「まんがタイムきらら'11年8月号」感想。
2011年 07月 10日 (日) 23:19 | 編集
と言うワケで昨日発売の「きらら」感想行ってみましょう。


kirara_201108


・表紙
表紙は「あっちこっち」。まあ、今月コミックスとドラマCDと出ますからね。しかし、こうなるとやっぱり無印きららは看板クラス5つほどで毎月表紙は交代…て感じなんでしょうね。

あと、前にも書いたかもしれませんが「あっちこっち」が表紙だと他作品が表紙の時と比べて非常に買いやすい気がします。うん、「普通の」漫画雑誌として普通に買えるわ。と思っている時点で感覚がマヒしているのかもしれませんが。


では、以下。気になった作品のツッコミとか感想とか。


・あっちこっち
表紙に続いて巻頭カラー。皆で花火大会に…なお話。

しかし、男女混合はしゃぎ騒いで花火大会とか…どんだけこいつらリア充なんだよwww
爆発しろ。

でも…榊クンの扱いのヒドさを見ているとやっぱりあんまり羨ましく思えなくなってくる不思議。冷凍ミカンまじで痛いって。カボチャは本気で死ぬってwww

あと最後のオチ…こういう、ネットだとかのアングラなネタが普通に看板クラスの作品で出てくるところに「きらら」と言う雑誌の恐ろしさを感じます。


・ゆゆ式
ゆずこの手のひらマジック(?)とか、どんどん独自路線に進んでいくなぁこの作品はw

きららの看板作品の中でも、単純な「萌え」じゃない、かと言ってシュールとかカオスとかともちょっと違う本当に独特の味が出まくってます。絵柄の可愛らしさだったり、相川さんの水着サービスショットとかあったりでも、それだけじゃもう誤魔化しきれないこの独特の空気。
でも水着あいちゃん可愛いマジ可愛い。

今回ラストで皆で海に行こうとか言ってるけど…これが他の作品なら次回は水着回とかなるんだろうけど、だけどきっとやらないんだろうな。来月は何も無かったかの様にいつもどおり3人がまったりしてるだけの話になってるハズw


・天然あるみにゅーむ!
道場を緑のカーテンで覆って…とかやってたら何故か皆で水掛け合戦になってたと言うお話。

真貴ちゃんの28ページ3コマ目のセリフ「制服だったら透けちゃうもの」に対して伊吹さん、「制服に着替えてやりなおそう」って…wこのコは「きらら」系によくいる中身オッサンな女のコの典型ですな。
でも僕も制服に着替えてやりなおすべきだと思うんだ。真貴ちゃんの制服スケスケはぁはぁ(ry

あと酉蔵さん…wwあるみん家はどんだけ怖い生き物いるんだよ全くw


・しかくいシカク
写真の出来る先生→(1)登山好き (2)鉄オタ (3)アニメオタと言う選択肢に吹いたwww

いや、この中だと「先生」としてまともなのって(1)だけな気が…。

あと結局、イチバン得したのは日文研顧問の先生と言うオチ。と言うか十子ちゃん達にほとんどメリット無い様な気も…。


・けいおん!

むぎゅたん回キター!!

kirara_201108_kon

と言うワケで扉絵からしてもうムギちゃん一色なワケでありますが、内容的にも完全にムギちゃん回でした。

ムギちゃんの「親にずっと世話になりっぱなしだったから自分の力で何かやりたい」の一言から、唯ちゃん達皆が今までずっとムギちゃんの世話になっていたことに気付いて、何か恩返しに…なお話。

ムギちゃんに内緒にして皆でアルバイト→ムギちゃん皆に避けられていると勘違い→実は皆でムギちゃんへプレゼント…この流れはベタと言えばベタなんですがでも凄く良かったと思います。

大学編始まって、ここに来て改めて「放課後ティータイム」の皆の結束と言うか仲の良さを再確認させられる話だったんじゃないか、と。

あとはムギちゃんと晶達との絡みがあったのも良かったですね。特に、ムギちゃんにフルパワーで殴られてる晶…wムギちゃんてお嬢様だけど物凄い力持ちだからwww

そして、久々にムギちゃんのお菓子…と思ったらまさかの駄菓子とかwまた、ここの澪ちゃんのツッコミも良かったw

まあとにかく、今回はムギちゃん好きの僕としては本当に良かったです。最高です。大学編始まってずっとムギちゃんの出番が少なかったのは、今回の話をより印象深いものにする為の布石だったのだと。きっとそうに違いありません。


