「まんがタイムきらら9月号」一言感想。
2010年 08月 12日 (木) 15:41 | 編集
ハイ、では今月号の「きらら」感想行ってみましょう。


kirara_201009


・表紙
今月号も当然表紙は「けいおん!」。ところで「けいおん!」が表紙の時って必ず、唯ちゃんは固定であともう一人誰かって言う構成で、でその「誰か」は毎月輪番制って感じなんですが、今月の表紙見て思ったのは、やっぱり唯ちゃんと一緒にいて一番しっくり来るのはあずにゃんだなぁ、と。

うん、唯ちゃんのカップリングの相手はもうあずにゃん以外考えられない。

でも今月号の表紙、なんだかスッキリしていておおよそ「きらら」らしからぬ感じでもありますよね。なんだか普通の漫画雑誌(?)みたいでとても買いやすくて良いと思います。


以下、気になった作品への感想やらツッコミやら。


・けいおん!
唯ちゃん達三年生組が受験で部室に来なくなって…あずにゃん独りでどうしているかと心配で(冷やかしに?)部室へやってきた憂ちゃんと純ちゃん。

寂しくないの?と尋ねる純ちゃんに対し、あくまで「寂しくなんかない」と突っ張るあずにゃん…このコも相当なツンデレだよな実はw

と言うかあずにゃんって、背が小っちゃくて可愛らしくてろりでひんぬーつるぺったんと、「きらら」系ツンデレキャラの必須要素を完全に全て兼ね備えてますよねぇ。おまけにツインテだし。

そしていよいよ合格発表の日。部室には…三年生全員の姿が!! 

つまり…皆揃ってめでたく合格!!


そしてそして…。


kirara_201009_yuiaz


あずにゃんハグキター!!w

いやまさかの、まさかのですよコレ!! 唯ちゃん→あずにゃんのハグハグはいつものコトだけれどまさかのその逆ヴァージョン。

そして重要なのは、あずにゃんがここでハグしたのはあくまで唯ちゃんただ一人。

そう、そうなんです。あれ程憧れていた澪ちゃんにも、そしてここ最近何かと絡みの多かったムギちゃんに対してもハグ無し。律っちゃんは言わずもがなw


もうね、これで確定です。唯あずカップリング成立確定です!! 原作公認であります!!

いやはや…最後の最後で良いもの魅せて下さいましたよかきふらい先生。

そして来月はいよいよ最終回。素晴らしいフィナーレを期待しています。


・ゆゆ式
身体測定で「急にくる」とかなんだか妙に生々しいな…w

でも今月はなんだか妙にゆずこが可愛かった。枕ですーはーしてるとことか、あと唯ちゃんからかい過ぎたら唯ちゃんにキレられて落ち込んでるとことか。


・天然あるみにゅーむ!
林間学校後編。

前回に引き続いての欄外コメが面白過ぎるwブルーレイでは雲がどきますってww

そして真貴ちゃんはツンデレ優しいと言う件。しかしホント…見れば見る程このコの声は釘宮さん以外考えられなくなってくるなww

でも今回一番の見どころは、真貴ちゃんと他のクラスメートが親密になりそうなのが面白くなくってスネるあるみと言ういつもの逆パターン。うん、もうお前らくっついちゃえ!!w

いやもういっそのこと、掲載誌を「MAX」に移ってこの二人は百合ップル路線まっしぐらになっちゃってもイイと思うんだ。


・あっちこっち
この作品はなんと言うかもう、本当に読んでてニヨニヨが止まりませんわ…w

いつまで経ってもくっつきそうでくっつかない、つみきさんと伊御クンとのピュアなラヴっぷりが見ててもう本当にもどかしいんだけれど、でもそのもどかしさがたまらないって言いますか。

ところで「きらら」系の作品って基本的には男キャラが出ない方がウケがいいハズなんだけれど、この作品は男キャラが出てきておまけにストレートな恋愛モノ(?)なのに成功している稀有な例でもありますよね。

でもそれも全て、伊御クンの超絶スキル&カッコ良さの成せるワザなんだろうな。だってもう、こんな人いたら惚れるしかないもの。つみきさんじゃ無くたってホレるわ。

でも型抜き…それどう見ても唯ちゃんじゃ…ww

あとデカいぬいぐるみにもふーなつみきさんは可愛過ぎる。


・ましゅまろ×タイフーンッ
いつも通りのきなこが雛にセクハラとか、悪ノリし過ぎて大騒ぎな話かと思いきや最後はちょっとしんみりホロリなお話でした。

きなこがバカみたいにいつも元気なのは、それってきっと天国のおかあさんを心配させない為なんじゃとか、もっと言えば単純に寂しさの裏返しなのかなぁ、とかちょっとそんな風にも考えさせられてしまいましたよ。

まあ来月になればまた何事も無かった様にバカ騒ぎしてるんだろうけど。


・少女公団アパートメント
浴衣でガールズトークなお話。

いや…個人的には今月号の「きらら」でベストです。


だってもう可愛過ぎる!!


kirara_201009_girls_apartment


うん、浴衣姿のおにゃのこがきゃっきゃうふふとか、もうそれだけでご飯十杯はイケちゃいますよ☆

相変わらず内容的には、単に女の子達が楽しくおしゃべりしているだけなんだけれど、でもこの作品はそれで良いんだと思います。深い内容だとかストーリー性なんて無くっても、それでもイイんです。だってそこには、確固たる「可愛らしさ」があるんだから。

個人的には今、「きらら」で最も「萌えのツボ」を理解している作品なんじゃないかと思っています。


・三者三葉
薗部さん怖すぎるだろ…三十路セーラー服とか本当に誰得過ぎる!!wしかもそのセーラー服自作で型紙から作ったとか…どんだけムダなスキル持ってるんだよこの人!!


そしてそれ以上に近藤さんが怖すぎる件。うん、ラスボス級のヤバさ納得ですw


・SweetHome
今回は皆で海水浴…のお話。と言うかセンターカラーキター!!!

やまぶき先生のカラー原稿って、漫画と言うよりはなんだか絵本の様な暖かみがありますよね。柔らかい、優しいタッチが凄く好きです。

そしてそして…。


kirara_201009_wakana


わか姉スク水キター!!!

いやこれ、単に奈々の妄想なんですけどねwでもこれは奈々グッジョブ!!と言わざるを得ない。


でもいっつも変態なことばっかしてるトラブルメーカな奈々だけれど、今回、最後はちょっといい役してますよね。疲れて寄りそって眠ってる伊織と陽向の前に立って、わか姉達に見つからない様そっとガード。

実は何気にキューピッド的な役回りもきちんと果たしてるんですよね、このコって。



と、今月はこんな感じで。

まあ世間的には「けいおん!」最終回発表に持って行かれてしまった感のある今月号ですが、蓋を開けてみればきちんと良作ぞろいで良かったと思います。

個人的には「SweetHome」がカラーだったのが嬉しい。この作品って「きらら」の中ではどっちかと言えば地味な存在で、決して「看板」とはなり得ないんだけれどでもかなりの良作だと思います。と言うか実は結構アニメ向きな気もする。キャラ立ってるし、絵がとにかく可愛いし。

あとはもう「少女公団アパートメント」。この作品は連載一回目から「なんだか可愛いなぁ」と感じさせるものがあったんですが、その可愛さにどんどん磨きがかっていってるよ。自分の中での順位がもうグングン急上昇です。少なくとも「萌え」と言う点では今イチバン僕のツボです。


この調子なら、「けいおん!」終わっちゃっても雑誌としては全然楽しめるな、うん。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...