「まんがタイムきららキャラット9月号」一言感想。
2010年 07月 31日 (土) 23:47 | 編集
と言うワケで、今月の「キャラット」の感想。


\kirara_carat201009


・表紙
今月の表紙は「GA」。PSP用のゲームも発売されるし…てところでのプッシュなんでしょうね。ところで個人的には「GA」の表紙って、かなり買いやすい気がします。うん、なんだろう。「萌え」と言えば間違いなく萌え系の絵なんだけれど、でも他の漫画が表紙よりも買いやすい。

きっと、百合とかそういう要素が皆無だからなんでしょうね。


以下、気になった作品の感想とかツッコミとか。


・GA
交換留学生の新キャラ登場…って、このコってもしや「GA」ゲームのオリジナルキャラでは? まさかの逆輸入…wまあでも、キャラデザ自体はもともときゆづき先生だしねぇ。

デザインコンテストで皆で浴衣を造ろうと言うお話。読んでたら、なんだか浴衣着たくなってきましたよ。旅行に出てたまに和風の温泉宿とか泊まって浴衣着るの、実は凄い好きなんですよねぇ。

まあ、それ以外だと浴衣なんて着る機会ほとんど無いんですけどね。だって非リアな俺は祭りだの花火だの浴衣着る様な場へ行くわけも無いですし。

あと、やっぱり「粋」てイイ言葉だなぁ、と。日本人独特の美意識を表現するのに最も的確な単語だと思うんですよね。


・Aチャンネル

佐藤先生の扱いが酷い…w

しかし、今回の話中でたった2コマの登場なのにこの多大なインパクト。あるイミとっても美味しいキャラだよなぁ佐藤先生。

トオルのスク水は小学生の時から同じの使ってるのか…って、成長して無さ過ぎだろ!!w
だがそれがいい。


・ラッキー・ブレイク
この作品って舞台関西なのか。つか、阪急沿線なのね…w梅田とか十三とか。描かれてる電車のカットも明らかにマルーン色のソレだし。

しかし…最後の陸のセリフはこれ誤解招き過ぎだろwヨレヨレボロボロの格好で「服の中に頭を入れて…」とか言ったらもう…w


・ひだまりスケッチ
吉野屋先生の絵を描くお手伝い…と思えばキャンバス作成のお手伝い!?

市販に無い、規格外のサイズのキャンバスを作ると言うことなんだけれど、それよりも…。

kirara_carat201009_yoshinoya

吉野屋先生のおっぱいが規格外と言う件w


しかし…宮ちゃんの嗅覚凄いな。犬の匂い分かるとかw

ゆのっちと宮ちゃんの連作は観てみたいなぁ。いつか作る日が来るのかもしれないですね。


・はるみねーしょん
WAR KING怖ぇよ!!wでもなぜかWAR KING→WAR HEADと妙な連想しちゃった位にはYMO厨な俺。


・せいなるめぐみ
乙女ちゃんのキャラがめちゃくちゃ過ぎるw回を増すごとに壊れてくなぁこのコ。ツンデレ→百合と来て今度はヤンデレとかもう…w

でも聖ちゃんの恵ちゃんへの想いもややヤンデレ染みてる…かもw


・アイノテ!


ブ ル マ ktkr!!


日本の学校はこの良き伝統を失いつつあります。さあ、今こそ伝統を守り、伝承する時なのだ!!

でもスク水体育も捨てがたいね☆


・うらバン!
先生意外と凄い人だったんだな…オーケストラの全ての音聴き分けられるとか…人間チューナー納得ww


・アクアリウム
なんと言うか、さおりは非常に分かりにくいツンデレだよなぁ。

いや、「きらら」系のツンデレキャラって基本的には分かりやすい、本当にテンプレ通りでギャグとして、ネタとして笑い飛ばせてしまうコが大半だと思うんですが、このコはそれとは全く違う。

幼馴染みの男の子とようやく出来た同性の友人との間で揺れ動くキモチ。複雑で微妙で繊細で、素直になれない乙女心。

大事だからこそ触れられない。下手に触れて壊してしまうのが恐くって…その結果としての「ツン」なんですよね。

しかし、三人の関係をこれからどう展開させて、そしてどう収束させていくんだろうなぁ、この物語は。

でもこういう、シリアス系と言うかストーリー性のある四コマは結構好き。

「きらら」系って基本的にはゆるゆるまったりでどの話から読んでも問題無い、そんな作品が大半だと思うんですが、でもそんな中でストーリーに一本筋の通った作品があると雑誌全体が引き締まりますよね。



・チェルシー
お笑いトーナメント、一回戦は突破。でも今度は二回戦の持ちネタが…無い!?

結局、学校コントをやろうと言うことになったんだけれど、でも衣装の制服を持ち合わせてない。
…と、そこへ生徒会長(マナティ)達登場。

って、休みなのに制服とかどんだかマジメなんだよこのコw

しかしマナティ分かりやすいツンデレだな…。

マナティ達に制服借りて、学校コントで臨んだ二回戦。自分達の「楽しい」て気持ちを周りに伝えて…巻き込んじゃおう!! それがチェルシー流の考え。

さて、二回戦の結果は…と言うところで、来月なんと最終回!!

ああ…なんか僕の好きな作品がどんどん終わって行くんですけど最近…。



今月はこんな感じで。

どうにも最近、「アクアリウム」が好きみたいです。今後の展開とか気になってしょうがない。この作品も最初読み始めた頃はさほど好きなワケでも無かったんだけれどなぁ…。

「ねこにゆーり」もそうだったんだけれど、どうも「生物」が関わって来る作品は好きになっちゃう傾向があるみたい。まあ生き物オタだからなぁ僕w

あと今月はなんかちょっと物足りないなぁと思ったら、「まじんプラナ」休載でしたか。あの作品結構好きなんだけれど、何気に休載多いよなぁ。言うなれば「きらら」の冨樫さん。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...