「ごはんはおかず/U&I」。
2010年 09月 09日 (木) 02:38 | 編集
では、改めて放課後ティータイムの新作シングル「ごはんはおかず/U&I」について。


gohanwaokazu_ui


実は個人的にこのシングル、凄い楽しみだったんですよ。文化祭ライブで観た時にどっちの曲も凄くイイ!!て直感で感じちゃったんですよね。

正直、曽我部先輩回の時に出た「ぴゅあぴゅあはーと」はそこまで心動かなかったんですが(と言いながら勿論ちゃんとCD買ってますが)でもこっちの二曲はいきなりツボでした。



ところで…ジャケットで皆、ごはんを盛られたお茶碗持っていますよね。これについて僕は一言だけ言いたい。いや言わせてくれ。





なぜ…なぜ、茶碗の模様が水玉なのか、と。







茶碗はシマシマにすべきだっただろう!!と。







少なくとも…少なくとも澪ちゃんの茶碗だけはそうすべきだったと。そう思うんだ。


いやでもこれはきっと、皆揃って水玉のぱんつ…いやなんでもない。




え~…(苦笑)、以下、曲の感想とか!!w


さて、まずは先程の「けいおん!!」23話感想でも少し触れた「ごはんはおかず」。

これは本当にカオスwいや、文化祭ライブの話で観た時-もっと言えば原作で歌詞作った話で見た時から凄いカオスは感じていましたが、改めてフルコーラスで聴くとまさかここまでとは…。

歌詞が凄い。とにかく凄いんです。

一番で「ごはんはむしろおかず」だとあれ程言っておきながら、二番で「ごはんは主食」とあっさり翻すなにこのしっぺ返しwそしてそれに対するツッコミがセリフ…と言うか寸劇(?)で入ったりともう意味分からないです。

と言うかもうよくこの歌詞を音にしたなぁ、と。

原作で歌詞作りの話見た時にも「ごはんはおかず」の歌詞は単なるネタとして描かれていて、アニメでも律っちゃんにボツくらってた位だから絶対にこれは音にしないと思っていたんですよ。でもまさか…うーむ。


でもこれが音の方は至極まっとうだから余計に困るw

いや、ライブの話で観た時はもっとこう、ヘタウマ的な楽曲かと思ったんですよ。女子高生のアマチュアバンドぽい、そんな曲なのかなと思ってたんですよね。でもフルコーラスで聴いてみたら実に洗練されている。紛れも無くプロの仕事。

アニメだとライブぽいエフェクトかかってたせいで気付かなかったんですが、実はこの曲ってシンセがかなりキモなんですよね。Aメロのとことか、ずっとシーケンサー風に裏で一定のパターンで鳴っていて、それが程良いテクノ感をプラスしていると思うんですよ。

そしてそれが洗練された印象を与えているんじゃないかな、とね。たぶんこの音が無ければ、もっとベタにアマチュアロックバンドぽい仕上がりになってたんじゃないかなと思います。


いやでもこの曲は結構演奏難易度高いんじゃないかな?て気がしますよ。聴いてみた感じ。

まあ僕は楽器演奏とかはしないんですが(て言うか弾けないw)、だけどミクさん達と打ち込みでちまちまカヴァーなんぞやっていまして…。だから難しい曲か簡単な曲かと言うことくらいはなんとなく分かるんですよね。

「けいおん!」の曲もあれこれトライして、ニコ動の方に3曲程上げたりもしてるんですね。でもそれらは全て放課後ティータイム名義の劇中曲。OPやEDの曲もやってみようと打ち込みトライしたことはあったんだけれど、難しくて挫折…w

OPやEDの曲ってやっぱり難易度高いんですよ。プロっぽい凝った音造りになってて、だから再現するのが難しい。較べると劇中曲はアマの人がコピーしやすい様に演奏難易度抑え目で造ってあるんですよ。


そしてこの「ごはんはおかず」。確かにそりゃ、OPやEDの曲に較べればずっと簡単かもしれないけれど、でも他の劇中曲よりは難しい、ちょっとトリッキーな曲に仕上がっていると思うんですよ。

先に書いたシンセの音なんかもそう。他の劇中曲って音色も単純なピアノかオルガンで、ピアノなら一定のリズムでバッキング、オルガンならコード抑えるだけって感じなのがこの曲のシンセは違う。

どっちかって言うと一期EDの「Don't Say "Lazy"」なんかを思わせる様なパターンで裏でなっていたりしますよね。と言うかこれ、手弾きでやるの結構難しそう…本当にシーケンサー?

