「けいおん!!」第24話(最終回)を観て。
2010年 09月 18日 (土) 10:18 | 編集
遅くなってしまいましたが、「けいおん!!」最終回の感想、以下に行きます。



いよいよやって来てしまった最終回。タイトルはずばり「卒業式!」。


だけど、卒業式当日なのにも関わらず唯ちゃん達軽音部のメンバーは揃って遅刻してくるし、唯ちゃんのタイツは破れているし、クラス皆でさわちゃん先生に色紙を書くもそれを式中さわちゃんに見つからない様に隠す→さわちゃんが色々勘ぐってもう気になって卒業式どころじゃないw

…と、なんだか軽いギャグっぽいノリw



第20話の文化祭があまりに泣きの入った回だったので、最終回はむしろあっさりしたタッチで描かれるのでは?と思っていたのですが、その通りの雰囲気で来ましたね。

…なんだけれど、これがやっぱりシーンの端々に何とも言えない切なさ・寂しさを感じさせる様な描かれ方がされていたりもするんですよ。


k-on_20100914_01

この、あずにゃん視点での卒業生4人組のカットとか、その直後に吹く春風の演出だとか。そういった一見何気ないシーンに「卒業」と言うイベントの持つ深い意味合い。それがしっかり込められているんですよね。この辺りの演出ホント上手いなぁと思います。



卒業式が終わって、唯ちゃん達のクラス。さわちゃん先生へ皆で書いた色紙を渡します。

k-on_20100914_02

k-on_20100914_03

ビックリして…でも嬉しそうなさわちゃん。


卒業式って言うとどうしても卒業生ばかりに視点が当てられてしまいがちだけれど、でも実は卒業生だけじゃあなくって先生も「主役」なんですよね。特にさわちゃんみたいに初めて担任を持った先生ならば尚更そう。

生徒達は皆、彼女にとって初の送り出す生徒となるわけだから。誇らしい気持ちや嬉しい気持ち、一つの仕事をやり終えた達成感。そして切なさと寂しさと…。たぶん彼女の胸には様々な気持ちが去来していたことと思います。


「はじめての担任がこのクラスで良かった…卒業してもまた、遊びに来てね」


そう皆に語りかけるさわちゃん。良いシーンです。



が、その後。




お前らが来るのを、待ってるぜ!!




ちょwさわちゃんwwなんでここでデスデビル覚醒するんだよ!!www

ああ…良いシーンが台無しですw




さて、後半。舞台はいつもの音楽室へ。

卒業式後だと言うのに普段と変わらずお茶する唯ちゃん達。そこへ遅れて入って来るあずにゃん。彼女は改めて先輩達にお礼を…と言うことで、一人一人に書いてきたと言う手紙を渡します。


「先輩方…ご卒業おめでとう…」


そう言いかけて、ふと彼女が目をやった先には唯ちゃん達の卒業証書。それを見て、先輩達が本当にいなくなってしまう。その実感が急にこみあげてきてしまったのでしょう。


k-on_20100914_04

「もう部室片付けなくても、お茶ばかり飲んでても叱らないから…卒業しないでよぅ」


もうダメでした…このシーンで涙腺決壊です。

いや前半パートも軽妙なノリの様でいて、さわちゃん先生の気持ちをしっかり描いたりとかしていて、観ているうちに心に凄くこみあげてくるものがあったんですよね。それがもうこのシーンで完全に心のダムが崩壊してしまった、そんな感じでした。


涙ぐむあずにゃんに、そっと写真を差し出す唯ちゃん。

k-on_20100914_05

卒業する4人が一年生の時に撮った写真です。


そして更に…一枚の花を渡します。

k-on_20100914_06

「花びら5枚…私たちみたいだね、あずにゃん」


こういう唯ちゃんの優しさって凄く好き。天然でダメなコの印象が強い唯ちゃんなんだけれど、実は凄く凄く心の優しいコなんですよね。あずにゃんだったり憂ちゃんだったり、年下のコと一緒にいるシーンでそれが色濃く描かれています。



あずにゃんの為に作ってきたと言う曲を演奏し、歌う四人。

k-on_20100914_07

k-on_20100914_08

k-on_20100914_09

k-on_20100914_10

まさかの新曲、来ました…!!

先だって発表された原作最終回であった演奏シーン…それがアニメでも来るとは。やはり最終回に関しては原作側とアニメ側とで事前に打ち合わせなり、原作プロットをアニメの方へ渡すなり調整があったのでしょうね。


でもこの新曲。とても素敵な曲でした。卒業する4人からあずにゃんに向けたメッセージ。「これからも仲間だから」と言う辺りが泣かせます…。今までのHTTの曲と違って、ボーカルが4人で交互と言うのも良いですね。



演奏を聴き終え、感涙のあずにゃん。

k-on_20100914_11


だけどその口から出た一言は…。




あんまり上手くないですね。




バッサリktkr!!www


これって、一期から観ている人なら当然分かると思いますが、一期第一話のシーンの再現なんですよね。軽音部見学に来た唯ちゃん。その前で演奏した律っちゃん達3人への唯ちゃんのセリフそのまんま。

いやまさか…最後にそう来るとは…これはやられた!!て感じですw

でも上手いこと、最初につなげて終わったって感じですね。



最後はあずにゃんも加わって皆で演奏しようと言うシーンで〆。

k-on_20100914_12

ふわふわ時間のイントロをバックに…。


テンポ良く進めながら泣かせるところはきっちり泣かせつつ…最後は爽やかな余韻を残して終わる、とても良い最終回だったと思います。

最後で澪ちゃんが泣いていた原作に対し、笑顔で皆が集まったシーンで終わらせることで原作以上に爽やかなラストだったのではないかな、と。そして笑顔で〆ることで、「終わり」の悲壮感や寂寥感を感じさせない最終回に仕上がっていたと思います。


「けいおん!」は一期からずっと観ていて、原作の方も毎月「きらら」買って読んでいるワケなんですが、全て観終わって思うのはやっぱりこれは青春アニメだったなぁ、と。なおかつ泣きアニメ。

女のコの可愛らしさにつられて萌えだ萌えだと思って観ていたのに、気が付いたら実は良質の青春ドラマでなおかつ泣ける作品だった。ホント良い意味で「どうしてこうなった」って気持ちでいっぱいです。

今はただただ「良い作品に出会えたことをありがとう」としか言えないです。



さあ、本編はこれで最終回となってしまったワケなんですが…来週・再来週とまだまだ番外編があります。そしてこの番外編、来週は「企画会議!」。予告を観るにあずにゃん・憂ちゃん・純ちゃんの三人組主役の話っぽいですね。

そう言えば今回のアニメ最終回。後半のあずにゃんのセリフだったり演奏シーンだったり、この辺り原作に準じたものだったんですが、でも原作にあった憂ちゃんや純ちゃんが軽音部に入ると言う流れが無かったんですよね。


と言うことは…来週の番外編はその辺りを煮詰めて展開させたものになるんじゃないかな、と。勝手な予想なんですが、あずにゃん一人の軽音部に部員を集めようと三人であれこれ考えるも結局集まらず、最終的に憂&純が加入と言う流れになるのでは?なんて思ってます。


とにもかくにも。「けいおん!!」まだまだ目が離せません!!


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...