「薩摩 赤七夕」。
2010年 08月 10日 (火) 01:22 | 編集
先日のドットコムマスター。合格証ぽいのが届きました。

commaster_single

いやこれ、合格証って紙とかじゃないんですね。こんなカードなんだ…。

うっかりクレジットカードとかと間違えそうwいやそんなワケないか。



ところで、今日は仕事から帰って来てから一気に二つもブログ記事書いてしまいました。


一つは「けいおん!」原作が最終回を迎えると言うことで書いたもの。

「けいおん!」原作が来月終わりと言うことで。


もう一つは昨日の「WORLD HAPPINESS」のレポっぽいもの。

「WORLD HAPPINESS 2010」。


うん、疲れたw


いやでもしかし我ながらよくやると思いますよ?普通に仕事して帰ってきてからブログ記事二つ書くとかね。しかも僕のブログって一言ブログとかじゃあない。異様なほど文字数多かったりするじゃあないですか。内容はともかく。

これだけの文章量を書く気力とか、どこから出てくるんだろうと我ながら感心。

まあ、このエネルギーが何か別の方へ向けばもっと(主にリア充的なイミで)人生において成功出来るんじゃないかって気もするんですがねw


そんなところで今日の酒。

焼酎飲みたくなったんでコンビニで買ってきましたわ。

鹿児島は田崎酒造さんの「赤七夕」。

SYOCHU20100809_02

SYOCHU20100809_01

芋焼酎なんだけれど、名前に「赤」とある通り芋は芋でも「紅薩摩」を使ったもの。

近所のセブンイレブンで1000円ちょいでした。


…さて、酒飲んで当然その感想をいつもの様に書くと言うことで、本日帰って来てから三つめのブログ記事となりますwうん、ホントよくやるわ俺ww


まずは杯に注いでストレートで。

注いでやるとふうわりと柔らかい香りがします。蒸したてのお芋の様な、ほくほくと甘く…でもその甘さにはクドいところがまるで無く、優しく懐かしい香り。

口に含むと、味わいも優しくまろやか。もちろん、ストレートならではのアルコール度の高さは感じるのだけれど、でも味に尖った所がなく、すぅっと喉にしみこむ感じ。

芋焼酎って言うと「臭い、クセがある」ってイメージが未だに根強いと思うんだけれど、これは全然クセが無いですね。とにかく味が優しく穏やか。

どこかほんのりとフルーティな感じすらあります。


続いてグラスに氷と一緒に注いでロックで。

ロックにすると味わいがぐっと爽やかになります。そして、ストレートの時には感じなかった香ばしさも出てきます。

だけどこれは飲みやす過ぎて危険…w


うん、凄く飲みやすいんですよ。

ストレートの時でも味が優しくて飲みやすかったから、ロックにすると本当にスルスル入って行く感じ。幾らでも飲めてしまいそうでかなり危ない…ww


ちなみに本日のグラスと杯。

SYOCHU20100809_00

両方、弟から貰ったもの。

グラスは結婚式の引き出物。杯は前に貰った黒糖焼酎のおまけについてたもの。


ちなみに後ろの方になにかいるのは気にしない気にしない気にするなwww
それは単なる俺の い も う と だ。



夏は暑いからとついついビールに行ってしまいがちですが、実は焼酎ロックが凄く美味しい季節でもありますよねぇ♪ ロックグラスに入れた氷が溶けるのを眺めつつ、独りちびちびと飲む、この時間は何事にも代えがたい幸せがあると思います。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...