2010年10月・福井オフと聖地巡礼の旅(5)
2010年 10月 17日 (日) 22:58 | 編集
- 福井オフ…と言うかマニアック飲み会 -

小浜駅の外に出ます。天候はもう完全に雨模様です…ああ。

201010fuksan_038

この時点で時間はまだ11時。ちょっと早く着き過ぎてしまったので町をぶらぶら。駅からちょっと歩いたところに大きな本屋(三洋堂)があったので立ち寄ってみます。

いや、出来たら旅の道中で今月号の「きらら」買っておこうとそう思って行ったんですけどね、でもあいにくまだ売られていませんでした。どうやら地方だとこういう雑誌て発売日よりも一日遅れて出るらしいんですね。


そうこうしているうちに時間は過ぎて正午を回った頃。今回、僕を福井へと誘った張本人のにいさんと合流。以前にとある音楽関連のオフで知り合った方なんですけどね、今回福井で面白いことを企画しているからと誘って頂いたんですよ。

にいさんと無事に合流を済ませ、僕らが向かったのは駅から歩いて数分のところで行われているイベント。なんでも「OBAMA食のまつり」と言うのが行われています。

201010fuksan_039

しかしこのイベント…小浜に関する「食」なのかと思いきや、各地のB級グルメとかが色々出店されているんですわ。富士宮やきそばとか浜松餃子とかね。うん、小浜も福井もまるで関係ないwなかでも大人気が川越タイヤキ。異常な程に行列出来ていました…。

そんな中、僕らが食べたのはこちら。

201010fuksan_043

へしこ茶漬け。そりゃせっかく小浜まで来たんだから小浜名物食べないと。ここまで来て富士宮やきそば食べるとか本当にイミ分からないですからw

「へしこ」と言うのはサバを糠漬けにしたもの。若狭辺りの名産なんですよね。慣れない人には匂いが強烈とも聞いていましたが、さほどでもないかな。例えば琵琶湖の鮒寿司なんかに較べればずっとクセが無くて食べやすいです。

お茶漬けにするとしょっぱさと程良い酸味とがお茶の風味に合わさって、爽やかな食味で後を引きます。これはイイですねぇ。



さて、会場内の一角では何やら生物研究に関する真面目な展示の行われているブースがありました。福井の水産研究所やら大学の研究室やらの合同によるブース。B級グルメや土産品がメインのこのイベント会場で明らかに異彩を放っていますw

このブース内での目玉はこちら。

201010fuksan_040

これ、なんとズワイガニの子供。しかも養殖ですよ養殖!! 水産研究所の方でなんでもズワイの養殖についてあれこれ研究をしているらしくて、最近になってようやく人工ふ化→稚ガニへ育てる方法が確立されてきたのだとか。

こちらも珍しい。

201010fuksan_041

ウナギのレプトセファルスとシラスウナギ。こちらも人工ふ化による養殖もの。

ウナギって日本人にとっては凄く身近な魚なんだけれど、実はその生態については謎だらけでほんの数年前までは産卵場所すらも判明していないとか、そんな感じだったんですよね。

だけどそのウナギについても色々研究がなされ、ようやく人工ふ化→シラスへ育てることが出来る様になってきたのだとか。

ウナギにしろズワイにしろ、食用目的の養殖へ至るにはまだまだ道程が遠いらしいですが…でも今までは不可能に近いと思われていたことがこうしてどんどん現実へ近付いている。その過程を見るとなんだかこう、胸が熱くなりますね。

さて、こちらの研究ブースにいらっしゃった関係者さんの一人が実は、にいさんのご友人の方だったんですよね。僕が生物オタクwであると言うことを知ったにいさんが今回、引き合わせて下さったと言うワケなんです。

いやもう僕、興奮して色々喋ってしまいましたwだって目の前にズワイの稚ガニやらウナギのレプトセファルスなんかいたら興奮せずにはいられないです。そもそも普段の生活の中で生物ネタの話なんて出来る機会皆無ですから…。


いやでもこの時興奮し過ぎてたと思います僕。「ゾエア」とか「メガロパ」とか連発しまくりw途中からにいさんが引いてた様な気が…(汗


この後、会場を後にしてホテルへチェックイン。この日の宿はホテルアーバンポート。ビジネスホテルと言うよりはリゾートホテルに近い感じで、昨日泊まったルートインよりも部屋はかなり広いですね。

