「SANTA DIGNA SAUVIGNON BLANC」/「FOUR RIVERS CAVERNET SAUVIGNON 」
2010年 11月 30日 (火) 22:14 | 編集
昨日はブログに書いた様に、ウチに届いたレーシングミクさんねんぷちセットを開封とかしてたんですが、それに並行してフィギュアケースのガラス戸にUVカット施工を施したりとかしてました。

市販のシートを買って、それを貼ったんですけどね…いやはや、貼るのにもう一苦労で半日くらい潰れてしまいましたよ…ww


業者の手違いで頼んだのよりも大きなサイズが届いたんですが、おかげでガラス戸の大きさで四枚分のシートが取れたんですね。(業者に言ったらそのまま大きなのを使って下さいと言われたw)

だけど、一枚目→カットのサイズ違いで失敗。二枚目→途中でゴミが入って失敗。三枚目にしてようやくなんとか貼れたんですが、でも実際のところ折れ目とか入ってしまってますし完全に上手く貼れたとは言い難い状況。

いやこれ、たぶん完璧に綺麗に貼ろうとするのはムリ。どんなに頑張ったところで細かいゴミとか入るのは防げないですし、それ気付いて剥がして貼り直そうとかすると今度は折れ目付く元になりますし…ま、ある程度のところで妥協するしかないんでしょうね。

いっそのこと、どっかのガラス業者に頼んで特注でUVカットのガラス板造って貰えないかな…なんて思っていますが、そんなことしてくれる業者さんてあるんでしょうかね?あったとしても凄くお金かかりそうw
でもぶっちゃけ2万くらいまでなら出してもいいと思ってますw

あるいはもっと貼りやすいシート無いかなぁ、とか。ネットで調べるとこういうシートも色々なメーカのがあるみたいですが、貼りやすいメーカとかあるんでしょうかね?


と、そんなところで昨夜のお酒。

「MIGUEL TORRES SANTA DIGNA SAUVIGNON BLANC RESERVE 2006」
(ミゲール・トーレス・サンタ・ディグナ・ソーヴィニヨンブラン)

WINE_20101129_01

WINE_20101129_02

近所のディスカウントショップで1400円くらい。チリのソーヴィニヨンブランですね。でもこれ、チリと言っても造り手はスペインのワイナリーの子会社らしいですね。


このワイン、栓はきちんとしたコルクの栓。新大陸系のワインでしっかりコルク栓だとなんとなく嬉しくなりますw

抜栓して、グラスに注いでやると色はグリーンのかった、綺麗なレモンイエロー。透明感が高く透き通っています。いかにもソーヴィニヨンブランらしい色合い。

香りはややおとなしい雰囲気。ソーヴィニヨンブランと言われて一般的に想像する、グレープフルーツやレモングラス、青草などではなく白桃や白い花の柔らかく優しいアロマ。

新大陸のソーヴィニヨンブランだから、例えばニュージーのみたくガツン!!とパンチある感じなのかと思いきや、どうやら全く違う系統っぽいですね。


口に含んでみるとアタックはまろやかで柔らか。だけど、酸がカチッとしっかりしているのはやはりソーヴィニヨンブランだなぁと思わされます。ボディ感はやや軽め。

そして、果実味に富んでいて非常にフレッシュかつジューシィな味わい。口いっぱいに桃類や柑橘類、青リンゴなど色とりどりの果実の美味しさが広がります。

後味に口から鼻に抜けていく風味にはハーブの香りが程良く漂って、品種特有の個性を爽やかに感じさせてくれますね。


例えばロワールやニュージーのみたく、自己主張の激しいタイプのワインではないけれど、でもなかなかに美味しいソーヴィニヨンブラン。今の季節よりも、もっと暑い時期にガンガンに冷やして飲んだらなお美味しいワインかな?って感じです。


赤はこちら。

「FOUR RIVERS CAVERNET SAUVIGNON 2009」
(フォーリバーズ・カベルネソーヴィニヨン)

WINE_20101129_03

こちらもチリのワイン。そしてソーヴィニヨン種と、なんだか共通するもので揃えてしまいましたwちなみにこちらはお値段、なんと1000円切ると言うお値打ちワイン。

なんだけれどこれが非常に美味しかった。


グラスに注ぐと色は濃い黒紫。グラスの底が見えないくらいにしっかり色づいてます。香りは赤黒いベリー系果実の凝縮されたアロマ。それに納豆の様な(?)ちょっと蒸された様な発酵した様な匂いもありますね。

飲んでみると、タンニン分はほどほどにしっかりと。ボディはミディアム?フルボディの中間くらいで、しかし果実味に富んでいてなんだか凄く飲みやすいんですね。

赤ワイン好きを満足させる力強さがありながらも、初心者にとっつきやすいフルーティさもあって、その両者のバランス感がとってもいい。これで1000円切る値段とか、ちょっと幾らなんでもコストパフォーマンス良過ぎるんじゃないの!!w


チリのワインはやっぱり侮れないなぁ、と思わされた一本でした。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...