イタリア「ラリナム」のワイン飲み較べ。
2011年 06月 23日 (木) 22:56 | 編集
久々にスニーカーを買いました。


sneaker_20110622


SHIPSの、ラコステ別注のスニーカー。ラコステと言えば、ワニのマークのポロシャツが有名ですが、こんなお洒落なスニーカーもあったんですね。

これ、ちょっと前にSHIPSのサイト見て一目惚れ。その時はまだ未入荷だったので早速店に電話して入荷連絡下さい、と。でもって何日か前に入ったと言う連絡受けたので買ってきたんですね。

色はグレーのスウェード。ただ、グレーと言っても完全なグレーじゃなくって、ちょっと緑がかったなんとも言えないい色合い。緑色マニアの僕としては色にも一目惚れでしたw


早速昨日、美容院行く時に履いてみたんですが履き心地もなかなか。パンツもどんなパンツでも合わせられそうでなかなかに使い勝手が良さそうです。今年の夏はこれ履いてあちこち遊びに行きたいなぁ、と。


そんなところで昨夜飲んだワインの感想でも。


昨日はイタリアワインでした。「ラリナム」と言うワイナリーのもの。ちなみにお値段の方はいつものビックカメラ酒販にて1080円。うん、普段飲みのワインはやっぱりこれ位の価格で抑えておきたいものです。


まずは白。

「LARINUM CHARDONNAY 2008」
(ラリナム・シャルドネ)

WINE_20110622_01

WINE_20110622_02

イタリアのシャルドネと言うと、どっちかと言うとサッパリ目なものが多いイメージがあるのですが、果たしてこれはどんなシャルドネなのか…。


さて、まずは抜栓…なのですが、このワイン、ちょいと失敗をしてしまいました。と言うのも、暑くなってきたし冷たく冷えてた方が美味しいかな?と飲む寸前に冷凍庫に入れておいたんですね。

が、入れておいた時間がちょっと長くなり過ぎて少し凍ってしまいました…あちゃー。


ま、気を取り直して抜栓。栓は人工コルクですね。抜いて香りを嗅ぐと甘く爽やかな果実の香りがあります。青リンゴや洋ナシを思わせるアロマ。

グラスに注いでみると、色が非常に濃いのでビックリ。赤みの入ったオレンジ系の色合いではなく、黄みの凄く濃いゴールド。まるでウイスキーみたいな色とでも言えば分かるでしょうか。


香りはフレッシュでフローラル、かつフルーティ。白い花の繊細なニュアンスや、爽やかな果実の香りがしっかりと感じられます。

これがグラスの中で馴染ませてやると、まるでアンズのジャムを思わせる様な甘ーい香りがぷぅんと立ちあがって何とも言えません。


口に含んでみると…おお!! 味が非常に濃い!! 色だけじゃあなく味の方もとっても濃厚にして重厚。アタックは優しく滑らかなのですが、味わいにとてもパンチが効いています。

この濃厚な味わい、イタリアと言うよりはまるでチリやオーストラリア、あるいは南仏のシャルドネを彷彿とさせます。

とにかく、口いっぱいにたっぷりの果実味が溢れます。アンズやリンゴ、メロン、パイナップルなど…色とりどりの果実。とってもトロピカルなワインですねぇ。

そこに蜂蜜の甘いニュアンスが加わって、そして後口にほんのりと樽の香ばしさを感じます。


キンキンに冷やし過ぎてしまってどうしようと思ったのですがwでも、それでも味がこれだけしっかりしていると言うことは、とにかく非常に味の強いワインだと言うことですね。


続いて赤。

「LARINUM SANGIOVESE 2009」
(ラリナム・シャルドネ)

WINE_20110622_03

WINE_20110622_04

赤はサンジョベーゼをチョイス。イタリアではちょくちょく見かける品種では他ではほとんど見ない品種ですね。多分僕もほとんど飲んだことがないと思います。


こちらも栓は人工コルク。抜いてやって嗅ぐとかすかにプラムの香りがします。

グラスに注ぐと、色は非常に濃いですね。まるでカベルネを思わせる様な、ほんのわずかに青みを帯びた黒紫。とにかく、とても濃く深い色をしています。


香りは赤黒い果実のジャムやデーツの香り。グラスの中で馴染ませてやるとタンニンを思わせる渋みのあるニュアンスも少しずつ顔を出してきます。


口に含むと、味わいはまろやか。そして舌触りが非常に滑らか。まるで絹の様な舌触り。そんな表現がピッタリ来る雰囲気です。

タンニンの渋みはしっかり感じるのだけれど、プルーンやレーズンなどの干した果実の甘みや旨みがたっぷりとあって、その味わいの深さとのバランスがしっかり取れています。


これも白に負けず劣らず、とにかく非常に濃厚なワイン。ボディはミディアムとラベルにはありますが、どちらかと言えばもうほとんどフルボディと言って良いでしょう。

後口、鼻の奥に抜ける香りにしっかりと黒砂糖の雰囲気を感じます。

いや…これはなかなか、いや非常に良く出来た赤なんじゃないでしょうか。正直サンジョベーゼと言う品種の個性だとかはよく分からないのですが、でも濃厚で美味しい赤でした。


今回のこの「ラリナム」のワイン。白も赤もどちらも非常にパンチの効いた、ボディ感のある濃厚なワインでした。こんなワインが1080円で飲めるんなら本当に儲け物だと思います。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...