「カンポ・ノーヴォ」のワイン飲み較べ。
2011年 05月 19日 (木) 07:30 | 編集
先日、「ミラク」の感想上げたんですがそしたらなんだかやたらとブログのアクセス伸びちゃってちょっとビックリですwまあ、vol1の感想上げた時もそうだったんですけどね。なんだかんだで皆さん、この雑誌に注目されてるってことなんでしょうね。


そう言えば先日、「ミラク」買ったついでにコミックスも2冊購入。

・「魔法少女かずみ☆マギカ」
・「魔法少女おりこ☆マギカ」

ええ、どっちも「まどマギ」スピンオフの作品ですね。どうやら僕の中で魔法少女ブームが到来してしまった模様ですwあ、でも休日の朝やってる魔法少女モノとかには全然興味無いですから。


とりあえず両方読みましたが、「かずみ~」の方は本家とは全く雰囲気違いますね。世界観の設定とかもちょっと違う感じだし。必殺技とか、変身シーンのすっぽんぽんとかお約束もあって「普通に」魔法少女モノとして楽しく読めます。まあ、今後の展開がどうなるかは分かりませんが…。

「おりこ~」の方は本家と雰囲気近いですね。いやむしろ本家よりもダークかもwただとりあえずあんこちゃんがカッコ良かったのでそれだけで僕は満足です。「まどマギ」ならもうあんこちゃん一択ですから僕。でも壮絶な鬱展開とか来そうだなこれ。


と、そんなところで昨日飲んだワインの感想でも。

昨夜はイタリア・シチリアのワインでした。ビックカメラの酒屋で980円。と言うか今回ビックカメラで買い貯めしてきたワインは全て980円統一だったりします。


まずは白。

「CAMPO NUOVO GLILLO 2009」
(カンポ・ヌォーヴォ・グリッロ)

WINE_20110518_01

WINE_20110518_02

品種はグリッロ。ちょっと以前にも一度飲んだことありますが、イタリアの地場品種で本来はマルサラ酒なんかに使われることの多い葡萄品種ですね。


さて、まずは抜栓。このワイン、栓は人工コルクですね。抜いた栓を嗅いでみると、青リンゴや柑橘系の爽やかな香りが漂います。

グラスに注ぐと、色は透明感のあるゴールド。そんなに濃い色合いでは無いけれど、でもほんのりとグリーンがかって、なんともキレイな色合いです。


香りは様々なフルーツ。柑橘系の爽やかなニュアンス中心に、白桃やリンゴなど色とりどりの果実がグラスの中で咲き乱れます。

グラスの中で馴染ませてやると蜂蜜っぽい、甘い感じも少し出て来ます。それに緑のハーブを思わせる、透明感のあるアロマも漂ってきますね。


飲んでみると口当りは穏やかで滑らか。アタックは非常に優しい。酸はあるものの、丸みを帯びてて柔らかで味に尖った所がまるでありません。

柑橘系中心の香りとは裏腹に、アンズ系果実の味わいを強く感じます。と言っても、それは例えばヴィオニエだったりアルザスのピノグリの様な濃厚なテイストではなく、あくまで爽やか、スッキリ系のワインですね。


後口にはほんのりと渋みがあってそれが味わいを引き締めています。

また、飲み進めるとバニラ系の甘い香りがどんどんと顔を出してきて…これはスッキリ系の飲みやすいワインでありながらもなかなかに複雑で味わい深いワインです。

これで980円なら本当に安いなぁ。と言うかグリッロって品種、世間的にもほとんど注目されていないと思うんですが、何気に凄い品種なんじゃないかこれ?


赤はこちら。

「CAMPO NUOVO MERLOT 2008」
(カンポ・ヌォーヴォ・メルロー)

WINE_20110518_03

WINE_20110518_04

赤はメルローをチョイス。

こちらも栓は人工コルクですね。抜いた栓を嗅いでみるもそんなに香りはありません。


グラスに注ぐと、色は赤みの強い紫。濃い色合いではあるんだけれど黒ずんだ感じではなくって、グラスの底が見える程の透明感もあります。

香りは赤黒い果実、プラムのジャムがたっぷり。グラスの中で馴染ませてやっても香りのニュアンスに変化はありません。


口に含むと、意外にもタンニンが強め。特に最初の一口目はタンニン分が突出して感じられる程です。ただ、果実味もたっぷりあるので、飲み進めるうちにタンニン分と上手に混ざり合ってこなれてくる感じではあります。

味わいはプラムやブラックチェリーの雰囲気が非常に強い。クセや嫌な匂い、風味と言ったものは全くなく非常に果実感豊か。なので、最初のタンニン分の強ささえ気にならなければとても飲みやすい赤ワインだとも言えます。


飲み進めると、香りに黒砂糖やカラメルなんかの甘い雰囲気も段々と顔を出し始めて来ます。また、後口にほんのりと黒コショウの風味も感じられますね。

こちらのメルローも、先に飲んだグリッロ程では無いにせよ、なかなかに複雑な面白さを持ったワイン。ホントこれ位の値段でこういう美味しいのが飲めると(財布的に)ありがたくて助かりますw


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...