Linimo(リニモ)に乗ってきた。
2011年 05月 16日 (月) 16:03 | 編集
今日の日中、名古屋へ所用で出かけてたので、そのついでに藤ヶ丘まで足を伸ばして「リニモ」に乗って来ましたよ。ええ、何年か前に愛知で万博やった時の輸送手段として建設された、新交通システムのアレですね。


ちなみにこのリニモ…なんとリニアモーターカーらしいです。


うん、身近にリニアモーターカー走ってたんだね。ビックリだw



さて、リニモの始発駅となるのは藤ヶ丘駅。地下鉄東山線の終点・藤ヶ丘駅を出てすぐのところにあります。あるんですが…。

20110516linimo_01

20110516linimo_02


なんと地下駅!!!


いや…これには正直ビックリしました。だってホラ、こういう新交通システム的な乗り物って大概高架線を走っていくものじゃないですか。

このリニモにしても勿論高架線を走って行くワケなんですが、でも始点の藤ヶ丘だけは地下にあるんですよ。いやーこれには驚きました。


一方、地下鉄東山線の藤ヶ丘駅って外にあるんですよね。地下を走るべき地下鉄の駅が高架線上にあって、高架線を走るリニモの駅が地下にあると言う何このよく分からない逆転現象w



さて、乗りこんでみます。

20110516linimo_03

リニモの車内はこんな感じ。グレー系でまとめられて落ちついた雰囲気。そしてクロスシート主体なのが鉄的にはありがたいですね。


20110516linimo_04

座席のアップ。そんなに大きなシートではないけれど、でも座り心地もまあまあ。


20110516linimo_05

天井付近。蛍光灯が斜めになっているのがちょっと変わってますね。


さて、藤ヶ丘を出たリニモはゆっくりと地下区間を走って行きます。そして次の駅ではもう地上へ出て、後はずっと高架線を走って行きます。

20110516linimo_06

風景はこんな感じ。市街地を見降ろしながら走って行く感じですね。


20110516linimo_07

途中、何度も別のリニモとすれ違います。

ところでこのリニモ、こういう新交通システムのご多分に漏れず自動運転なんですが、でも区間的に車掌さんが乗って来るんですよね。しかも車掌さん、若い女の子が多いんですw


あと、藤ヶ丘を出発して数駅はゆっくり走るんですが、でも3駅目を出た辺りから急にスピード上げ始めます。路線に結構アップダウンが多いんですが、下り坂の時のスピード感にはなかなか凄まじいものがありますww


いつの間にか風景はこんな里山の景色に。

20110516linimo_08

そう。そうなんです。最初は名古屋の市街地を走っていたハズが、いつの間にやら瀬戸市やら豊田市やらへ入って…とたんに何も無くなりますw


藤ヶ丘から20分ほどで終点の八草に到着。

20110516linimo_09

20110516linimo_10

自分が乗って来たリニモが引き込み線へ入って行くのを見送ります。


20110516linimo_11

八草駅を出てみます。実はこの八草、愛知環状鉄道線と接続しています。


20110516linimo_12

リニモの高架線を下から見上げて。


八草駅周りの風景。

20110516linimo_13

見事なまでに何にもありませんww

時間もお昼時を過ぎてたのでここで昼食…とか考えていたのですが、店なんて一軒もありゃあしない。まあ、元々愛知万博の舞台となった海上の森付近なワケだから何も無くって当然と言えば当然なんですが。


でも実は沿線には色々と見どころがあったりします。この八草の駅から歩いてちょっと行ったところには海上の森センターがありますし、途中駅で降りれば陶磁資料館とかトヨタ博物館とか結構いろんな施設があります。


が。この日は月曜日。どの施設も休館日。


と言うことでおとなしく帰りますwww


どうせなら帰り、万博記念公園で下車して観覧車でも乗ってこようかとも思ったんですけどね、でもさすがに独り観覧車は痛過ぎると思ったんで止めておきましたw


まあ今度は月曜日以外の日に訪れて、フリー切符買って沿線あちこち回って観るのもイイかな、なんて考えています。でも観覧車はきっと乗らないw


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...