・スマイル・スタイル
百合ちゃんが新しい制服に身を包んで…なお話。いや、今回も色々と酷かったですw
(注:もちろん褒め言葉です)

まずはとにもかくにも和沙先生。一体その登場の仕方はどうなんだと。パンツ頭に被って出てくるとかどこの変態仮面だよ全くもうwww

そして和沙先生がこんなにもヘンタイなのに、それに対してのツッコミがまるでないゆめちゃん…アンタ、百合ちゃんだったら何してても全部誤解するクセに一体それはどうなんだ、とw

まあ、この辺りがこの作品の面白いところなんですよね。基本、名前のせいで何をやっても誤解を受ける百合ちゃん。だけど周りの皆は百合っぽいことしようがHENTAIなことしようが全くそうは思われないこの理不尽さw

極めつけがオチの、最後のページのやり取りだと思うんです。あれだけ誤解解こうとしてたのに何一つ誤解が解けないままに学校デビューを迎えることになりそうな百合ちゃん…ああ、彼女の明日は一体どうなるのか。

でもこの作品、てっきり寮内だけで話が完結するかと思ったんですが、これはどうやら学園生活もやりそうな流れですね。カオスな学園生活を期待してますw


・ホシゾノギルド
2話目にして新キャラ投入ですか…なかなかに攻めてくるなぁこの作品。しかもこの新キャラ(センパイ)なかなかに濃いキャラの様で…。

あと「幼なじみが空から降ってくる」クソわらたww

しかし結局「ギルド」が何なのかは未だ分からず終い。まあ、次回以降から本格的に活動開始ってことなんでしょうね。


・少女公団アパートメント

kirara_201108_ska01

メガネろかちゃん可愛いいいい!!

ヤバい…ヤバいわ。扉絵のこのろかちゃん可愛過ぎてもう本気で息詰まるかと思いました。ただでさえろかちゃん大好きなのに、更に、更にメガネかけちゃうだなんて…。

僕がメガネフェチと知ってのことだろうか。全く、ms先生は僕をどれだけ萌えさせれば気が済むんだろう。

今回は皆で集まってお勉強…なお話。どうやらろかちゃん、勉強の方はあまり得意では無いみたいで…wまあ、そうだろうなと思ってはいましたが。

でも別にいいんですそんなの。ほら、よく言うじゃないか。バカなコ程可愛いって!!

kirara_201108_ska02

でもこのあくびろかちゃんとかホント可愛い。可愛過ぎておかしくなる。

他にも小動物みたいななつみちゃんとか、なつみちゃんの手紙とか、百合脳だけじゃなしに実は頭いいさくら姉とか、ちー→ろかの微百合だったりとか色々見どころ多くて実に良かったです。

ところで今回、実はいつもの8Pじゃなくって6Pしか無かったんですね。でも最初読んだ時は全然気付きませんでした。ページ少ないことを気付かせない程に可愛らしさがぎゅっと凝縮されてたってことなんです。やっぱりこの作品は凄い。


・チェリーブロッサム!
つばきちゃんと綱島センパイと言う珍しい絡みなお話。でも個人的にはつばきちゃんがこの作品でイチバン可愛いと思うのでもっともっと出番増えても良いと思うんだ。ぺたんこは正義だ!!


・さつきコンプレックス
毎回思うんですがこれ、親父さんの場合はなんて言えば良いの? 男の「娘」じゃないよねw


・三者三葉
おお、ようやく連載再開来ましたね!! やっぱりこの作品みたいな「大御所」的作品が真ん中位に載ってくれてると、雑誌としての安定感が違ってくる気がします。

しかし…葉子様はなんと不憫な…。靴下繕って履くだなんて…ああ、とても「元」お嬢様とは思えない。そりゃ山路でなくとも泣きたくなりますわw

と言うか山路。欄外の自己紹介んとこにハッキリ「ストーカー」て書かれてる…www

あと双葉ちゃん、ビーフストロガノフは「ちょっと」作るって言うレベルじゃないからそれ!!w


・うちのざしきわらしが
わらのお姉さん登場。いやでも今回、なんだか無性に面白かったです。

お姉さん、わらの力が1座敷わらしなら「私は53万座敷わらし」って…ホントどういう戦闘力だよそれwあと、逃亡を図るわら→「後にわらの乱と呼ばれる出来事」→「わらの乱終了」この辺りのスピード感ある流れとか最高でした。

