房総半島一泊旅行。
2010年 08月 29日 (日) 01:50 | 編集
今週の水・木(25・26日)と、泊まりがけで房総半島へ旅してました。

まあ房総半島へは6月にも行ったところですし、実は去年だったか一昨年の夏にも行っているんですけどね…wでも今回は僕にしては珍しく一人旅じゃあなく、同行者がいたんですよね。ふとしたことで会社の同僚と旅しようってことになって。ちなみに男です言うまでもないですが。
まあでも正直三次元の女と旅行したいとは思わんよ。ミクちゃんとか唯ちゃんとかゆのっちと旅したい。


今回はまず、朝7時半に東京を出る内房線の特急「さざなみ」で一路館山へ。

館山からはバスに乗って野島崎の灯台へ。

2010082526bousou01

ここ、実は房総半島最南端の地、なんですよね。

なんでも朝日や夕日が凄く綺麗な場所でもあるらしいんだけれど…なかなかその時間にここに立ちあうのは難しい、よなぁw


ちょっと早めのお昼ご飯。

2010082526bousou02

灯台近辺の適当な店に入ったのだけれど、アジづくしの定食、なかなか美味しかった。アジフライとアジの刺身、それにさんが焼きなんかも付いていて。お値段は1500円とややお高めだったけれど、刺身の感じからしてちゃんと新鮮なものを使ってるかな、と。
まあ海沿いなんで新鮮なもの使って当たり前と言えばそうだけれど。


昼食後、内房線で移動。南三原の駅で降りて、石堂寺へ。

でもこれが…かなりのがっかりスポットw

2010082526bousou03

こんな感じで古ーい、趣のある建物なんかもあったりはするんだけれどね…でも特にそんなに見るべきものは無くって、だけど駅から凄く遠くって。タクシーで行ったんだけれど片道1800円もかかりました…。

いやこれ、二人で割ったからイイけれど、もし一人で訪れてたらやりきれなかっただろうなあ…タクシー代w


内房線で再び移動。宿泊は岩井にあるグランビュー岩井。

2010082526bousou04

なんだかホテルと言うよりはマンションみたいな建物。つーかこれ、恐らく元々はマンションだったものを改造したハズ。内部の造りとか明らかにそんな感じでしたw

でも最上階に展望の温泉大浴場なんかもあって、それはなかなかに快適でしたよ?


ホテル近くの居酒屋で夕食が出るプランにしていたんだけれど、その居酒屋がなかなか美味しくって…これは嬉しい誤算。いや、こういうプランの場合だと割といい加減なものを出してくる店も多いんですが、ここのはきちんと造りたてのものを出してきて、刺身なんかも新鮮で美味しかった。

追加で一品料理なんかも頼んだんですけどね、どれも美味しかったです。

そして酒。生ビールをジョッキ二杯ずつ飲んで、その後焼酎ボトルを同僚と二人で空けてしまいました…うん、飲み過ぎだと思うw
更に言うと朝の列車の中とお昼ご飯、そして宿帰ってからもビール飲んでるんだけれどね…。

ちなみにその居酒屋さんはこちら。「炎○」と言うお店でした。


二日目は10時ごろにホテルを出て、まずは浜金谷へ。そして鋸山へ。

鋸山は僕は以前に訪れているんですけどね。標高300メートル位の山なんだけれど、全体が寺みたいになっているんですよね。


こんな風に崖下を覗ける「地獄のぞき」だったり、

2010082526bousou05

こんな巨大な観音様や、

2010082526bousou06

こんな巨大な大仏様があったりします。

2010082526bousou07

でもこれらを観て回るとかなりしんどいです。標高は決して高くは無いけれど、それでも山。アップダウンの激しい道を上り下りしないと回れないんですよ。僕は前にも来て知ってたからいいけれど、鋸山初体験の同僚はかなりバテていました…w


この後は列車の中でビール飲んで軽食取りつつ移動し、内房線から外房線へ出て勝浦の海中公園を観て、そして夕方の外房線特急「わかしお」で帰途。

と、そんなルートでの旅でした。


事前にほとんどプラン決めず、行き当りばったり適当に行った旅だったけれど、それにしては結構楽しかったなぁ、と。


基本、旅は一人旅派な僕ですが、でも気の合う相手とならたまには二人旅も面白いかも。そんな風に思った夏の房総旅行でした、と。
でもやっぱり出来ることならミクちゃんか唯ちゃんかゆのっち辺りと旅し(ry


あと今回、鉄的にはこれ。

2010082526bousou08

房総仕様に改造された209系、始めて乗ったんですよ。どういうワケか6月の房総旅行の時は乗る機会に恵まれなかったんですよね。

基本的には京浜東北線の209系なんだけれどwでも先頭車両はクロスシート車に改造済。

2010082526bousou09

窓枠下にドリンクホルダーまで設置されてすっかり観光路線の車両、て感じになってます。
まあクロスシートの座り心地は最近よくあるアレな感じのヤツですが。


しかし…走るところ変われば変わると言いますか。あの京浜東北線の走ルンですがすっかりローカル路線に馴染んじゃってたのは驚きでした。走行音とかまで、ローカル線の音って感じになっちゃってましたからね。

とりあえず、個人的には211系よりもむしろ好ましい感じでしたよ?いや、今となっては房総地区で一番ガッカリな車両は211系ですよね、間違いなく。
観光地でオールロングシートとか…空気読めよホントに。東北の701系と一緒に逝ってくれて良いです。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...