南仏「ジェラール・ベルトラン」のワイン飲み較べ。
2011年 02月 14日 (月) 23:20 | 編集
昨日は午前中、資格の試験を受けに行ってました。「ビジネス著作権検定」と言う資格なんですが、マイナーな資格なのかあまり受験者いなかったですねw

受けてみた手ごたえなんですが…うーん、どうなんでしょう。なんか僕、毎回どの試験受けても手ごたえがあったのか無かったのかよく分からない…て感じなんですよね。

今回の試験は全30問。うち、10問がちょっと自信無かったんですが、その自信無かった問題だけあとで見直ししてみたら、そのうち半分以上は合ってそうでした。と言うことは25/30以上の正解率。

と考えたらきっと大丈夫なんでしょうね。ただ、自信があったつもりの問題を実は間違えまくってたりしたらもうどうにもなりませんがw


試験終わって午後からは名古屋でちょっとブラブラ。色々なイミで話題の某魔法少女なアニメのコミカライズ版がどこ行っても売り切れだと言う噂を聞いていたので、その真偽を確かめてみようとオタ系ショップを2,3軒回ってみたんですが…確かに全滅でした。

今回のこの「祭り」、イチバン驚いているのは多分芳文社さん自身じゃないか、とw


しかし某ショップでは、「まどか」置いてあったと思しきコーナー(まどかのPVが流れていた)に「ひだまり」が積んであったのですが、幾らなんでもそれは違うだろうとw確かにキャラデザ一緒だけれどあまりに作品の方向性が違い過ぎるwww一緒にするのはうめ先生に失礼過ぎる。


と、そんなところで昨夜飲んだワインの感想でも。

たまにはデパートで買ってみようと、名駅の高島屋で買ってみました。南仏ラングドックのワイン。でもデパートで買ったからと言っても高いやつじゃないです。赤白ともに1500円ほど。


まずは白。品種はヴィオニエ。

「GERARD BERTRAND RESERVE SPECIALE VIOGNIER 2009」
(ジェラール・ベルトラン・レゼルブ・スペシャル・ヴィオニエ)

WINE_20110213_01

WINE_20110213_02

ヴィオニエって言うとコンドリューの高級ワインってイメージありましたけど、最近は南仏だったりあるいは他の国だったりで安価で美味しいのが結構ありますよね。


さて、まずは抜栓。ソムリエナイフでもってキコキコっと…。このワイン、栓は人工コルク。抜いた栓を嗅いでみるとリンゴやアプリコットの香りがします。

グラスに注いでみると色は鮮やかなゴールド。と言ってもオレンジや赤がかった様な感じじゃあなくって、あくまで「黄色」系の色合い。

鼻を近づけてみると栓を嗅いだ時と同様、リンゴやアプリコットのニュアンスが強いですね。そこにほんのり白い花の可憐な香りだったり、蜂蜜の甘さだったりが感じられます。


口に含むと、アタックは柔らかで優しい。口中いっぱいに果実の甘酸っぱさが広がります。まさにアプリコットジャムと言った雰囲気の味わい。酸もしっかりとあるんだけれど、でも甘さの方がずっと前に出てくる感じですね。

飲み干したあと、鼻から抜ける香りもやはりアプリコット。この濃厚なアプリコット感がいかにも南仏のヴィオニエっぽい雰囲気ですね。あとは蜂蜜の甘さもしっかり。

でも甘みたっぷりなんだけれど、豊かなボディとやや強めのアルコール感とがあるおかげで、全体としてはしっかり辛口のワインに仕上がっているんですよね。

あと特徴的なのは、後味にほんのりスパイシーなニュアンスを感じるんですね。ゲヴュルツみたいな胡椒っぽい感じ。


いやでもとにかく。これは美味しいヴィオニエでした。


続いて赤。赤はメルローです。

「GERARD BERTRAND RESERVE SPECIALE MERLOT 2007」
(ジェラール・ベルトラン・レゼルブ・スペシャル・メルロー)

WINE_20110213_03

WINE_20110213_04

こちらもやはり栓は人工コルク。抜いた栓を嗅いでみると、赤い果実とそれにどこかちょっと蒸した様な香りがあります。

グラスに注いでみると、若干の透明感を残した、でもしっかり濃い目の黒紫。ただし、青っぽい色合いは全く無いですね。赤黒い紫と言いますか。

グラスに鼻を近づけると、赤系や黒系果実の香り。それにヤキイモの様なほくほくとしたニュアンスの香りが漂います。ヨード系の香りは無い感じ…なんだけれど、グラスの中で回してやると少し、海苔みたいな匂いが立ちますね。


口に含むと果実味たっぷり。飲んだ瞬間は非常にフルーティな赤と言った印象を受けます。が、その後で押し寄せるしっかりとしたタンニン分と強いボディ感。

2口目からはもっとハッキリ、タンニン分が前面に出てきます。タンニンしっかり、ボディも太い。フルボディよりもミディアムと言った印象の赤。しかしどこか、上品な雰囲気もありますね。

これもなかなかに美味しい赤ワインでした。


ただ…やっぱりどうも自分、赤ワインの味ってよく分からないなぁってのはあるんですよね。例えば白ならばシャルドネとソーヴィニヨンブランと飲み較べて全然違うってのは分かるんですが、でも赤だとメルローとカベルネの違いだとかが未だによく分かりませんw

うーん、赤ワインに関してはまだまだ勉強が必要な模様です。


Comment
この記事へのコメント
ブログ始めました
乙です。
お久です。
元ゲンツです。
ベトナム料理屋で送別会してから何年経ったんだろう。
元気そうで何よりなんだがっ。
そうそうブログ再開です。
ご愛顧のほど・・・・・・。
2011/ 02/ 15 (火) 23: 45: 32 | URL | リリー # -[ 編集 ]
こんにちは。
おお!! ゲンツさんでしたか…お久しぶりです!!

ブログ再開ですか…楽しみにしています!!
(とりあえず今足跡から行って見れなかったので、
またアドレス教えて下さい)
2011/ 02/ 16 (水) 09: 44: 24 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
ブログアドレスです。
アドレスURL記載します。
今度はつながるかな?

表現に成長がなくて
相変わらずのダメ文だけれど、
出来るだけ良い文章が書けるように頑張ってみるよ。
2011/ 02/ 16 (水) 23: 58: 15 | URL | リリー # -[ 編集 ]
読ませて頂きました。
アドレス記載ありがとうございます!!
バッチリ見れました。

ダメ文なんてとんでもないです。
ゲンツさん改めリリーさんらしい文だなぁ、と。
(もちろん褒め言葉です)

まあ僕のブログも好きなもの、
興味のあるものについてだらだら書いてるだけですし…w

でもせっかく書くのなら、「個性」て凄く大切だと、
そう思うんですよね。
2011/ 02/ 18 (金) 02: 35: 14 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
訪問ありがとう
名古屋勤務に戻ったみたいだけど本当なの?
太がオウジーに会いたがっているよ。
またベトナム料理にでも行かない?
今スタッフに美人の母音ちゃんがいるんだ。
その子アピッチピチのアオザイがエロくてさ、オヤヂ殺しんじゃ雰囲気で
凄く良いんだ。
2011/ 02/ 20 (日) 21: 20: 49 | URL | リリー # -[ 編集 ]
おはようございます。
名古屋勤務戻ってますよ~。
ベトナム料理屋、イイですね。
ぜひぜひ行きましょう!!
他の皆さんにもお会いしたいですし。
2011/ 02/ 21 (月) 08: 37: 36 | URL | オウジー # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...