この作品って萌え四コマと言って良いかどうかと言うと微妙な気もするんだけれど、ギャグ漫画としては本当に面白い。


・箱入りドロップス
徐々に新キャラ増えてきてますねこの作品も。今回は体育の授業であれこれ…なお話。

しかし…雫ちゃんは世間知らずにも程がある。と言うか純粋過ぎるだろこのコ…。陽一クンがきちんと傍についていてあげないとダメだと言う気がします。

うーんなんだろう、この2人は仲の進展を暖かく見守ってあげたいと思わせるカップルだなぁ。


・-ニア・イコール-
ここ数回のシリアスな急展開、更に今回輪をかけて翔と椿姫、お互いのイロイロな気持ちに迫ったり、翔→茅尋や楓→翔と言った伏線回収をしたり…ますますの急展開。

と思ったらやっぱり来月で最終回ですか。うーん、この作品もっと長く続くと思ってたんですが…やっぱりストーリーものの四コマは長く続けるのって難しいんでしょうね。あまり長々とやってしまうと収拾つかなくなる恐れもあるし。

そう考えると単行本2巻分位でまとめるのがちょうど良いのかもしれません。


・ましゅまろタイフーンッ
皆で集まってお勉強回…と思いきやなぜか水着回でしたww

しかし、JCの水着×4とか、とんでもないサービス作品ですよね、よくよく考えてみれば。

それにしても雛ちゃんのスク水×Tシャツはイイなぁ。Tシャツであえて隠すことによってより広がるエロティシズムとフェティシズム。ああ…。

今回も基本的にはきなこが暴れまくって雛ちゃんがセクハラされて…と言ういつものノリでしたけど、でも最後の方の展開はなんとも言えない「夏のニオイ」がして良かったです。暑苦しい夏じゃあなくって爽やかで郷愁を感じる、そんな夏のニオイ。


・遮莫-それならそれで、しかたがない-
読み切りゲスト作品。とりあえず物凄くツッコミたいのが下着ドロの顔…それどんなQBさんww

と言うか最近の「きらら」は色々なイミで某魔法少女に侵され過ぎだと思うんだ。まあ、個人的には面白いからいいぞもっとやれwって感じなんですが。


・Rainbow☆Starbow
もうこれ四コマじゃないwwキャラクターの大ゴマカットで四コマ挟むとか…フリーダム過ぎるぜ。

「ミラク」が自由な四コマをウリにしてるけど、こっちの方がもっとフリーダムな気がします。でもライブの臨場感だとか出てて良かったですけどね。

「会場との一体感」だとか、あと初めてライブに行った時は恥ずかしくてなかなか手を振りあげられないとか、そういう気持ち良く分かります。僕も昔、初めてクラブ行った時はなかなか踊り出せずにいた想い出とかあるもんなぁ…。


・かみさまのいうとおり!
1ページ目の導入部からして紛らわしいなぁもう!!w

しかし…まりあさん。普段から鼻血出しまくってるアナタが献血なんかしたらそういう結末になるってもう分かりきってたことじゃないですか。全く…無茶しやがって…。

基本、いつもの下ネタ想像で鼻血噴出と言うギャグばかりでしたけど、でも最後のくりちゃん→まりあさんへのハグは凄く良かったです。なんだろう、こういうさりげない描写に凄く暖かみを感じるんですよね、この作品って。


・だいすき
家庭科でお裁縫って…あれ、「三者三葉」とネタ被ってるww

「きらら」はどうしてこう、マイナーなネタで被りまくるんだろう本当に…。

あと、香乃子さんは酷い厨二病患者だなぁ。そして実は千夜ちゃんのブラコンよりも、お兄ちゃんのシスコンの方が重傷なんじゃないかと思えた今回…大丈夫かこの兄妹w


・まーぶるインスパイア
ああ…「かたつむりちゃん」無くなったらこの作品が最後尾固定か。なるほど納得です。


と、今月はこんな感じで。

個人的には「けいおん!」ついに来たかって感じです。ええ、待望のむぎゅたん回でしたね。と言うか、今までは新しい大学生活そのものにスポット当ててたって感じが強くって、初めて主役4人組の誰かにきちんと焦点当てた回だったのでは?と思います。

あとは「少女公団」。もう毎月毎月書いてますが本当にこの作品可愛過ぎる…。正直もう今「きらら」三誌通してどの作品よりも好きです。ツボです。ああ…ろかちゃん…。


Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 酒と音と鉄旅と。 all rights reserved.
designed by polepole...