに良さそうな一冊です。あと色々な車両の擬人化おにゃのこ見較べて、やっぱり二次元は太眉おにゃのこ最強だと言うことを再確認w


と、オタクの戯れ言はこんくらいにしまして…本日のワイン。

「WESTERN RANGE LOT88 CHENIN VERDELHO 2005」
(ウェスタン・レンジ・ロット88・シュナン・ヴェルデホ)

WINE_20100708_01

WINE_20100708_02

昨日の仕事帰りにヴィノスやまざきで買ってきた、オーストラリアのちょっと変わりダネな白。お値段の方は1900円ほどとまあお手頃、かな。


このワイン、何が「変わりダネ」かって言うとその品種。シュナンブランとヴェルデホのブレンドと言う実に珍しいコンビ。

シュナンブランって言うとフランスのロワール辺りだと、花梨の風味漂うまったり美味しいワインになったり、逆に南アフリカなんかだとサッパリとした爽やかかつ安価なテーブルワインってイメージですかね。

一方のヴェルデホは、柑橘系のキリッとした風味が特徴で、スペインワインの品種として有名。と言うかスペイン以外であまり見たこと無い気が…w


そんな二つを混ぜ合わせたワイン。なおかつ産地がオーストラリア。一体どんなワインなんだろう?と前々からヴィノスやまざきで見かけては興味が湧いてたワインだったんですよねコレ。

まあ恐らくサッパリ爽やか系なんだろうけど、近頃みたいに蒸し蒸しと暑い気候にはちょうど良いんじゃなかろうかと思って買ってみました。


さて、まずは抜栓。栓はスクリューキャップですね。まあ仕方ないです。文句は言うまいw

グラスに注いでみると、色は非常に透明度の高いレモンイエロー。見るからに爽やか系ワインって感じの色合いです。ソーヴィニヨンブランなんかよりも薄らとしている感じ。

鼻を近づけてみると、まずはほんのりと白い花の様な繊細なアロマがあって、その奥の方にはグレープフルーツの様な柑橘系のニュアンス。

これが、グラスの中で転がしてやったりして馴染ませてやると、もっと甘い感じの香りがふわっと立ち上がってきます。甘酸っぱく、ジューシィでトロピカルな果実のイメージ。物凄く芳香の強いと言うタイプでは決して無いけれど、でもこの香りの雰囲気は結構好きかも。


さあ、飲んでみます。


口に含むと…うん、なんと言うか思ってたのよりも結構しっかりとしている。キレが良く、それでいて尖っているワケではない抑制の効いた酸があって、甘酸っぱい果実を口いっぱいにほおばっているかの様な、ジューシィな味わい。

ではあるのだけれど、意外にもボディ感が強いと言うか。確かにサッパリ爽やか系ではあるのだけれど、でも単に爽やかなだけの軽いワインじゃあなく、結構パンチが効いている。そういう意味ではソーヴィニヨンブランに近いかもしれません。

しっかりしたボディの中に感じる適度なコク感の中には、ロワールのシュナンブランのあのまったりととろける様な味わいを彷彿とさせるものがかすかに感じられて、やっぱり同じ品種なのだなぁと思わされます。

そこにヴェルデホの爽やかな果実感が効いていますね。グレープフルーツの様な、あるいはパイナップルの様なフルーティさが口中を満たしてくれます。

後口にはほんのりほのかな苦みもあったりで、なかなかに面白い。


いや、これはなかなか美味しい、良いワインだと思いますよ。

夏の暑い時は爽やかサッパリなワインを飲みたい。でもだからと言って、「軽い」だけのは嫌だ。芯が太くて適度にパンチも効いてて欲しい。…と、そんなワガママな(?)向きには非常にオススメなワインかと思います。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...