しかし小浜って宿がほとんど旅館ばかりで、夕食無しで泊まれるタイプの宿ってこのアーバンポート位しかないんですよね…w

部屋に荷物を置いた後、にいさんと土産交換(?)をしつつ缶ビールを飲みつつ音楽話。僕はテクノ、にいさんはパンクと好きな音楽の系統はまるで違うんですが、でもやはり音楽好きと言うのはどこか根底に通じるものがあるんでしょうね。

なにより、「音にこだわりのある」人と話をするのは楽しいです。上辺じゃなく、深い部分での音楽話とか出来ますし。


…もっとも、音楽話と言ってもほとんど初音ミクとHTTの話ばかりしてましたがw


さて、そうこうしているうちに日も暮れて…これからがいよいよ小浜オフ。と言うか単なる飲み会w


にいさんと、先程紹介して頂いた水産関係の方と、僕と三人で。向ったのはこちらのお店。

201010fuksan_044

ホテルから近いところにある「食彩ごえん」。地元で結構有名なお店みたいで、たくさんのお客さんでにぎわっていました。そして女将さんが面白い!!w

メニューを見ると、さすがに日本海沿いの町小浜。ほとんど魚ばかり。肉嫌いで魚大好きの僕にとってはとてもありがたいお店と言えるかもしれません。

そのメニューの中から、あれこれとチョイスして注文。

201010fuksan_045

お刺身盛り合わせ。赤身も白身も軟体動物も甲殻類も色々と盛られています。


201010fuksan_046

アオリイカの活き造り。身が透明に透き通っています。頭の部分はずっと生きていて目の周りが絶えず緑色に発光してるんですよね。

海の幸が食べられる地方へ旅すると、しばしばイカの活き造り頼んじゃうんですけど、地方によって出てくるイカの種類が違うのが面白いんですよ。小浜はどうやらアオリが名物の模様。

身はコリっとしてプツッと小気味良い歯ごたえ。そして意外とサッパリしているんですよ。これはワサビよりもショウガ醤油が非常に良く合います。


201010fuksan_047

甘エビの素揚げ。甘エビ=刺身と言うイメージだったんだけれど、実は揚げると美味いんですねぇ。これはビールにすっごい合う。


201010fuksan_048

若狭に来たからにはこれを食わねば!! グジ、つまりアマダイ。丸のまま軽く干したのを焼いてあるんだけれど、箸でつまんだだけでも身がほろほろと崩れちゃう程に柔らかいんですよ。そして口に入れるとほんのり甘くって…うーん幸せ!!w


201010fuksan_049

ゴツイの来た!!w

いわゆる「カマ焼き」なんだけれど…いやこれもう、カマってレベルじゃないから!!w頭まるごとやって来ちゃってるから!!w

ボリュームは物凄かったけれど、でも美味かった…なんだかんだ言いつつ三人でほぼ全部平らげちゃいましたからね…。


と、肴(魚)の方は本当に次から次へと美味しいものが出てくるんですが、でも美味しいのは肴だけじゃあない。話の方も色々と美味しくって…。

「けいおん!」にボカロに鉄道にそして生物…と、もう話題があっちこっちに飛びまくってとても楽しい飲み会でしたよ。

つーかもう、生物ネタで話が出来るのとか本当にもう嬉しくって嬉しくって…なにしろ生物研究の専門家さんとお酒飲んで喋れる機会なんてそうそうあるもんじゃありません!! 甲殻類なんかの水生生物から野鳥、果てはブラックバスが生態系に及ぼす問題とかかなりあれこれ喋った気がします。
でもにいさん置いてけぼりだったかも…すみません(汗


この後は二次会と称して三人で駅近くのダーツバーへなだれ込んで酔っ払いながらダーツに興じてみたり…そして帰りには水産関係の方からお土産まで頂いてしまったり…小浜での濃くも楽しい夜はこうして更けていくのでありました。

楽しい時を提供して下さったお二方には改めて感謝申し上げます。


2010年10月・福井オフと聖地巡礼の旅(6)へ→


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...