いやでも、人間シーケンサーのムギ教授なら、あるいは…ww
だからそのネタはマニアック過ぎるってw


まあでも、能書きとかは置いておいて。単純に楽しくってイイ曲です、これ。まあ放課後ティータイムの他の曲よりは絶対に賛否両論分かれちゃう曲だとは思うけれど、でも個人的には凄く好き。ライブでやったら絶対に盛り上がる曲だと思うんですよね。


こんな楽しい曲を書いた方が、若くして亡くなってしまわれたのは本当に悲しいことだと思います。

僕は正直、この作曲者さんのことはよく知らないのですが…でも、今はただ、楽しい、素晴らしい曲をありがとうございます、と。そう言わずにはいられないです。

そして…今はただご冥福をお祈りします。



さて、もう一曲の「U&I」。

こちらは、「ごはんは~」とは逆に絶対に曲にするだろうなと思っていました。原作で先にこの歌詞の話を読んで、そしてアニメ二期での歌詞の話が来た時に「これは間違いなく来るだろう」と。

こっちはストレートな泣き系ソング。文化祭の話が放映された直後にどこかの掲示板だかで見た書き込みでは「わたしの恋はホッチキス」系の曲と評されていましたが、個人的にはむしろ「ふでペン-ボールペン」の系統かなと感じました。

一期では「ふでペン~」が最終回の映像と凄くマッチしていましたけど、この「U&I」も最終回でやったら凄く感動しそうな曲だと思います。


この曲のタイトルは「ユー&アイ」、つまり「あなたとわたし」。だけど表記は「U&I」つまりそのまま読めば「ウイ」。憂ちゃんへの気持ちをつづった曲なんですよね。

唯ちゃんにとって、いつも当たり前の様にそばにいてくれる憂ちゃん。当たり前の存在だからこそ、その存在のありがたさを忘れている部分もあって…ふとそのことに気付いた唯ちゃんの心境を素直につづった曲なんですよね。

素直でストレートだからこそ心に響く歌詞。唯ちゃんの、心根の優しさがよく表れているいい曲だなぁって思います。


そしてまた、これは憂ちゃんに向けた曲ではあるけれど、たぶんきっと、憂ちゃんだけじゃあなくって軽音部の皆や、もっと言えば和ちゃんやさわちゃん先生、それにクラスメートの皆…。唯ちゃんの周りにいる、唯ちゃんにとって大切な人全てへの想いをこめたラブソングなのではないかな、と。

周りの人への感謝の思い。それをいつまでも忘れない様に…。僕自身も人として、かくありたいなぁと。そんな風にも思わされる曲でした。



ところで、今回の二曲は放課後ティータイムの曲でも唯ちゃん名義の作詞、今までの曲は澪ちゃん名義の作詞となっていて、だけど全然歌詞の雰囲気違うのがやっぱり上手いなぁ、と。きちんとそれぞれのキャラクターに合った歌詞に仕上がっている。

と言うか改めてかきふらい先生凄いわ、と。かきふらい先生的にはほんの遊びのネタで入れた歌詞だったのかもしれないけれど、でもあの歌詞が無ければ「ごはんはおかず」も「U&I」も産まれなかったわけで。もっと言えば一期の「ふわふわ時間」だって産まれなかったワケで。


原作者のアイデアと、音楽制作スタッフの確かな腕と。その二つがあって、「けいおん!」の、放課後ティータイムの名曲は産み出されているんですよね。


こういうコラボレーションと言うのも、なんだか新しい時代を感じさせて面白いなぁと、そう思います。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...